WiFi

パソコンをインターネットに接続する契約をしたいけどどうすればいい?

投稿日:

リモートワークなどが注目される中で、パソコンをインターネット回線に接続したい
という人は多くなりました。

ただ自宅のインターネット回線の種類がわからず、どうやってつないだらいいのか
全然わからない、という方も多いかと。

パソコンをインターネット、特にWiFiを使って接続するためには色々と機材が必要で
知識も必要になるので、ちょっと確認をしておきましょう。

インターネットに接続するにはプロバイダとの契約が必須

まずは簡単にインターネットの仕組みについて確認しておきましょう。
インターネットには直接誰でも接続できるわけではありません。

インターネットに接続するための回線を契約する必要があります。
更に回線をインターネットに接続する許可を持っている業者との契約も必要です。

回線として光回線、スマホのモバイル通信などを使っているという状況です。
そして回線接続業者というのがプロバイダのことです。

例えば有名な光回線、NTTのフレッツ光がインターネットに接続するための回線で
NTTが回線業者ということになります。

ただNTTと契約してフレッツ光を使えるようになっても、インターネットへの接続は
個人では出来ないのです。

そこでインターネット接続代行業者のプロバイダとも契約をします。
こちらも例えればOCNやBIGLOBEなどが有名でしょうか。

この「回線業者」と「接続業者」の両方と契約をすることで、やっとインターネットに
接続することが出来るようになるのです。

それぞれの業者から違う業者の契約を委託することも出来る

ただし現在ではこの回線業者と接続業者というのがそれほど明確に分かれている
という状況ではありません。

NTTからプロバイダの契約を頼むことが出来ますし、プロバイダからNTTや他の
回線業者の契約をすることも出来ます。

こちらも例えるならBIGLOBEからフレッツ光の申込みをする事が出来ます。
その場合は当然プロバイダにBIGLOBEを選ぶことになりますが。

それに今では「光コラボ」というサービスもあります。
光コラボは、フレッツ光とプロバイダのセットサービスです。

OCN光という光コラボは回線にフレッツ光、プロバイダにOCNを選んだ
セットの料金体系で割引される新しいインターネット回線サービスです。

プロバイダとのセット割の他にも様々な特典があるので、普通にフレッツ光と
プロバイダを契約するよりもかなりお得になります。

こんなふうに「プロバイダと回線契約」が一緒になって考えられているのが
現状なので、契約も完全に分けて考えるということが無くなっています。

インターネット接続回線の種類は様々

そしてインターネットへ接続するための回線、接続回線サービスにはかなりの種類が
あるというのが現状です。

以前は電話回線を使ったサービスのみでしたが、最近では先ほどの光回線が主流です。
現在フレッツ光が対応している地域はほぼ全国になりました。

またスマホと同じように電波回線を使ってもインターネットに接続することが
出来るようになっています。

この電波回線をパソコンで使うこともできるのです。

固定回線なら光回線、ケーブルテレビ回線などがあります。
一応ADSLもサービス提供されていますが、現在新規加入受付をしていません。

電波回線ならスマホと同じ電波回線を使うモバイルWiFiルーターがおすすめ。
契約するだけですぐにインターネットに接続が出来るようになります。

モバイルWiFiルーターは、簡単に言えば「持ち運びができる無線LANルーター」
というところでしょうか。

こちらもサービスも種類が豊富で、固定回線の代わりに使うという方も増えています。

WiFiを使ったインターネット接続をするなら別途機材が必要

もう1つ、WiFiを使ってインターネット接続をするならパソコンとWiFi接続するための
機材が必要になります。

例えば光回線の場合、自宅に引き込みをした光回線はONUという回線終端装置に接続
そこからパソコンまでつなぐという形になります。

WiFiを使うにはONUから無線LANルーターに接続して、電波回線でネットワークに
接続してからインターネット接続する、ということになります。

この「無線LANルーター」を接続させなければ、基本的に固定回線ではWiFiを
使ってのインターネット接続が出来ません。

ただしプロバイダによってはONUに無線LANルーター機能をつけた端末をレンタルする
というところもあります。

それに光回線でIP電話サービスに加入すればONUと電話回線分配器がセットになった
ホームゲートウェイという機材がレンタルされます。

このホームゲートウェイにWiFiカードを装着して無線LANルーターとして使うことも
出来るようになります。

使う機材は変わりますが、何かの無線LAN機材を使うことになります。

モバイルWiFiルーターなら他に機材が必要ない

ただし先ほどのモバイルWiFiルーターなら、他に機材を使わずにパソコンを
WiFiでインターネット接続させることが出来ます。

先ほどの説明通り、モバイルWiFiルーターは持ち運びが出来る無線LANルーター
ということです。

つまり小型の無線LANルーターが、直接インターネット接続のための電波回線を
受信してくれているのです。

モバイルWiFiルーターの契約をすれば、その電波回線を使う事が出来ます。
これで固定回線と無線LANルーターを接続したのと同じ状態になる、ということです。

後はパソコンとモバイルWiFiルーターをWiFi接続すればいいだけ。
かなり簡単にパソコンをWiFiでのインターネット接続をさせることができるのです。

固定回線とモバイルWiFiルーターの比較をしてみる

単純にWiFiを使うという場合だけでも、固定回線とモバイルWiFiルーターでは
大きな違いがありました。

これ以外にも色々と2つの回線には特徴と、大きな違いがあります。
単純にどちらが優れている、ということではないのですが・・・

インターネットの使い方によって、どちらの回線を選んだらいいのかは変わります。
それぞれの回線にはベストな使い方があり、それが大きく違うのです。

そこで固定回線とモバイルWiFiルーターの、それぞれのメリットとデメリットを
比較してみることにしましょう。

固定回線は安定性と高速通信が魅力

現状固定回線といえば光回線が主流です。
ケーブルテレビ回線もありますが、ADSLはサービス終了が決まっているので除外します。

ケーブルテレビ回線でもモバイル通信など、電波回線よりもかなり高い安定性があります。
通信ノイズが入りにくいというメリットがあるのです。

ちなみに光回線はインターネット接続専用の光ファイバーケーブルを使うので
通信ノイズはほとんど入りません。

安定した高速通信がしたい、と言うなら間違いなく固定回線をおすすめします。
オンラインゲームを本気でプレイする人には絶対におすすめです。

最近では光回線でもかなり多くの種類が提供されるようになりました。
かなりの高速通信も出来るサービスがあるので、通信速度ガキになる方にもおすすめです。

設置工事に時間がかかるので開通までに期間が必要

固定回線のデメリットは、開通までにかかる期間が長いこと。
特に光回線は回線設置工事がかならずあるので時間がかかります。

インターネット専用の光ファイバーケーブル、これを自宅に設置する必要があるので
回線設置工事をしなければ使えません。

つまり申し込みから回線設置工事をして開通、というインターネットを使える状況に
なるまでの期間が長いのです。

それにケーブルテレビ回線は通信速度を考えるとちょっと月額料金が割高です。
光回線もそれほど安い回線サービスではありません。

開通までの時間と月額料金というのは固定回線のデメリットになります。

モバイルWiFiルーターは契約申し込みから開通が早い

モバイルWiFiルーターのメリットは申し込みから開通までの時間が早いこと。
最短なら契約申し込みの翌日には開通、という状況になります。

長くても大体1週間もすればモバイルWiFiルーターが手元に来ます。
後は設定をしてパソコンなどの端末をつなぐだけです。

インターネットへの接続は基本的に電源を入れるだけ。
難しい設定が必要なく、すぐに接続が出来ます。

WiFi設定自体はパソコンなどで出来るかと。
スマホで無線LANルーターへの接続をしたことがあれば、同じことするだけです。

とても手軽に、すぐにインターネット接続が出来るというのがモバイルWiFiルーター
最大のメリットになります。

回線の安定性と通信速度はかなり落ちる

モバイルWiFiルーターのデメリットは回線の安定性です。
電波回線なので周囲の状況から、とても大きな影響を受けることになります。

近くで工業機器や電化製品などが動いていると、電波干渉を受けることも多く
それが通信回線に影響をします。

場合によっては回線切断という可能性もあります。
安定性というところではかなり不安定になりやすい、というのがデメリットです。

通信速度に関しても、現状最新端末を使っての最高速度は下り1Gbpsを超えます。
ただそれが出来るモバイルWiFiルーターは1つだけです。

一般的には下り最速440Mbpsが最高で、サービスによっては下り150Mbpsが
最高速度というところもあります。

通信速度と安定性は固定回線、特に光回線には遠く及ばないというのが
モバイルWiFiルーターのデメリットです。

それぞれの回線サービスのおすすめを確認してみる

大雑把にですが固定回線とモバイルWiFiルーターの特徴を比較してみました。
単純に言えば、それぞれのメリットとデメリットが逆になっている印象です。

でも更にいえば回線サービスとしても、それぞれにまた特徴があったりもします。
それも考えると、どんな感じで契約すればいいのかもわかってくるかと。

そこでそれぞれの回線サービスで、どんな感じの契約をすればいいのか。
おすすめできる契約について、ちょっと考えてみました。

固定回線に関しては、更にサービスごとに分けて考えてみます。
光回線とケーブルテレビ回線ではやはり特徴がかなり変わるので。

そしてADSLですが、現在もサービスは提供されています。
以前から契約している人は使う事が出来ている、という状況です。

でも2023年にはNTTのフレッツADSLがサービス提供を終了します。
他のADSLサービスも、現状随時サービス終了を開始しています。

そういう状況なので今回はADSLについてはやはり除外ということで。

光回線は現在契約しているスマホのキャリアに合わせる

光回線を新しく契約するなら、今使っているスマホのキャリアに合わせる
というのがおすすめです。

特に大手キャリアを使っているなら、スマホの月額料金割引が出来る特典を使える
という光回線サービスがあります。

光コラボのドコモ光ではドコモユーザーが契約すると、その家族のドコモ端末も
データ定額パックの割引を受けることが出来ます。

同じようにソフトバンクやauでも光回線とのセット割があるので、それを使うと
通信コストを総合的に安くすることにつながります。

ちなみにauひかりは光コラボではないのでフレッツ光とは関係ありませんが
光コラボの中にもauユーザーの割引が出来るものもちゃんとあります。

当然auひかりに加入できればau端末の割引は出来るので問題なし。
でも利用可能地域の確認はしっかりとしておきましょう。

集合住宅で光ファイバー導入済みというのは確認が必要

集合住宅の場合、賃貸などで部屋の説明に「光ファイバー導入」という言葉での説明が
かいてあることも多いです。

この場合、光回線が部屋まですでに設置されていて入居後すぐにインターネットが使える
という状況という意味にも取れます。

ただ、元々集合住宅の場合はブロードバンド回線が建物に1つしか設置できません。
そのために「すでに何かの光回線を設置している」という意味の場合もあります。

部屋まで光回線を引き込んでいる場合は、光回線の契約をする必要がないのですが
プロバイダを自分で好きに選ぶことが出来ません。

また家賃にインターネット回線料金が含まれている可能性が高いです。
周辺地域の平均家賃よりも高ければ、まず家賃にはネット料金込みかと。

共有部分まで光回線の引き込みをしているだけなら、自分で契約する必要があります。
回線工事が必要なので開通までに時間がかかりますが、プロバイダなどを選べます。

どちらの意味なのかははっきり言って聞いてみないとわかりません。
不動産業者でもわからない場合が多いので、大家さんや管理会社に聞きましょう。

現在ケーブルテレビに加入している、光回線のエリア外ならおすすめ

ケーブルテレビ回線を使ったインターネット接続サービスの場合、単にネット回線だけ
という申し込みではかなり割高になることが多いです。

そもそもケーブルテレビのサービスを提供しているところですから、ネット回線よりも
ケーブルテレビの契約をしてもらうほうがいいという場合も多いです。

またケーブルテレビは地方と密接に関係していることも多く、テレビや電話のサービスが
充実しています。

現状ケーブルテレビでなにかのサービスを使っている方が、インターネットも
一緒に使うというならおすすめはしやすいです。

それとケーブルテレビ回線は光ファイバーケーブルが設置できないところにも
配線されていることが多く、ADSL以上の通信回線の選択肢になる場合も。

光回線がエリア外でもケーブルテレビ回線がOKというなら選択肢がないのですが
ケーブルテレビ回線をおすすめするということになります。

モバイルWiFiルーターは使うところの電波状況で選ぶ

モバイルWiFiルーターの場合、スマホと同じ4G/LTEを使っているサービスと
独自回線のWiMAX2+があるのは先ほど説明したとおりです。

それぞれにちょっと特徴があって、LTEなら障害物の多いところや地下でもつながる。
WiMAX2+は高速通信が出来るという違いがあります。

LTEは安定性が高いのですが通信速度が比較的遅く、WiMAX2+は通信速度が速いけど
障害物に弱く安定性がちょっと悪いのです。

利用可能エリアにはほぼ違いがなく、4G/LTEなら大手キャリアの利用可能エリアで
わかるように全国的に、山間部でも安定して使えます。

WiMAX2+は山間部などちょっと厳しいところもありますが、人の住んでいるところで
使うならあまり気にはならないかと。

基本的には電波の特徴と、自分が使う地域での安定性を確認してから契約するのが
おすすめです。

置くだけWiFiはあまりおすすめしない

モバイルWiFiルーターの回線を使った、据え置き型WiFiルーターサービスが
置くだけWiFiと言われているサービスです。

ソフトバンクエアーとWiMAX2+ではホームルーターがこのサービスになりますが
私としてはあまりおすすめをしません。

置くだけWiFiはスマートスピーカーのような端末をコンセントに差し込むだけで
インターネットに接続できる、というのが大きな魅力です。

でもコンセントを使うことでモバイルWiFiルーターの持ち運べるというメリットを
なくしてしまっています。

設置場所もコンセントがある場所のみ、と限定される上にソフトバンクエアーでは
契約住所以外で使うと規約違反になって強制退会という可能性もあります。

モバイルWiFiルーターの回線を使うのに持ち運びが出来ないというデメリットが
とても大きく感じるので私はおすすめしません。

それぞれのサービス契約をする場所では何が変わるか

色々と回線サービスを調べてきましたが、実際に契約をしようと思った時に
どこで契約すればいいのか。

それぞれのサービスには契約できるところが複数ある、という場合も多くあります。
そしてそれぞれの契約できる場所によってもちょっとした違いがあるのです。

どこで契約しても何も変わらない、というなら利便性の高いところで契約をすればいい
というだけなのですが・・・

例えば固定回線の場合、基本はWEBの公式サイトですが一部のサービスは店舗での
契約が出来ます。

NTTは当然直接NTTに足を運んで契約が出来ますし、ドコモ光など一部の光コラボは
ドコモショップなどでも契約が出来ます。

またモバイルWiFiルーターのWiMAX2+のプロバイダUQ WiMAXでは携帯端末の
販売店舗を展開していて、そちらからも契約申し込みが出来ます。

それぞれの回線はどこで契約するといいのか。
回線サービスごとに確認してみましょう。

光回線ならWEBの契約代理店からがおすすめ

光回線の場合、実店舗からの申し込みはおすすめしません。
ドコモ光をドコモショップから申し込んでも何もお得にならないからです。

しかもドコモショップの店員は基本的にドコモの携帯端末に詳しい人で、光回線を
詳しく知っている人ではないのです。

対面契約で疑問点を聞きながら契約できる、というメリットはショップ店員によっては
何もわからない人に聞くデメリットとなってしまうのです。

WEBからの申し込みでも公式サイトではなく契約代理店からの申し込みがおすすめ。
理由は代理店独自のキャンペーンがとてもお得だから。

現金キャッシュバックなど公式サイトでは行っていない特典をもらうことが出来るので
契約代理店から申し込みをする、これに限ります。

契約代理店には悪徳業者もいるので注意

ただしインターネット回線の契約代理店は色々とトラブルが多い場合も。
特に電話貫入をする契約代理店はかなり際どい、犯罪ギリギリの勧誘の場合もあります。

それに現金キャッシュバックの受け取り時期や受け取り方法などのトラブルもあります。
かなり厳しい条件をつけて、キャッシュバックが実質出来ないというところも。

今はかなり少なくなっているそうですが、それでもお得ではないキャンペーンを
お得に見せて契約をさせようとする代理店もあります。

申込規約やキャッシュバック条件をしっかりと確認することが重要なのですが
そんな所は条件などを明記していないことも多いですし・・・

まずは契約代理店の口コミなどを確認してから申し込むことをおすすめします。

評判のいい契約代理店、NEXT

ソフトバンク光の契約代理店の1つ、NEXTというところは口コミなどでかなりの
評判がいい代理店です。

実際にNEXTのサイトを確認してみると、確かにお得になる可能性は高いと
感じる契約代理店でした。

まず高額キャッシュバックが最短2ヶ月後に振り込まれること。
契約から半年以上かかる、という条件ではありませんでした。

しかも振込先の金融機関口座は申込時に電話で申請するだけなので、後からメールで
別途申請をしなければ対象外になるということもありません。

更にキャッシュバックを利用する条件に有料オプションの加入などがなく
余計な負担をかけずにキャッシュバックを受けることが出来ます。

このキャンペーンとソフトバンク光の公式キャンペーンは併用することが出来るので
かなりお得にソフトバンク光への申し込みができる、という印象です。

代理店ではないけどGMOとくとくBBも使いやすい

契約代理店ではないのですが、ドコモ光のプロバイダの1つ「GMOとくとくBB」からの
申し込みもかなり評判がいいです。

こちらも高額キャッシュバックが魅力的なのですが、キャッシュバックは条件があり
有料オプションへの加入が必要なのでちょっと使いにくいです。

それよりもGMOとくとくBBの場合、無線LANルーターが無料レンタルできる
という魅力的なキャンペーンがあります。

この無線LANルーターはIPv6方式の通信サービスに対応しているのでドコモ光を
更に快適に、高速通信で使う事が出来るようになります。

当然ドコモ光の公式キャンペーンとの併用も出来るので、ルーターレンタル代金と
合わせてかなりお得感が高くなります。

モバイルWiFiルーターはプロバイダなどの公式サイトがおすすめ

モバイルWiFiルーターの場合は、加入代理店というかそれぞれのプロバイダなどの
公式サイトから申し込みをするのがおすすめです。

4G/LTEもWiMAX2+も多くの場合、MVNOのプロバイダがサービス提供をしていて
その申込はプロバイダの公式サイトで出来ます。

それぞれのプロバイダが加入者を増やすためにかなりお得なキャンペーン展開を
行っているので、それで十分お得に申し込みが出来ます。

はっきり言えば、どのプロバイダを選ぶのかを考えるほうが重要です。
当然WEBからの申し込みということになりますが・・・

一部店舗からもモバイルWiFiルーターの申し込みは出来ますが、やはり光回線と
同じように店舗では商品に詳しい店員が少ないという状態です。

Y! mobileなどは実店舗からもポケットWiFiの申込みは出来るのですが・・・
おすすめはしません。

モバイルWiFiルーターのサービスを確認してみる

モバイルWiFiルーターの場合、申込みをするところよりもそれぞれどんなサービスを
提供しているのか、という方が重要です。

そこでそれぞれどんなサービスが提供されているのかを確認してみましょう。

モバイルWiFiルーターは基本的にLTEとWiMAX2+の2種類があります。
それぞれ代表的なサービスの内容を確認してみましょう。

大まかに説明すれば、LTEは制限付きのサービスも多くある。
WiMAX2+ではほぼ制限なしの高速通信が出来る、というのが一般的ですが。

それ以外にも特徴的なサービスが提供されているかを確認してみます。

LTEでは端末本体レンタルというところも多い

Y! mobileが提供するポケットWiFiはLTE回線のモバイルWiFiルーターとしては
有名ですが、基本的に7GBという上限があってちょっと使いにくいです。

でも最近では同じくソフトバンクのLTE回線を使った別のサービスも多くなり
そちらでは完全無制限での利用が可能というサービスもあります。

それに上限付きでもかなりの大容量で、しかもスマホのデータ定額パックよりも
安い月額料金で使えるというサービスもあってかなり魅力的に感じました。

代表的なサービスを紹介しておきましょう。

ネクストモバイル

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使ったLTEのモバイルWiFiルーターを
端末0円購入が出来ます。

契約プランは20GB上限と30GB上限という2つのプランが有り、それぞれの月額料金が
2,400円と2,700円というかなりの低価格で使う事が出来ます。

選べる端末が2種類で1つはホームルーターというのがちょっと寂しいところですが。
直近3日間でのデータ通信容量の制限がない、というのは嬉しいところです。

それがだいじWiFi

ネクストモバイルよりもさらに選べるデータ通信容量が魅力の「それがだいじWiFi」です。
20GBから30GB、50GB、100GB保証プランとあります。

100GB保証プランでは月間のデータ通信容量が100GBを超えた場合に、キャリアからの
通信速度制限が掛かる可能性がある、というプランです。

100GBまでは保証をするけど、それ以降のデータ通信では速度制限がかかるかも?
ということはかからない可能性もあるということに。

ただ月間100GBというのはかなりの大容量で、それ以上使うというのはかなりの
ヘビーユーザーという感じですが。

20GBプランなら月額2,380円と安いところも魅力です。

どんなときもWiFi

こちらはデータ通信容量の制限なし、完全無制限で使えるモバイルWiFiルーターです。
クラウドSIMを使っていて、大手3キャリアの電波回線を全て使えます。

SIMカードの差し替えをせずにキャリアの電波を切り替えられる、というシステムなので
その時の安定した電波回線を使う事が出来ます。

しかもデータ通信容量は短期間の容量制限もなく、完全無制限で使えるというのが
かなり大きな魅力になります。

ただし違法なファイル交換ソフトを使った通信などをすれば通信速度制限がかかります。
また通信速度は下り最速150Mbpsと遅めになっています。

通信速度は気にしないけど、完全無制限でネットがしたいという方にはおすすめです。

WiMAX2+は基本同じ回線で月額料金などのサービスが変わる

WiMAX2+は基本的にどこのプロバイダからも同じ回線サービスが提供されます。
回線の性能自体はどこから申込みをしても違いがないのです。

ただプロバイダによってかなりサービス内容が変わります。
特に契約年数や月額料金、端末代金などが大きく変わりました。

理由としては総務省が発表した「解約違約金1,000円ルール」に適応するプロバイダと
対象外のプロバイダが出来たことです。

これも含めて代表的なプロバイダのサービスを確認してみましょう。

UQ WiMAX

WiMAX2+回線を提供するUQコミュニケーションズが行っているプロバイダなので
ユーザーからは「本家」と言われるのがUQ WiMAXです。

先ほど説明した総務省の改正電気通信事業法の適応を受けて、サービス内容が大きく
変化したプロバイダの一つでもあります。

月額料金は契約期間中変わらず3,880円で、端末は別途購入が必要。
契約期間は2年間で、途中解約する場合には違約金1,000円を支払う。

携帯端末の乗り換えに関するユーザーの動きを活性化させるために、大手キャリアや
プロバイダが改正電気通信事業法の適応を受けました。

その1つがUQ WiMAXで、これが一応基本サービスということになりました。

Broad WiMAX

契約期間は3年、月額料金は最初2,726円ですが徐々に高くなり、3年目の料金は
4,011円とUQ WiMAXよりも高くなります。

またWEBからの申込みでクレジットカードでの支払いをしない場合に初期費用として
18,857円が必要になるのも大きな負担になります。

途中解約の違約金は12ヶ月以内だと19,000円で24ヶ月以内は14,000円となります。
それ以降なら9,500円とそれなりに一般的な金額となります。

端末は本体0円購入ができる、というメリットがありますが・・・
おすすめしやすいか、と言われるとちょっと微妙になります。

BIGLOBE WiMAX

総務省の改正電気通信事業法の適応を受けたプロバイダの1つがBIGLOBE WiMAXで
こちらも解約違約金が1,000円になっています。

ただBIGLOBE WiMAXの場合、契約期間が1年間なので途中解約というよりも
最低契約期間の利用をしない場合という印象になります。

端末は別途購入が必要ですが、公式サイトのキャンペーンを使えばキャッシュバックで
ほぼ相殺が可能です。

月額料金は3,890円でずっと変わらず。
ちなみにauスマートバリューというauスマホの割引キャンペーンも使えます。

GMOとくとくBB

契約期間は3年間、月額料金は最初の2ヶ月だけ安くて、後は契約終了までずっと
月額4,263円とちょっと高めのプロバイダがGMOとくとくBBです。

端末は本体0円購入が出来ます。
違約金は高く12ヶ月までが19,000円で24ヶ月までは14,000円、残りは9,500円です。

最大の特徴は高額キャッシュバックがもらえること。
最大26,000円の現金キャッシュバックがあるのです。

キャッシュバック金額は契約時に選んだ端末によって変わりますが、最新端末でも
最高金額をもらうことができます。

ただキャッシュバックの申込みは、契約から11ヶ月後に届くメールに返信して
受け取りに使う金融機関口座を登録する必要があります。

受け取りまでの時間がかかるキャッシュバックですが、かなりの高額なので
長期間契約が出来るならおすすめのプロバイダです。

パソコンで使うインターネット回線サービスは多くの種類から選べる

単純にWiFiを使って、パソコンをインターネットに接続するために使える
回線サービスというだけでもこれほど色々とあります。

つまり、その人のパソコンやインターネットの使い方によって回線接続サービスは
選んで契約が出来るということです。

パソコンで本格的にオンラインゲームをプレイするなら光回線がおすすめですし
ノートPCを持ち運んで使うならモバイルWiFiルーターがおすすめです。

更にそれぞれの回線サービスでも、色々な種類から選んで契約が出来ます。
その人の環境や使い方で、自分にピッタリのサービスを選ぶことができるのです。

WiFi接続での利用は、ほとんどのサービスで普通にできます。
特定の回線サービスにこだわる必要はありません。

ただ特典やキャンペーンなどお得になる方法もあるので、状況と特典を
しっかりと考えて契約することをおすすめします。