auでガラケーからスマホに乗り換えるとお得になる方法

ガラケーからスマホへ

今使っているガラケーが壊れたら終わり?

ここ5年ほどの間に、若い世代を中心にスマホが爆発的に普及し、
すっかり従来型のガラケーを使っている人を見かけることが少なくなりました。

とはいえ、2016年現在でも全携帯電話利用者の中でスマホ利用者は約6割で、
まだ4割以上の人がガラケーを使っているんです。

お金や使い勝手など色々な理由はあると思いますが、
まだまだガラケーは過去のものではありません。

しかしながら、国内の携帯電話メーカーでは
2017年度以降従来型ガラケーの生産を行わないことが決まっています。

要するに、ドコモやau、ソフトバンクなど携帯キャリアが持っている在庫限りとなり、
それが尽きると新規申し込みはもちろんガラケーへの機種変更も出来なくなります。

元々スマホに比べて取り扱い機種が格段に少ないですし、
現状使っているガラケーが壊れたらスマホに変えるよりほか無いんです。

サービス自体は継続するので、すぐにガラケーが使えなくなるわけではありませんが、
近い将来スマホへ乗り換えなければならなくなる時が必ず来ます。

そこで、実際にその時が来ても慌てたり、困ったりすることがないように
スマホについての色々なことを知っておきましょう。

スマホで出来ること

ガラケーよりも世界が広がります

まず、現状ガラケーで事足りているんだから
別段スマホに変える理由が無いという人も多いと思いますが、
スマホはガラケーの単なる上位互換ではありません。

ガラケーが「インターネットなど様々な機能が付いた電話」なのに対して、
スマホは「電話が出来るパソコン」といったイメージでしょうか。

仕事などで使ったことがある人は分かると思いますが、パソコンでは色々な機能を
インターネット上でダウンロードして追加することが出来ます。

スマホも同様で、アプリケーション(アプリ)と言われるものをインストールして、
色んな機能を追加していけるんです。

アプリと言うと、
昨今何かと話題の「ポケモンGO」のようなゲームを想像するかもしれませんが、
もちろんゲームだけではありません。

カーナビとしても使える地図アプリや
リアルタイムで災害情報を知らせてくれる防災アプリ、
さらには血圧などの測定・記録が出来る健康関連のアプリなんかもありますよ。

ガラケーだと元々端末に搭載されている機能しか使うことが出来ません。

しかしスマホだと、欲しい機能を追加し、要らないものを削除していくことで
「自分だけのスマホ」にカスタマイズしていけるんですね。

気になる料金は?

高くなるうえにややこしい・・・

ガラケーからスマホへ乗り換える際に一番ネックになるのは、
やはり利用料金が高くなるということではないでしょうか。

実際、大手携帯キャリアの1つであるauを例に見てみると、ガラケーの料金は
 ・カケホ(データ付)・・・6,000円
 ・プランZ+ダブル定額スーパーライト・・・1,606~5,434円
 ・プランE+ダブル定額Z・・・1,043~5,243円
 ・プランSS+ダブル定額スーパーライト・・・1,606~5,434円
  (無料通話1,000円)
 ・プランS+ダブル定額スーパーライト・・・2,222~6,050円
  (無料通話2,000円)
の6通りとなります。

それに対してスマホの料金はガラケーの倍近い11通りもあり、分かりやすく表にすると
               カケホ    スーパーカケホ   LTEプラン
 ・データ定額1               4,900円
 ・データ定額2    6,500円
 ・データ定額3    7,200円     6,200円    
 ・データ定額5    8,000円     7,000円
 ・データ定額20   9,000円     8,000円
 ・データ定額30  11,000円    10,000円
 ・LTEフラット                           6,934円
となっています。

ちなみに、カケホは24時間通話料無料で、スーパーカケホは1回5分以内であれば
通話料無料、LTEプランは1~21時のau携帯への電話が無料となるプランです。

一番安いプランを比べると、ガラケーが1,043円でスマホが4,900円ですから
4倍以上の差がありますし、一番高いプランでも倍近い金額となっています。

スマホはじめるプログラム

最大3年間月額料金が1,920円割引

ガラケーからスマホへ変えるだけで、これほど月額料金が高くなると
乗り換えに二の足を踏んでしまうのも仕方ありませんよね。

そこで、auではガラケーからスマホに乗り換えた場合に
月額料金が安くなるキャンペーンが行われているんです。

それが「スマホはじめるプログラム」というもので、
最大3年間月額料金が1,920円割引になります。

ただし、料金プランは「スーパーカケホ+データ定額1(1GB)」の組み合わせのみで、
それ以外のプランを選ぶことは出来ません。

その代わり月額料金2,980円ですし、初めてスマホを持っていきなりインターネットを
バンバン使うということもあまりないでしょうから、丁度良いプランかもしれませんね。

また、auのガラケーを26か月以上継続して利用しているという条件も
クリアしていないとキャンペーン対象とはならないので注意してください。

スマホ交換プログラム

スマホ本体が最大20,000円引きに

先の「スマホはじめるプログラム」を利用すれば、
月額料金の高さという問題はクリアとなります。

ただ、本体価格がガラケーに比べて高いという、
もう1つのお金の問題がスマホにはあります。

従来型のガラケーは最新機種でも本体価格は精々20,000円まででしたが、
スマホは安いものでも30,000円以上しますし、
iPhoneの最新型だと100,000円近くします。

それでも少し前までであれば月々の割引によって「実質0円」で
手に入れることが出来たので、本体価格を気にすることはそれほどありませんでした。

しかし、公正取引委員会から独占禁止法の不当廉売に当たる恐れがあると指摘され、
総務省から再三の強い要請もあって、
現在では0円で手に入れることが出来なくなっています。

とはいえ、ガラケーからスマホへ乗り換えるのに、
月額料金だけでなく出来れば初期費用も安く抑えたいですよね。

実はauでは、ガラケーからスマホへ機種変更する場合に限り、
端末代が最大20,000円も安くなる「スマホ交換プログラム」という
キャンペーンが行われています。

さすがに全機種OKというわけではなく、2016年12月現在対象機種は8機種、
その内20,000円割引になるのは4機種でiPhoneは対象になっていません。

auのガラケーを16か月以上継続して利用していることが条件で、
「スマホはじめるプログラム」のように料金プランは指定されていませんが
データ定額かLTEフラットへの加入は必須となります。

また「スマホはじめるプログラム」と併用も可能なので、スマホ本体を安く手に入れて、
安い月額料金で利用することが出来ますよ。

機種変更するなら知らないと損な裏ワザ

スマホがタダ同然で手に入るかも!?

先の2つのキャンペーンはauが公式に行っているもので、auショップで詳しく聞けますし、
実際機種変更する際には利用を勧めてくれます。

実は、公式には発表されておらず、auショップでも教えてもらえない、
機種変更がおトクになる方法があるんです。

非公式でauショップでも教えてもらえないというと危険な感じもしますが、
バレたからといって何か不利になるなんてことは無いので安心してください。

方法は簡単でauのサポートセンターに電話するだけ、
それだけで最大30,000円相当のポイントが貰えます。

固定電話なら「0077-7-5470」、
auの携帯電話なら「157」とダイヤルしてガイダンスに従って「3:ご契約内容」
「2:他社への乗り換え、モバイルナンバーポータビリティ」へと進みます。

そこでオペレーターに「MNP予約番号を発行してほしい」と伝えると、
転出先や転出理由などを聞かれます。

転出先はドコモかソフトバンクと答え、理由は料金関連にすると話が長くなるので
具体的なことは言わず、とにかくキャリア変更したいとだけ答えましょう。

そこで「今ならポイントが付くので考え直してほしい」と返ってきたら、
それを受け入れればOKです。

ただ非公式な方法のためポイントが貰える条件が分からず、
実際に電話を掛けてみないことには何ポイント貰えるのか、
そもそもポイント自体貰えるのかすら分かりません。

間違っても「ここに電話するとポイントが貰えると聞いた」なんて言うと
絶対に貰えなくなるので気をつけましょう。

万一ポイントが貰えずにMNP予約番号を発行してしまっても、
それを使って他社への乗り換え手続きをしなければ解約にはならないので、
気軽に試してくださいね。

初めてのスマホにオススメ機種

ガラケーのように使えるスマホ

ガラケーからスマホへ変える場合には、お金の問題だけでなく、
操作方法が大きく変わるという問題もあります。

ガラケーを使い慣れており、
スマホの使い方に対応出来るのかという不安を覚える人も多いのではないでしょうか?

実はauには、初めてスマホを持つ人のために開発された
京セラの「URBANO」という機種があるんです。

見た目こそ普通のスマホなんですが、画面のアイコンやメニューの表示が
ガラケー仕様でスマホ初心者でも目当ての機能を見つけやすくなっています。

さらに、文字入力の際には画面の下半分にガラケーさながらのキー配置が現れ、
ガラケーと同じ感覚で文字を打つことが出来ます。

それから、通常スマホで電話を受ける時には画面をタッチしたままスライドさせる
「スワイプ」という操作をしないといけません。

この「スワイプ」という操作は慣れないと上手く出来ないことも多く、
スマホ初心者だと電話を取りたいのに取れないということにもなりかねません。

「URBANO」では本体側面に電話専用のボタンが付いており、
これを長押しすることでも電話が受けられるようになっています。

このように操作性こそ初心者でも使いやすいようになっていますが、
中身は他のスマホに劣らない高性能です。

ただ最新の「URBANO V03」は、
残念ながら先の「スマホ交換プログラム」の対象とはなっていません。

しかし、前身機種で同じ操作性を持つ「URBANO V02」は対象となっているので、
こちらを利用してみると良いのではないでしょうか。

URBANOでも不安なら

見た目はガラケー中身はスマホ、その名も「ガラホ」

スマホ初心者のために作られ、操作性を出来るだけガラケーに寄せている
「URBANO」でもまだ不安だという人も居るかもしれません。

それならば、使い方はもちろん見た目もガラケーそのもので、
中身だけスマホという「ガラホ」がオススメです。

見た目は二つ折りで従来型のガラケーと全く同じですが、中身にはAndroidという
基本ソフトが搭載されており、スマホと同じような機能が使えます。

確かに「ガラホ」なら操作方法に対する不安は無くなるんですが、
スマホではないので先の「スマホ交換プログラム」の対象ではありません。

しかも本体価格はスマホ並なので、キャンペーンが利用出来ない分、
スマホに乗り換えるよりも初期費用が掛かってしまうというのがネックですね。

格安SIMは文字通り月額料金が格安

auの3分の1以下になることも

auにこだわらずに月額料金の安さを求めるのであれば、
「格安SIM」を利用するという方法もあります。

最近TVCMなどでよく見かける
 ・mineo
 ・UQモバイル
 ・楽天モバイル
など、MVNOと言われる通信会社が販売しているものがそれに当たります。

auの回線が利用できる「mineo」を例に料金を見てみると、
 ・500MB・・・1,310円
 ・1GB・・・1,410円
 ・3GB・・・1,510円
 ・5GB・・・2,190円
 ・10GB・・・3,130円
となっています。(音声通話付き)

auの1GBプランが月額4,900円ですから、
何と3分の1以下で利用できてしまうんですね。

大手携帯キャリアは自前で通信回線を持ち、
それを使って通信サービスを提供しています。

それに対してMVNOは自前では回線を持っておらず、
大手携帯キャリアの回線を借りて通信サービスを行います。

そのため、回線の維持や管理に掛かる費用が必要なく、レンタル料だけで済むので
大手携帯キャリアよりも遥かに安い料金設定が可能というわけなんですね。

料金が安いとはいえ、利用する回線は大手携帯キャリアのものですから、
基本的に電話が繋がりにくかったり、通信が遅いなどといったことはありません。

格安SIMのデメリット

安いだけに・・・

大手携帯キャリアの回線が使える上に料金が大幅に安いとなると、
格安SIMを利用しないと損なような気もしますよね。

しかし格安SIMにはメリットばかりではなく、当然デメリットもあるんです。

まず、大手携帯キャリアでは利用契約と端末の購入がセットとなる場合が多く、
取り扱われている機種が非常に多くなっています。

iPhoneはもちろん、XperiaやGalaxyなど最新のAndroid端末まで揃っており、
選ぶのに迷うほどです。

ところがMVNOの場合、取り扱い機種が少なく、
iPhoneやXperia、Galaxyなどといった人気機種は取り扱い自体がありません。

iPhoneなどを使いたい場合には別途自分で調達しなければならず、
大手携帯キャリアで購入するよりも高くなってしまうこともあります。

また、MVNOは一部を除いてキャリアショップを持っていないため、
利用開始前後に分からないことを相談するなどのサポートが受けづらくなっています。

なので、すでにスマホを使い慣れている人には良いかもしれませんが、
初めてスマホでいきなり格安SIMを利用するというのはあまりオススメ出来ません。

他社への乗り換えはおトク?

月額料金が安くなるキャンペーンは行われているが・・・

auにこだわらないということであれば、格安SIMではなくドコモやソフトバンクといった
他の大手携帯キャリアに乗り換えるということもできます。

両社ともMNPで他社から乗り換えてきた場合、
月額料金が安くなるキャンペーンを行っています。
(ソフトバンクでは端末の下取りが必要)

ドコモは月額料金が12か月間850円安くなり、総額で10,200円の割引となります。

ソフトバンクは下取りに出す端末により割引総額が変わりますが、
従来型ガラケーだと24か月間450円割引で、総額10,800円安くなります。

ちなみに、下取りに出すのがiPhone6以降の機種だと
総額20,000円以上の割引となっています。

このキャンペーンを利用することで、
新しく購入する端末が実質0円になる場合もあるので、おトクでないとは言えません。

ただ、ガラケーからスマホへ乗り換える場合に限っては、auのキャンペーンの方が
充実しており、無理にキャリア変更しない方がおトクだと思いますよ。

スマホはお年寄り向き?

タッチパネルで拡大自由

一般的に、
スマホは若者向けで年配の方が使うには少しハードルが高いと思われています。

しかし、スマホの基本的な操作は画面を直接タッチして行いますし、
画面の拡大縮小も自由自在なので、
むしろ年配の方が使うのに向いているのではないでしょうか。

例えば年配の方が初めてパソコンを使ったときに、パソコンの画面を直接タッチした
なんて笑い話を聞くことがありますが、スマホではこれが正しい操作方法となります。

また、人間誰しも年を取ると老眼などで目が悪くなり、
ガラケーの小さい画面で小さい文字を読むのは一苦労ですよね。

ところが、スマホはガラケーに比べて画面自体がかなり大きいですし、
拡大も出来るので、場合によっては老眼鏡無しでも文字を読むことが出来るんです。

このように、ガラケーよりもスマホの方が使いやすく見やすいので、
むしろ年配の方が使うのに向いているというわけです。

料金的にも安く利用できるキャンペーンもあるので、思い切ってスマホデビューして、
お子さんやお孫さんを驚かせてみてはいかがでしょうか。

ガラケーからスマホに乗り換えるならdocomoがこんなにおトク

ガラケーが使えなくなる!?

2017年度以降従来型のガラケーは生産されない

携帯電話が一般的に広く普及するようになって20年余りが経ち、
日本国内における契約件数が人口を越え、
老若男女問わず「1人1台」携帯電話を持つようになっています。

さらにスマホユーザーの割合が5割以上となっており、
携帯電話の主流はガラケーからスマホへと変わりつつあります。

そんな中、日本の携帯電話メーカーは
2017年度以降従来型のガラケーの生産を終了することを発表しました。

これに伴い大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では、在庫が無くなり次第、
ガラケーの新規契約や機種変更が出来なくなります。

現状すぐに利用が出来なくなるわけではありませんが、
近い将来サービス自体も終了する可能性が高くなっています。

そうするとガラケーからスマホに乗り換えることを検討しなければいけないわけですが、
長年ガラケーを使っている人にとっては「未知の領域」に踏み込むので、
不安に思うことも多いでしょう。

そこで、一番気になる料金のことからおトクに乗り換える方法、
実際乗り換える前に準備しておくことまで、いろいろと紹介したいと思います。

料金は高くなる?

使い方次第では安くなる

ガラケーからスマホへと乗り換えるとなった場合に、
何よりも気になるのは料金のことですよね。

一般的にスマホの方が料金が高いと言われており、
ガラケーからスマホへの乗り換えを躊躇わせる大きな要因となっています。

それでは、大手携帯キャリアの1つであるドコモを例に、
ガラケーとスマホの料金を比較してみましょう。

まず、ガラケーでは通話プランが
 ・タイプシンプル・・・1,483円(無料通話無し)
 ・タイプSS・・・1,864円(無料通話1,000円)
 ・タイプS・・・3,000円(無料通話2,000円)
 ・タイプM・・・5,000円(無料通話4,000円)
 ・タイプL・・・8,000円(無料通話6,000円)
 ・タイプLL・・・13,000円(無料通話11,000円)
の6種類となります。

それぞれに、iモード(300円)とパケ・ホーダイダブル(300~4,200円)を
合わせたものが基本的なガラケーの料金です。

一方スマホでは通話プランは
 ・カケホーダイ・・・2,700円
 ・カケホーダイライト・・・1,700円
の2種類だけしかなく、代わりに合わせるデータ定額が
 ・データSパック(2GB)・・・3,500円
 ・データMパック(5GB)・・・5,000円
 ・ウルトラデータLパック(20GB)・・・6,000円
 ・ウルトラデータLLパック(30GB)・・・8,000円
の4種類となっています。(カッコ内は月間に使えるデータ通信量)

ちなみに、「カケホーダイ」は固定電話や他社携帯など関係なく24時間通話料無料、
「カケホーダイライト」は1回5分以内であれば通話料無料となります。
(番号案内など一部無料とならない場合もあります)

また、「カケホーダイライト」と「データSパック」を合わせることは出来ません。

ガラケーの「タイプシンプル」でパケット定額を上限まで使うと月額5,983円で、
スマホは最安値でも「カケホーダイ」+「データSパック」の月額6,500円なので、
確かにスマホの方が高くなります。

しかし、電話メインでタイプLやLLを利用しているのであれば、
スマホの方が料金が安くなるんですね。

もし現状ガラケーで月に10,000円前後の料金を支払っているなら、
スマホに変えることで逆に安くなる可能性もあるということです。

まずは店頭で話を聞く

1年以上前の情報は役に立たない

大手携帯キャリアでは2015年にスマホの料金プランが大幅に変更され、
2016年にもマイナーチェンジが加えられています。

なので現状スマホを利用している人でも、自分が使っているキャリアに
どのような料金プランがあるのか把握していない場合もあります。

そこで、最新の情報を入手し、自分に合った料金プランを見つけるためには、
まずキャリアショップへ詳しい話を聞きに行きましょう。

もし近くにキャリアショップが無い場合には、
家電量販店のスマホコーナーなんかでも良いですよ。

分からないことや不安に思っていることについて全て丁寧に答えてくれますし、
キャンペーンなどお得な情報を聞くことも出来ます。

その場でスマホへの機種変更をしてしまっても構いませんが、
いったん持ち帰って他社との比較検討をしましょう。

インターネットを利用すれば、わざわざショップに行かなくても
最新の情報が手に入りますし、他社との比較も容易です。

ただ、先にも書いたように、この1年で大手携帯キャリアの料金プランは
大きく変わっており、1年以上前の情報はほぼ役に立ちません。

また、分からないことや不安に思っていることなど自分が知りたい情報を
ピンポイントで見つけるということも簡単ではないんです。

なので、初めてスマホを持つのであれば、最新の情報が得られて、
なおかつ疑問にもちゃんと答えてくれるキャリアショップへ足を運ぶのが
一番だと思いますよ。

おトクにスマホへ乗り換える方法

とっておきの裏ワザも

キャリアショップや家電量販店のスマホコーナーで機種変更するのも良いんですが、
実はもっとおトクな方法があります。

それは、
 ・オンラインショップ
 ・キャンペーン
 ・とっておきの裏ワザ
の3つを活用することなんです。

この3つを全て活用すれば、スマホ本体が格安で手に入り、
月額料金も安く利用することが出来ます。

大手携帯キャリア3社ともに共通する部分も多いんですが、
ここでは一番利用者の多いドコモを例にしたいと思います。

それでは、それぞれの活用の仕方について詳しく見ていきましょう。

オンラインショップでお金も時間も節約

24時間OKで在庫も多い

ガラケー世代にとって機種変更と言えば、ドコモショップはもちろん、
あまり見掛けなくなりましたが、駅前などに必ずと言っていいほどあった
携帯ショップに出向いて行うのが当たり前でした。

最近はこれらの店頭だけでなく、
インターネット上でも新規申し込みや機種変更の手続きが出来るようになっています。

大手携帯キャリア3社ともに公式のオンラインショップを直営しており、
各種手続きだけでなく端末やアクセサリの購入などが24時間いつでも出来ます。

ガラケーからスマホに限ったことではありませんが、機種変更の際には
ドコモショップなどに出向くよりもこのオンラインショップの方が何かとおトクなんです。

ドコモショップなどで機種変更を行うと、
2,000~5,000円程度の「頭金」と言われる料金が発生します。

一般的に「頭金」と言えば、分割払いなどで品物を購入する場合に、
最初に支払うある程度まとまったお金のことですよね。

ところが、ドコモショップなどで発生する「頭金」は、端末の購入代や事務手数料とは
全く関係なく、各ショップの利益として上乗せされているものなんです。

要するに、「ドコモに支払う料金」ではないので、
ドコモ直営のオンラインショップではこの「頭金」が不要となります。

それから、ドコモショップなどでは基本的に時間予約が出来ないため、
先客が居ると待たないといけません。

店によっては平日の昼間であっても1時間ぐらい待たされるなんて当たり前ですし、
土日に行こうものなら3~4時間待たされることもあるそうです。

その上、手続き自体にも1時間ほど要しますから、
機種変更するだけで休日が潰れてしまいかねません。

オンラインショップなら、土日だろうが待たされることはありませんし、
手続きも早ければ数分で終わってしまいます。

また、ドコモショップなどではiPhoneのような人気機種はすぐに売り切れてしまい、
購入するためには入荷を待って再度お店に足を運ばなければいけません。

オンラインショップはドコモショップなどに比べて在庫が豊富で、
人気機種でも売り切れになることは少なく、待たずに購入可能なんです。

ドコモショップなどで機種変更することが損だとは言いませんが、
オンラインショップを利用した方がお金も時間も節約出来ますよ。

ガラケーからスマホに乗り換える人向けのキャンペーン

月額料金最大1,520円割引

TVCMなどで見掛けたことがあるかもしれませんが、
ドコモではガラケーからスマホへ乗り換える人向けの
「はじめてスマホ割」というキャンペーンを行っています。

これは、ガラケーからスマホへ乗り換えると最大24か月間「カケホーダイ」は1,520円、
「カケホーダイライト」は850円割引になるというものです。

基本料金の部分が半額以下になるので、
一番安いプランなら月額5,000円以下となるんですね。

それだけではなく、通常1,800円の「かんたんスマホ講座」が1回無料となります。

これは、遠隔操作でスマホ画面を共有して、オペレーターとマンツーマンで使い方を
学べるもので、スマホ初心者にとっては非常にありがたいものです。

ただし適用条件があり、
 ・現在FOMA契約
 ・直近購入機種がFOMA対応
 ・直近購入機種を18か月以上利用
 ・機種変更とともに端末も購入(端末の持ち込みは不可)
の全てを満たしていないとこのキャンペーンに申し込むことは出来ません。

とっておきの裏ワザで端末代も安くなる

電話を掛けるだけで20,000ポイントが貰える!?

かつてガラケーでは0円のものなんて当たり前のようにありましたし、
少し前まではスマホも「実質0円」で購入することが出来ました。

しかし、ガラケーやスマホの0円販売や実質0円は、独占禁止法の不当廉売に
抵触する恐れがある、と公正取引委員会から指摘が出されます。

それを受けて総務省が大手携帯キャリア3社に販売方法の是正を再三に渡って要請し、
現在ではガラケーやスマホを0円で購入することは出来なくなりました。

ガラケーよりも高性能なスマホは本体価格もガラケーより高く、
最新のiPhone7など100,000円近くする端末もあります。

それは極端な例ですが、キャンペーンで月額料金が安くなるとは言っても、
端末代が数万円も掛かるのでは機種変更に二の足を踏むのも仕方ないですよね。

そこで役に立つのが、携帯電話を使うことで貯まり、
機種変更時の端末代に充てられる「ポイント」ですよね。

最近はポイントカードのようになっており、
コンビニなど日常の買い物でもポイントが貯められるようになっています。

とはいえ、利用年数に応じて還元率は0.5~2.5%とそれほど高くなく、
10,000ポイント以上となると何年の使わずに貯めておかないといけません。
(当然その分出費も嵩む)

ところが、電話を掛けるだけで1円も使うことなく
最大20,000ポイントも貰える裏ワザがあるんです。

まず、ドコモの携帯電話なら「151」、
固定電話なら「0120-800-000」をダイヤルします。

そして音声ガイダンスに従って
 「4:各種サービス」→「2:携帯電話番号ポータビリティ」
へと進みます。

オペレーターに繋がり「MNP予約番号を発行して欲しい」と伝えると、
「どのキャリアへ転出するのか?」と聞かれるので、auかソフトバンクと答えます。

この際、転出する理由も聞かれることがありますが、料金を理由にするとツッコミが
厳しくなるので、あまり具体的なことは言わずに「とにかく転出したい」旨を伝えましょう。

そして「今なら特別にポイントが付けられるので考え直し欲しい」と言われたら、
それを受け入れればOKです。

ただし、この方法は公式に認められているわけではなく、
問い合わせたところで方法や条件については一切教えてもらえません。

なので、実際に試してみないことには何ポイント貰えるのか、
そもそもポイントが貰えるのかすら分からないんです。

万一ポイントが貰えずに「MNP予約番号」を発行してしまっても、
それを使って他社と契約しなければ解約にはならないので、
気軽に試してみると良いのではないでしょうか。

他社へ乗り換えた方がおトク?

月額料金に大きな違いは無い

MNPによって携帯番号をそのまま持ち運べるようになったので、
スマホに変えるのを機に携帯キャリアも変えようと考えている人も居るかもしれません。

確かに大手携帯キャリアでは、他社からの乗り換えで月額料金が安くなったり、
キャッシュバックが貰えたりするキャンペーンが行われています。

先にも書いたように、ドコモにもガラケーからスマホへ乗り換えた場合に
月額料金が安くなるキャンペーンがあります。

また、かつてドコモは他社よりも利用料金が高いと言われていましたが、
新料金プランに変わってからは大手携帯キャリア3社で同じと言って良いほど
違いがありません。

となると、同じキャリアを持ち続けた方が長期利用割引の割引率が上がっておトク
と言えなくもないんですね。

MNPによって手軽にキャリア変更が出来るようになったのは良いのですが、
安易にキャリア変更してしまうとかえって損してしまう恐れもあるということです。

スマホのように使えるガラケー?

使い方を一から覚えるのが面倒なら

ガラケーからスマホへ変えた場合に一番困るのが、
使い方を一から覚えないといけないということです。

コンピューター世代の若い人は気にしないでしょうが、
年配の方だとようやくガラケーのキー操作に慣れたところなのに、
また一から覚え直すというのも辛いですよね。

それならば、見た目はガラケーそのままで中身はスマホの
「ガラホ」と言われる機種に変えてみると良いのではないでしょうか。

見た目はお馴染みの二つ折りのガラケーで、
もちろんキーの配置や操作方法もガラケーそのままです。

それでいてAndroidという基本ソフト(OS)が搭載されているので、
LINEはもちろん使えますし、高画質なネット動画の視聴など
スマホと全く同じことが出来ます。

ちなみに、先に書いたように従来型のガラケーは2017年度以降は生産されませんが、
ガラホは現状生産が終了する予定はありません。

ただ、スマホじゃないので当然ですが「はじめてスマホ割」の対象とはならず、
月額料金の割引が受けられないのが痛いですが・・・。

格安スマホへの乗り換え

大幅に安くはなるけれど・・・

一度ぐらいは「格安スマホ」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、
 ・mineo
 ・UQモバイル
 ・楽天モバイル
など、最近TVCMでよく見掛けるこれらが「格安スマホ」に当たります。

どのくらい「格安」かというと、楽天モバイルの1回5分以内かけ放題に
2GBのデータ通信が付いたプランで月額2,980円です。
(2年契約で1年目は月額1,880円)
(指定の端末購入が条件)

ドコモで一番安い「カケホーダイ」に「データSパック(2GB)」を合わせたプランが
月額6,500円ですから、半額以下ということになります。

従量課金の通話プランであれば、月額2,000円以下で利用することも可能なので、
看板に偽りなしの「格安」です。

しかも格安スマホでは大手携帯キャリア3社のいずれかの回線を利用するので、
電話やインターネットが繋がらないという心配もありません。

ただ格安スマホの場合、大手携帯キャリアに比べてサポートの面で不安があります。

実際ネット上の口コミなどを見ても、端末の故障などトラブルが起こった場合の対応が
不十分という意見が少なからずあります。

ただでさえ初めてのスマホで分からないことが多いのに、
万一のトラブル時にも不安があるとなるとちょっとハードルが高いかもしれませんね。

MNPの手続き

ドコモならiモードでも出来る

ドコモからauやソフトバンク、格安スマホに乗り換えるのであれば、
携帯番号をそのまま持ち運べるMNPを利用するということになると思います。

MNPという言葉を聞いたことはあるし、どんなものかも分かっているけど、
実際MNPを利用してキャリア変更したことは無いという人も少なくないはずです。

そこで、MNPを利用してキャリア変更するには
どのような手続きをすれば良いのかを簡単に説明しましょう。

まずドコモに「MNP予約番号」というものを発行してもらわないといけないんですが、
20,000ポイント貰える裏ワザのところで書いたように電話でも出来ますし、
ドコモショップでも大丈夫です。

とはいえ、「MNP予約番号」の発行をお願いするということは
「もうドコモを使いません」と言っているのと同じことですから、ドコモのスタッフや
オペレーターに直接伝えるのはあまり気持ちがいいものではありませんよね。

それに、料金プランの見直しやおトクなキャンペーンを勧めてきたり
思い止まらせようとしてくるので、番号を発行してもらうまでに時間が掛かります。

実際筆者も電話でMNPの手続きをしたことがありますが、
10桁の予約番号を貰うのに30分以上掛かりました。

そんな気まずくて時間が掛かるのは嫌だというのであれば、パソコンの公式サイトの
「My docomo」でも予約番号を貰うますし、ガラケーならiモードでも貰えます。

あとは、その「MNP予約番号」を使って他社と利用契約を結べば終了です。

「MNP予約番号」を使って他社と契約した時点で自動的にドコモは解約となるので、
改めて解約の手続きをする必要はありません。

また予約番号を発行してもらうこと自体に料金は掛かりませんが、
それ使って他社へ乗り換えるとドコモでは2,000円の転出手数料が発生します。

ガラケーからスマホに変える前に準備しておくこと

スマホで使えなくなるものもある

ドコモで機種変更するにしろ、他社へ移るにしろ、実際にガラケーからスマホへ
変える前には準備しておかなければいけないことがあります。

まず、以前は機種変更をキャリアショップなどで行うと、
旧機種から新機種へアドレス帳を含めたデータの移し替えをしてくれました。

しかし最近は、個人情報保護の観点からデータの移し替えをしてもらえない場合が多く、
自分でしなければいけません。

Android端末ならmicroSDカードや赤外線通信が使えるので、
それらを利用すれば比較的簡単にデータの移し替えが出来ます。
(赤外線通信は使えない機種もあります)

ところが、iPhoneではmicroSDカードも赤外線通信も使えないので、
パソコンに一度データをバックアップしておかなければいけません。

それから、
ガラケーで有料サイトやおサイフケータイを利用している場合もあると思います。

有料サイトはスマホでも引き続き利用できるかを確認し、
利用できない場合には事前に解約しておきましょう。

そうしないと、使えもしないサイトの利用料金が発生し続けることになってしまいます。

おサイフケータイについては、
iPhone(7を除く)など機能が搭載されていない機種もあり、
使い切っておかないと返金できないのでムダになりますよ。

スマホに変えたことで、大切なデータが消えてしまった、
お金がムダになったなんてことがないようにしっかりと準備をしておきましょう。

ガラケーからスマホへの機種変更でソフトバンクの料金がずっと割引に!?

もうすぐガラケーが無くなる!?

2017年度以降生産が終了

2016年現在携帯電話の全利用者の中でスマホユーザーの割合が5割を超えており、
「スマホ時代」へと本格的に移行しつつあります。

それに呼応するかのように、国内の各携帯電話メーカーは
従来型のガラケーを2017年度以降は生産しないことを発表しました。

従って大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でのガラケー販売は在庫限りとなり、
無くなり次第新規購入や機種変更は出来なくなります。

ただ、従来型のガラケーがすぐに使えなくなるわけではなく、
サービス自体はしばらく続くようです。

とはいえ、生産が終了している以上はいずれサービス自体も終了となって、
スマホなどへの乗り換えを迫られる時が来ます。

長年慣れ親しんできたガラケーからスマホへ乗り換えるというのは、
料金面や使い方など不安なことが多いですよね。

そこで、スマホの基本的なことからおトクに乗り換える方法まで紹介したい思います。

スマホで何が出来る?

出来ないことが無いぐらい

まず、従来型のガラケーとスマホでは何が違うのでしょうか?

そもそもガラケーは、
 ・メール
 ・インターネット
 ・メモ帳
 ・電卓
などの機能が付いた電話機ですが、それに対してスマホは
手の平サイズのパソコンに電話機能が付いたものといったところですね。

ガラケーでは機種によって使える機能は決まっており、
元々搭載されていない機能をあとから追加するということは出来ません。

スマホでは、元から搭載されている機能に加えて、アプリケーションソフト(アプリ)を
インストールすることで新たな機能を追加していくことが出来るんです。

アプリと言えば2016年に大きな話題となった「ポケモンGO」のような
ゲームを連想するかもしれませんが、ゲームだけじゃありません。

カーナビ代わりにもなる地図アプリや海外のラジオが聞けるラジオアプリ、
歩数計や血圧測定なんかが出来る健康関連のアプリもあります。

それから、今やスマホユーザー必携とも言える、
無料でメッセージのやり取りや通話が出来る「LINE」もアプリの1つです。

アプリは日々新しいものが開発されており、もはやスマホで出来ないことは無い
と言えるぐらい様々なジャンルのアプリがあるんですね。

インストール自体や機能を追加すると料金が必要なアプリもありますが、
無料で利用できるものも多くなっています。

アプリは削除も簡単なので、
自分の使いやすいようにカスタマイズしていくのがスマホなんです。

やっぱりiPhoneが良いの?

使いやすさならiPhone

かつてのガラケーと同じように、スマホでも多数の機種が販売されており、
乗り換えると言ってもどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

スマホの機種は大きく分けると
 ・iPhone
 ・Android
の2種類です。

iPhoneは、MacやiPodなどでも知られるApple社の製品で、
スマホのパイオニア的な存在です。

毎年新型が発表されており、
発売初日には新聞やTVのニュースでも大きく取り上げられるので
興味の無い人でも名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

タッチパネルの反応が良かったり、
バッテリーが長持ちするなど初心者にも使いやすくなっているのが特徴です。

また本体と搭載されている基本ソフト(OS)の両方をApple社が開発しているので、
Androidに比べると不具合や故障が少ないと言われています。

そしてアプリの審査が厳しいため、コンピューターウイルスが仕込まれているような
不正アプリや18禁など有害なアプリがほとんどなく、
安心して使うことが出来るんですね。

ただ、microSDカードを使うことが出来ないため、
故障時に備えて保存した写真などデータのバックアップにはパソコンが必須です。

さらに、防水防塵や赤外線通信、おサイフケータイといった機能も備えていません。
(最新のiPhone7には防水防塵とおサイフケータイ機能が付いています)

Androidの方が高機能?

自由度は高い

もう一方のAndroidは、世界の大手検索サイトGoogleが開発したスマホ用のOSです。

iPhoneと違い、GoogleはOSのみの開発で、
Androidのスマホ本体は様々なメーカーが製造しています。

そのため、iPhoneと比べると端末の種類が多く、カラーバリエーションも含めると、
同じスマホを持っている人と出会うことはほぼありません。

アプリの開発が自由で、アプリの種類も多く、
カスタマイズの自由度が非常に高くなっています。

さらに防水防塵はもちろん、赤外線通信やおサイフケータイといった
ガラケーで使い慣れている機能も標準装備されています。
(搭載していない端末もあります)

そしてmicroSDカードが使用できるので、
データのバックアップにパソコンは必要ありません。

ただし、本体とOSが別々で開発されているので、不具合が起こりやすく、
故障も多くなってしまいます。

またアプリ開発が自由というと聞こえが良いですが、審査が無いに等しいので、
ウイルス入りの不正アプリや有害なアプリも多数存在しています。

iPhoneよりも性能が高く、Androidは上級者向けと言われており、
初めて持つスマホとしては少しハードルが高いかもしれませんね。

アドレス帳の移行はAndroidが簡単

iPhoneだとパソコンが必須

ガラケーの機種変更では、アドレス帳など保存されているデータの
旧機種から新機種への移行はキャリアショップでやってもらうのが当たり前でした。

しかし最近は、個人情報保護などの観点からキャリアショップで機種変更した場合でも
アドレス帳など保存データの移行はやってもらえません。

当然自分で行わなければならないわけですが、
この辺りもガラケーからスマホへ乗り換えるのを
躊躇させる要因となっているかもしれませんね。

ところがAndroidなら、
ガラケーからスマホでもスマホ同士でもアドレス帳などデータの移行は簡単なんです。

AndroidではmicroSDカードに写真などのデータを保存できると先に書きましたが、
アドレス帳を含めたデータの移行はこのmicroSDカードを入れ替えるだけでOK。

メールデータもこの方法で、
保存しておいたものを消すことなく新しい機種に移し替えることが出来ますよ。

アドレス帳の移行だけなら赤外線通信を利用すればもっと簡単です。

ガラケーで友人などとアドレス交換をするのと同じ要領で、
ガラケーからスマホへアドレス帳のデータを「全件送信」するだけ。

iPhoneだとmicroSDカードも赤外線通信も使えないので、
パソコンを介さないとデータの移行が出来ません。

まず、ガラケーにmicroSDカードを挿し、
アドレス帳や写真などスマホへ移したいデータをコピーします。

そのmicroSDカードをパソコンに差し替え、
コピーしたデータをメールに添付してiPhoneへと送信します。

あとはiPhoneに届いたメールに添付されているファイルを開けば、
アドレス帳などデータの移行は完了です。

iPhoneもそれほど難しいわけではありませんが、
パソコンを必要としない分Androidの方が簡単ですね。

スマホ乗り換えで料金はどうなる?

ソフトバンクガラケーの料金プラン

使い方や選ぶ機種については、家族や友人ですでにスマホを使っている人が居るなら
アドバイスを貰えるので問題ない場合もあると思います。

そうなると、一般的にはガラケーからスマホへ変えることで高くなると言われている
料金のことが気になりますよね。

まず現状ガラケーで毎月いくらぐらいの料金が掛かっているのかを、
大手携帯キャリアの1つであるソフトバンクを例に見てみましょう。

ソフトバンクのガラケーの料金プランは
 ・基本料金+データ定額又はパケット定額+ウェブ使用料
という組み合わせが基本となります。

まず基本料金は
 ・スマ放題
 ・スマ放題ライト
 ・ホワイトプラン
の3つで、これにデータ定額やパケット定額を合わせるのですが、
合わせられるプランはそれぞれで決まっています。

ウェブ使用料はガラケーやスマホでインターネットを利用するには必要な
プロバイダ料に当たるもので、月額は300円です。

ソフトバンクガラケーの料金総額は
 ・スマ放題+データ定額          ・・・6,000円
 ・スマ放題+データ定額S         ・・・2,872~6,700円
 ・スマ放題ライト+データ定額      ・・・5,000円
 ・スマ放題ライト+データ定額S     ・・・1,872~5,700円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題フラット・・・5,434円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題     ・・・2,214~5,434円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題S    ・・・1,606~5,434円
となります。

ソフトバンクスマホの料金

使い方次第ではガラケーより安い?

続いてスマホの料金プランですが、
 ・基本料金+データ定額又はパケット定額+ウェブ使用料
という組み合わせは同じで、
 ・スマホ放題
 ・スマ放題ライト
 ・ホワイトプラン
の基本料金3種類も同じです。

それぞれの組み合わせと金額を表にしてみると
                  スマ放題    スマ放題ライト    ホワイトプラン
 ・データ定額ミニ1GB   5,900円    4,900円
 ・データ定額ミニ2GB   6,500円
 ・データ定額5GB      8,000円    7,000円
 ・データ定額20GB     9,000円    8,000円
 ・データ定額30GB    11,000円   10,000円
 ・パケットし放題フラット                          6,934円
 ・パケットし放題                            3,234~7,434円
となります。

20GBや30GBといった大容量プランだと金額が跳ね上がりますが、
それ以外であればガラケーと比べて極端に高いということもないように感じますね。

ガラケーからスマホへおトクに乗り換えられるキャンペーン

ソフトバンクの「スマホデビュー割」

2016年12月21日から、ソフトバンクのガラケーユーザーを対象とした
「スマホデビュー割」というキャンペーンが行われています。

このキャンペーンを利用してガラケーから対象のスマホに乗り換えると、何と解約や
機種変更などをしない限り、月額料金がずっと2,100円割引になるんです。

対象となるスマホには「iPhoneSE」も含まれていますし、料金プランの指定も無く、
先に挙げたスマホの料金プランならどれでもOK。

他社のキャンペーンだと月額料金の割引が最初の2年間だけだったり、
料金プランが指定されていたりします。

それがソフトバンクだと、機種変更するまでずっと割引が続きますし、料金プランも
好きなものを選べるんですから、いかにおトクなキャンペーンか分かりますよね。

詳しい適用条件や対象機種については、ソフトバンクの公式サイトで確認してください。

ただし、このキャンペーンは終了時期が決まっておらず、
いつ終わるか分からないだけに利用するのであれば早めの方が良いですよ。

ソフトバンクでおトクに機種変更するとっておきの裏ワザ

知らないうちに30,000円損してるかも!?

ほんの1~2年前までは、新規契約であろうが機種変更であろうが、
大手携帯キャリアでは「実質0円」で端末を購入することが出来ました。

ところが、総務省からの勧告によって「実質0円」での販売が禁止となり、
今後は割引額が減少していくのは確実です。

初期費用での負担が増える分、利用料金が安くなることが期待できるものの、
反面キャリア変更や機種変更はしにくくなりますよね。

ましてスマホはガラケーよりも本体価格が高いわけですから、
これではスマホへの乗り換えを躊躇せざるをえません。

そこで実は、機種変更時の端末代を大幅に安くできる簡単な方法があるんです。

ソフトバンクに限らず、大手携帯キャリアのスマホやガラケーを使っていると、
ポイントが貯まりますよね。

最近は通常のポイントカードのようになっており、
コンビニなど日常の買い物でもポイントが貯められるようになっています。

このポイントは機種変更時の端末代にも充てられるんですが、
何年も使わずに置いておかないことには数万円分も貯まりません。

ところが、ソフトバンクでは30,000円相当のポイントが、
何と電話をするだけで貰える可能性があるんです。

まず、ソフトバンクのスマホやケータイで「*5533」もしくは「08001005533」を
ダイヤルします。
(「0800」の方は固定電話でも繋がります)

音声ガイダンスに従って、
 「2 転出手続き」→「1 MNP予約番号発行希望」
へと進みます。

この際契約時に決めた4桁の暗証番号を求められますが、万一忘れていても、
オペレーターによる本人確認があるので大丈夫です。

本人確認後オペレーターから「差し支えなければ転出先を教えてほしい」
と言われるので、同じ大手携帯キャリアであるドコモかauと答えます。

さらに転出理由についても聞かれる場合がありますが、
大手携帯キャリア同士だと料金はほぼ同じなので、
「安くなりそう」などと答えるのは避けた方が良いかもしれません。

そしてそのままMNP予約番号発行の手続きを進めていくと、
最終的に「予約番号を発行してよろしいですか」と聞かれます。

他社へ転出する気が全くなかったとしても、ここは「はい」と答えましょう。

そうすると、
「今ならポイントを付けることが出来るので転出を考え直してほしい」
というようなことを言われるので、それを受け入れればOKです。

ただし、この方法は公式に発表されているものではないため、
ポイントが貰える条件などは一切分かりませんし、聞いても教えてくれません。

なので、実際に電話してみないことには何ポイント貰えるのか、
そもそもポイント自体が貰えるのかすら分からないんです。

ポイントが貰えずにMNP予約番号を発行してしまっても、
それを使って他社への転入手続きをしない限り、
ソフトバンクの契約が解除されることはないので、ダメ元で試してみてください。

4Gケータイという選択も

見た目はガラケーだけど・・・

ソフトバンクには、スマホと従来型のガラケーとは別に4Gケータイという機種があります。

これ見た目は二つ折りのガラケーなんですが、
中身はスマホと同じAndroidが搭載されており、
一般的には「ガラホ」や「ガラスマ」などと呼ばれているものです。

操作方法は今までのガラケーそのままなので、
新たに使い方を覚える必要はありません。

しかし、Androidが搭載されているので高画質なネット動画を見ることも出来ますし、
「LINE」などのアプリを取り込んでカスタマイズすることだって可能です。

少し年齢層が上の方だと、やっとガラケーの使い方に慣れてきたのに、
スマホに変えてまた一から覚え直すのは面倒と思っている人も多いはずです。

そんな場合は、ガラケーの使い方でスマホが使える4Gケータイにするというのも
1つの方法だと思いますよ。

4Gケータイがタダで手に入る!?

「ガラケータダで機種変更プログラム」

ソフトバンクでは、ガラケーからスマホへの乗り換えだけでなく、従来型のガラケーから
4Gケータイへの機種変更もおトクになるキャンペーンが行われています。

それが「ガラケータダで機種変更プログラム」で、
文字通り機種変更時の端末代が実質0円になるんです。

ただし、現状ソフトバンクのガラケー(4Gケータイでも可)を
36か月以上継続して利用していることが条件となります。

それ以外にもいくつか条件がありますので、
詳しいことはソフトバンクの公式サイトで確認してください。

このキャンペーンの実施期間は2017年1月31日までとなっていますので、
ガラケーの機種変更をするなら迷っている暇はありませんよ。

格安SIMの利用

初めてのスマホだと少しハードルが高い

最近
 ・mineo
 ・Yモバイル
 ・UQモバイル
 ・楽天モバイル
など、「スマホ代が安くなる」というTVCMをよく見掛けると思います。

これは一般的に「格安SIM」と呼ばれるもので、実際に同様の契約内容でも
大手携帯キャリアの半分や3分の1程度の月額料金で利用できます。

仕組みを簡単に説明すると、ソフトバンクなどの大手携帯キャリアは
自前の通信回線を持ち、それを利用したサービスを提供しています。

それに対して、自前の通信回線を持たずに大手携帯キャリアから借りて
同様の通信サービスを行っているのがMVNOで、
そのMVNOが提供しているのが「格安SIM」となります。

自前の通信回線だと維持・管理さらには増強などに莫大な費用が掛かり、
それはユーザーが支払う料金に反映されます。

回線のレンタル料は維持・管理などの費用に比べると遥かに少なくて済むので、
MVNOは同様のサービスでも安く提供出来るというわけです。

MVNOと言えども利用する回線は大手携帯キャリアのものなので、
「通信の質」が落ちることはありません。

同様の質で同様のサービスが利用できて、
その上料金が安いとなれば「格安SIM」を利用しないと損なような気もしますよね。

確かに長年スマホを使い続けており、
料金が高いと感じているなら「格安SIM」を利用するのは有効な手段です。

しかしサポート面が充実しているとは言い難く、
万一のトラブルが起こった場合に十分なサポートを受けられない恐れもあります。

なので、
初めてのスマホで「格安SIM」を利用するのはハードルが高いのではないでしょうか。

先にも書いたように、大手携帯キャリアでは初めてスマホを持つ場合に
端末代や月額料金がおトクになるキャンペーンが行われています。

機械に強いもしくはそういう人が身近に居るということでもない限り、
初めてのスマホは大手携帯キャリアの方が無難だと思いますよ。

料金は?データの移行は?auでガラケーからスマホへ機種変更する前に知っておくべきこと

ガラケーからスマホへの乗り換え前に準備しておくこと

怠ると情報もお金もパー?

2016年現在携帯電話利用者の半数以上がスマホユーザーで、日本国内では
ガラケーを使っている人よりもスマホを使っている人の方が多くなっています。

そんな中、日本国内の携帯電話メーカーは
2017年度以降にガラケーの生産を終了することを決定しました。

これに伴って大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)各社では、継続してガラケーを
利用することは出来るものの、在庫が無くなり次第販売が中止されることになります。

そもそも、日本の国内メーカーが製造している従来のガラケーは日本独自の仕様で
作られており、日本国内でしか流通していません。

なので、スマホユーザーが多数派となり今後ガラケーの売り上げ増が見込めないこと、
日本独自のものを作り続けることで世界的な技術競争に取り残されてしまうこと、
などからガラケーの生産終了に踏み切ったものと思われます。

生産が終了したところですぐにガラケーがすぐに使えなくなるわけではありませんが、
いずれスマホへの乗り換えを迫られるのは間違いありません。

そこで、どのみち乗り換えなきゃいけないなら早いうちに、
とすでにスマホへの乗り換えを検討し始めている人も多いのではないでしょうか。

ただ、これまでの機種変更とは違って、ガラケーからスマホへ乗り換える前に
色々と準備をしておく必要があるんです。

アドレス帳はガラケーからスマホへ移行出来ますが、
内臓メモリに保存されている画像や動画は移行することが出来ません。

スマホに変えたらガラケーは不要だからと販売店などに引き取ってもらうと、
撮りためた写真やムービーを失うことになります。

そうならないようにするために、
消したくない写真や動画は外部メモリであるmicroSDカードにコピーしておきましょう。

使っているガラケーのカメラの画素数にもよりますが、1000万画素のものだと、
1GBで100枚程度は入りますよ。

それから、有料サイトに登録しているのであれば、
ガラケーからスマホに変えても継続して利用できるかを確認し、
利用できない場合にはスマホ乗り換え前に解約してください。

利用できない機種に変えたからといって自動解約されるわけでないので、
自分で解約しないと使えもしないサイトにお金を払い続けることになりますよ。

そしてもう1つ大事なのはおサイフケータイで、チャージ金が残っている場合には、
おサイフケータイ対応のスマホにし、移行の手続きをしなければいけません。

もし手続きを忘れると、
残っているチャージ金がパーになってしまうので気を付けてくださいね。

アドレス帳の移行は自分で

1つずつ入れ直す!?

ガラケーからスマホへの乗り換え時だけでなく、
機種変更をすると一番大きな問題となるのがアドレス帳の移行ですよね。

以前は、キャリアショップなどで機種変更を行った場合には、
保存している写真などとともにアドレス帳も移してもらうことが出来ました。

最近でも一部行っている店舗もあるようですが、基本的には個人情報保護の観点から
写真などのデータやアドレス帳をキャリアショップで移してもらうことは出来ません。

ということは当然アドレス帳の移行は自分で行うことになるわけですが、
別に1つずつ入れ直さなくてもまとめて移せます。

ただし自分で行う場合には、パソコンとmicroSDカードが必要となります。

まず、microSDカードをガラケーに挿してアドレス帳を開き、
サブメニューからコピーに進み、全件コピーを選択します。
(必要に応じて「選択コピー」や「グループコピー」を利用してください)

ガラケーからmicroSDカードを抜き取ってパソコンに挿し、
「SD_PIM」というフォルダを開くと末尾に「.VCF」が付いたファイルがあるはずです。

そのVCFファイルをメールに添付し、スマホのアドレス宛に送信、
あとはスマホに届いたメールの添付ファイルを開けばOKです。

データが破損する恐れがあるので、
ガラケーにmicroSDカードを抜き差しする際には電源を切っておきましょう。

もしパソコンやmicroSDカードが無い場合には、各携帯キャリアの公式サイトで
データ移行の手順が詳しく説明されているので、そちらを参照してみてください。

ガラケーからスマホでメールアドレスはどうなる?

これも自分で設定しないといけない

スマホだと「Gmail」などのフリーメールを使っている人も多いでしょうが、
ガラケーだとキャリアメールを使っていることが多いはずです。

ガラケーからスマホに変えたとしても、キャリアメールのアドレスは変わることはなく、
引き続きそのまま使うことが出来ます。

もちろん送受信履歴もそのまま移行されるので、
保存していたメールが消えることはありませんよ。

ただ、こちらもキャリアショップで行ってもらうことは出来ず、
自分で設定することになります。

設定の仕方は、各携帯キャリアの公式サイトに詳しく手順が示されているので、
そちらを参照するようにしてください。

auガラケーの料金

パケット定額を付けているとそれほど安くない?

ガラケーからスマホへ乗り換える際に一番気になることと言えば、
やっぱり料金ですよね。

一般的にガラケーよりもスマホの方が料金が高いと言われています。

そこで、大手携帯キャリアの1つであるauを例に、
ガラケーとスマホではどのぐらい料金に違いがあるのかを見ていきましょう。

まず、auのガラケー料金は
 ・基本使用料+パケット定額+EZ WINコース(300円)
という組み合わせが基本となります。

基本使用料のプランは
 ・カケホ(データ付)・・・5,700円
 ・カケホ・・・2,200円
 ・プランZ・・・934円
 ・プランE・・・743円
 ・プランSS・・・934円(無料通話1,000円)
 ・プランS・・・1,550円(無料通話2,000円)
の6つから選ぶことが出来ます。

これにパケット定額である
 ・ダブル定額スーパーライト・・・372~4,200円
を組み合わせます。

ただし、「カケホ(データ付)」はデータ定額が含まれているので
パケット定額を付ける必要はありません。

また「カケホ」については通話のみのプランとなっており、
データ定額やパケット定額を組み合わせることは出来ません。

さらに「プランZ」では、
料金が0~4,200円となる「ダブル定額Z」が自動的に適用されます。

通話のみとした場合は別として、パケット定額を合わせて
なおかつ上限まで使っていると月額5,200~7,000円程度となります。

auスマホの料金

結構ややこしい・・・

次にauのスマホの料金についてですが、
 ・基本使用料+データ定額+LTE NET(300円)
という組み合わせで、ガラケーの場合とほぼ同じになっています。

ちなみに、
ガラケーの「EZ WINコース」とスマホの「LTE NET」はともにインターネット接続料で、
一般的にプロバイダ料に当たるものだと思ってください。
(これが無いとインターネットに接続出来ません)

まず基本使用料は
 ・カケホ・・・2,700円
 ・スーパーカケホ・・・1,700円
 ・LTEプラン・・・934円
の3つです。

「カケホ」は電話かけ放題、「スーパーカケホ」は1回5分以内ならかけ放題、
「LTEプラン」はau以外への電話は従量課金となります。

これに合わせるデータプランは
 ・データ定額1(1GB)・・・2,900円
 ・データ定額2(2GB)・・・3,500円
 ・データ定額3(3GB)・・・4,200円
 ・データ定額5(5GB)・・・5,000円
 ・データ定額20(20GB)・・・6,000円
 ・データ定額30(30GB)・・・8,000円
 ・LTEフラット(7GB)・・・5,700円
の7通りとなります。

ただし、カケホではデータ定額1、スーパーカケホではデータ定額2を
組み合わせることが出来ず、LTEプランではLTEフラットしか選べません。

ちょっとややこしいので、簡単な表にしてみると
               カケホ    スーパーカケホ   LTEプラン
 ・データ定額1               4,900円
 ・データ定額2    6,500円
 ・データ定額3    7,200円     6,200円    
 ・データ定額5    8,000円     7,000円
 ・データ定額20   9,000円     8,000円
 ・データ定額30  11,000円    10,000円
 ・LTEフラット                           6,934円
と、これがスマホの料金プランとその金額です。

一概にガラケーの方が安いというわけでもなく、
使い方によってはスマホの方が料金が安くなることもあるんですね。

auスマホはじめるプログラム

ガラケーからスマホへの乗り換えがおトクになるキャンペーン

2016年12月現在、
auではガラケーからスマホへおトクに乗り換えられるキャンペーンを行っており、
その1つが「auスマホはじめるプログラム」です。

auのガラケーを26か月以上継続して使っていることが条件で、
料金プランも「スーパーカケホ+データ定額1」限定となります。

それでも、通常月額4,900円のこのプランが、最大3年間1920円割引の
月額2,980円で利用することが出来るんです。(端末代は別)

初めてスマホで使い方も分からないのに、先に書いたような
多数の組み合わせの中から自分に合ったものなんて簡単には選べませんよね。

少しデータ容量が少なめですが、メールやLINE、SNSぐらいで
動画を長時間見さえしなければ足りなくなるということはありません。

これまで長らくガラケーを使っていてスマホに変えた途端
ガンガン動画を見るということもないでしょうし、
初めてスマホを使うにはちょうど良いプランではないでしょうか。

auスマホ交換プログラム

こちらは端末代がおトクに

もう1つ「auスマホ交換プログラム」という、ガラケーからスマホへの乗り換えが
おトクになるキャンペーンがauでは行われています。

先の「auスマホはじめるプログラム」は月額料金が安くなりましたが、
こちらでは機種変更時の端末代が割引されます。

時期によって対象機種と割引金額が変わるようで、
2016年12月現在では8機種が最大20,000円の割引となります。

スマホが高いと言われるのには、月額料金もありますが、
端末代がガラケーに比べて格段に高額だということもあるんですね。

適用条件としては、
 ・auのガラケーを継続して16か月以上使用
 ・スマホのデータ定額プランへ加入
などとなっています。

先の「auスマホはじめるプログラム」との併用も可能で、スマホ本体を安く購入し、
3年間安い料金で利用することが出来ます。

ただし両キャンペーンともに終了時期が決まっておらず、
いつ終わってもおかしくないので、利用する場合にはお早めに。

機種変更がさらにおトクになる裏ワザ

電話するだけで30,000ポイント!?

auに限らず大手携帯キャリアでスマホやガラケーを使っていると、
ポイントが貯まりますよね。

最近はポイントカードのようになっていて買い物でも貯めらたりしますが、このポイントは
機種変更時の端末代や場合によっては月額料金の支払いに充てられたりします。

スマホやガラケーを使っているだけ貯まるとはいえ、
何万ポイントも貯めるにはかなり長い年月が掛かります。

ところが、サポートセンターに電話するだけで最大30,000ポイントが貰える
裏ワザがあるんです。

方法は簡単、auのスマホやガラケーで「157」とダイヤルし、ガイダンスに従って
 ・「3」ご契約内容→「2」他社への乗り換え、モバイルナンバーポータビリティ
に進むとオペレーターへと電話が繋がります。

そこで「MNP予約番号を発行してほしい」と伝えます。

そうすると、乗り換える理由と乗り換え先を聞かれるので、
「料金が安くなりそうなので、ドコモかソフトバンクに乗り換える」と答えます。

ここまで来るとオペレーターが「今なら特別にポイントをお付けできますが」と
提案してくるので、それに乗っかればOKです。

ただし、これは非公式な方法であり、ポイントが貰える条件などは一切分かりませんし、
聞いたところで教えてもくれません。

なので、実際に電話してみないことには何ポイント貰えるのか、
それどころかポイント自体が貰えるのかも分からないんです。

ポイントが貰えず、流れでMNP予約番号を発行してしまっても、
15日以内にそれを使って他社への乗り換えを行わない限りは解約にはなりません。
(発行から15日以上経つとその予約番号は無効となる)

先の「auスマホ交換プログラム」と合わせて利用すれば、
端末代はタダ同然にすること出来ますし、
スマホへの乗り換えの初期費用がかなり抑えられますよ。

初めてのスマホにオススメ機種

ガラケーみたいな使い心地?

ガラケーからスマホへ乗り換えた時に困るのが、
一から操作方法を覚えなきゃいけないってことですよね。

こだわりを持ってガラケーにしている若い人も居るかもしれませんが、
現在ガラケーを使っているということはある程度年齢を重ねていると思います。

年齢を重ねると新しいことが頭に入りにくくなってきますし、
中にはようやくガラケーの使い方を覚えたなんて人も居るかもしれません。

そんな人がいきなりiPhoneなど最先端機種を持ったところで、
すぐに使いこなせるわけがありませんよね。

そんなスマホ初心者にオススメの機種がauにはあります。

それが、2016年12月に京セラから発売されたばかりの「URBANO V03」で、
これから初めてスマホを持つシニア層に向けて開発された機種なんです。

シニア層向けの機種と言えば「かんたんケータイ」のように「いかにも」なデザインで、
決してオシャレな見た目ではないですよね。

そのため、いくら操作が簡単で使いやすくても
「かんたんケータイ」は持ちたくないという人が少なからず居るんだとか。

その点「URBANO V03」の見た目は普通の最新スマホと何ら違いがなく、
それでいて非常にシンプルな操作性となっています。

メニュー表示は見慣れたガラケースタイルですし、
何より文字入力がガラケーと同じ感覚で出来るというのが嬉しいですよね。

実物を見てもらうとよく分かりますが、
文字入力画面では下半分にガラケーと全く同じ配列のキーボードが現れるんです。

また、スマホで電話を受ける場合にはスワイプという画面をなぞるような操作をしますが、
慣れないとなかなか上手く出来ず、満足に電話を受けられないということもあります。

「URBANO V03」では本体側面に電話専用のボタンが付いており、
これを長押しすることでも電話を受けられるようになっています。
(もちろんスワイプでもOKです)

残念ながら先の「auスマホ交換プログラム」の対象には現在のところなっておらず、
「URBANO V03」を利用する場合は端末代が丸々自己負担となってしまいます。

機能的には多少落ちますが同様の操作を持つ「URBANO V02」が
キャンペーンの対象となっているので、そちらを使うのも良いと思いますよ。

ガラホという選択も

見た目、使い方はガラケーそのまま

確かに「URBANO」シリーズは、
スマホでありながらシンプルな操作性でガラケーのように扱うことが出来ます。

とはいえ、スマホであることに変わりはなく、
慣れるまではどうしても使いにくいということが出てきます。

時代の流れ的にスマホに変えないといけないのは分かるけど、
出来ればガラケーを使い続けたいと思っているなら「ガラホ」という機種がオススメです。

ガラホとは簡単に説明すると、見た目は二つ折りのガラケーそのものですが、
機能はスマホというものなんです。

操作方法は従来のガラケーと全く同じですが、中身はスマホですから
当然LINEも出来ますし、4GLTE対応なのでネット動画も見られます。

料金は、カケホとスーパーカケホがスマホよりも500円安いので、
ガラケー並とはいきませんが、それなりに安く利用できます。

ただ、先に紹介した2つのキャンペーンの対象とはならず、
今のところガラホへの乗り換えを対象としたキャンペーンも行われていません。

格安SIMってどうなの?

料金は確かに安いけど・・・

スマホの料金を安くするための方法として、
格安SIMを利用するということをよく耳にするようになりました。

格安SIMについて簡単に説明すると、大手携帯キャリアは自前の回線を持っており、
それを使って通信サービスを提供しています。

それに対して、自前の回線は持たず、
大手携帯キャリアから回線を借りて通信サービスを提供するのがMVNOで、
そのMVNOが販売しているのが格安SIMとなります。

自前の回線を持っていると維持・管理に莫大な費用が必要ですが、
借りれば維持・管理費より遥かに安いレンタル料だけで済むので、
その分料金を格段に安くすることが出来るというわけです。

ちなみに「SIM」というのは、スマホやケータイなどに挿すカードのことで、
これが無いと一切の通信サービスを利用することが出来ません。

代表的なMVNOは
 ・mineo
 ・楽天モバイル
 ・UQモバイル
などで、実際にTVCMで見かけたこともあるのではないでしょうか。

そのmineoを例に料金を見てみると
 ・500MB・・・1,512円
 ・1GB・・・1,620円
 ・3GB・・・1,728円
 ・5GB・・・2,462円
 ・10GB・・・3,477円
となっており、auと比べると大体3分の1ぐらいの金額となっています。
(すべて音声通話付き)

確かに料金だけのことを考えれば格安SIMを利用した方が良いんですが、
端末の故障などトラブルが起こった場合のサポートに不安が無いとも言えません。

スマホはガラケーよりも故障などのトラブルが起こるリスクが高いと言われているので、
スマホ初心者が最初に持つには少しハードルが高いと思います。

使わなくなったスマホでお試し利用

SIMカードが無くても・・・

SIMカードが無いとスマホで一切の通信サービスが利用できないと先に書きましたが、
確かにスマホ単体ではSIMカード無しでは通話もインターネットも出来ません。

ただ、自宅に光回線などの固定回線を引いており、
無線LANルーターを使ってWi-Fi化している場合には、
SIMカード無しでもインターネットなどを利用することが出来ます。

スマホなどのデータ通信量を節約するための方法でもあり、固定回線を使って
通信するのでSIMカードが無くてもインターネットが使えるというわけです。

もちろんSNSやLINEも利用できますし、
通話アプリを利用すれば電話を掛けることだって出来るんです。(有料の場合あり)

ただ、この方法だと通信できるのは自宅の中だけで、
外出先に持って行っても利用できません。

もし家族の不要になったスマホがあるなら、
この方法で試しにスマホを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

実際に乗り換える前に操作に慣れておくことも出来ますし、
どうしても馴染まないのであればガラホにするという判断にも使えますよ。

ガラケーからスマホへ機種変更でドコモの料金はどうなる?

ガラケーからスマホへ

変えたいけど不安

日本における携帯電話の契約件数が人口を越え、
文字通り1人に1台携帯電話を持っていて当たり前の時代となっています。

その中でもスマホユーザーが半数以上を占めるようになっており、
ガラケーからスマホへと時代はさらに進んでいますよね。

大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)各社でも中心はスマホで、
ガラケーの取り扱いは年々少なくなっているのが現状です。

しかし
 ・スマホの操作を覚えるのが面倒
 ・スマホに変えるタイミングが無い
など様々な理由でガラケーをそのまま使い続けている人が多いのもまた事実です。

どうしてもガラケーでないとダメだというならともかく、
スマホに変えたいんだけど料金のことや機種変更の方法など分からないことがあって
なかなか踏ん切りがつかないということもあるかもしれません。

そこで、
 ・ガラケーからスマホに変えるメリット、デメリット
 ・料金
 ・おトクな機種変更の仕方
 ・スマホを安く使う方法
などを紹介していきたいと思います。

スマホのメリット

使い勝手の良さに感動?

まずガラケーからスマホへと変えた場合のメリットについてですが、
スマホを持った初日から実感できるものとしては
 ・インターネットが速くなる
 ・無料通話アプリ「LINE」が使える
 ・写真がキレイに撮れる
などといったところでしょうか。

ガラケーではインターネットで文字だけのサイトを表示するのにも
結構時間が掛かりますが、スマホだと画像入りのサイトでも一瞬で表示されます。

これは通信速度の違いによるもので、
従来のガラケーでは通信速度が最大128Kbpsとなっています。

それに対してスマホでは、機種によって違いはあるものの、
最大300Mbps以上出るものもあり、実にガラケーの2000倍以上の速さなんですね。

細かい数字はともかく、初めてスマホを持って、
このインターネットが繋がる速さに驚かない人は居ないと言っても過言ではありません。

次に「LINE」ですが、
これを使いたいがためにガラケーからスマホへ変える人も多いのではないでしょうか。

携帯メールとは違い、こちらが送ったメッセージを相手が読んだかどうかが分かりますし、
複数の人と同時にメッセージのやり取りをすることも出来ます。

写真については、搭載されているレンズの性能に違いがあり、
画素数が同じでもスマホの方がキレイに写真が撮れるようになっているんですね。

スマホの扱いに少し慣れてくると
 ・TwitterやFacebookなどのSNS
 ・YouTubeなどの動画
 ・写真の加工
 ・アプリゲーム
などを楽しむことが出来るようになります。

スマホは手の平に収まるパソコンのようなもので、これがあるだけで交流の幅が広がり、
空き時間の使い方が劇的に変わりますよ。

スマホのデメリット

便利な反面リスクも・・・

何事もメリットがあればデメリットがあるわけで、
当然ガラケーをスマホに変えることでデメリットが発生することもあります。

まず料金で、詳しくは後述しますが、
現状ガラケーで月額5,000円以上払っている人はそれほど多くないと思います。

ところが、大手携帯キャリアのスマホだと月額5,000円以下で維持することは
ほぼ無理で、10,000円以上掛かることも珍しくありません。

端末の性能が上がり、大幅に便利になるわけですから仕方ないんですが、
さすがに月額料金が倍以上になるのは厳しいですよね。

また、端末の性能が上がるということはより精密な部品が使われているので、
ちょっとしたことで不具合が起こる恐れもあります。

海外のニュースではありますが、
有名メーカーのスマホが発火する事故も起こっていますし、
ことさら不安になってしまいます。

そして、これは使う人自身の問題ですが、
「スマホ依存」になってしまうということが挙げられます。

軽度なら時間を浪費する程度のことで済みますが、
重度になると片時もスマホを手放せなくなってしまうんです。

電車やバスの運転手がスマホを操作しながら運転していた、
なんてことが最近は度々ニュースになりますよね。

スマホを使っていない人からすれば理解出来ないかもしれませんが、
スマホの楽しさや便利さにハマると誰しもああなってしまう危険性があります。

スマホの料金について

どのぐらい高くなる?

先にも少し触れましたが、ガラケーからスマホへ変えることで
一番のデメリットとなるのが料金です。

ドコモを例にガラケーとスマホの料金の違いについて見ていきたいと思います。

FOMA契約の場合、基本料金は
 ・タイプシンプル・・・1,483円(無料通話無し)
 ・タイプSS・・・1,864円(無料通話1,000円)
 ・タイプS・・・3,000円(無料通話2,000円)
 ・タイプM・・・5,000円(無料通話4,000円)
 ・タイプL・・・8,000円(無料通話6,000円)
 ・タイプLL・・・13,000円(無料通話11,000円)
となります。

そしてパケット代が
 ・パケ・ホーダイフラット・・・5,700円
 ・パケ・ホーダイダブル・・・300~4,200円
 ・パケ・ホーダイシンプル・・・0~4,200円
となって、これにiモードの300円を加えた金額が実際に支払う月額料金となります。

電話を掛けない、インターネットもしないという条件付きではありますが、
 ・タイプシンプル+iモード+パケ・ホーダイシンプル
という組み合わせで月額1,783円に収めることも可能です。

スマホの場合、最安値で運用するためには
 ・カケホーダイ+spモード+データSパック
という組み合わせで月額6,500円となります。

単純に料金だけを見れば、スマホの方がガラケーよりも4倍近く高くなっています。

しかし、スマホのプランでは電話はかけ放題ですし、インターネットも2GBまでなら
この料金で出来るので、一概に高いというわけでもないんですけどね。

ドコモでおトクにスマホ乗り換え

知らないと損な3つの方法

ガラケーからスマホへ変えることで便利になる分、
月額料金が上がってしまうのは仕方のないことです。

しかし、機種変更した場合には月額料金以外にも端末代などの各種初期費用が必要で、
これが案外馬鹿にならない金額だったりするんですよね。

ところが電話番号はそのままにキャリアを変えるMNPなら、
その各種初期費用を払っても余るほどの高額なキャッシュバックが貰えるので
どうしてもそちらに目が移ってしまいがちです。

高額なキャッシュバックは確かに魅力ですが、
 ・キャリアメールのアドレスを変えたくない
 ・他社へ移る手続きが面倒
などの理由で携帯キャリアを変えたくないという人も少なくないはずです。

特にドコモのシェアパックで家族まとめて契約している場合には、
一人だけそこから抜けるというのも簡単には出来ませんよね。

実は、キャリアはドコモのままでおトクにガラケーからスマホへ機種変更出来る方法が
あるんです。

それでは、ドコモでガラケーからスマホへおトクに機種変更出来る3つの方法について
詳しく見ていきましょう。

機種変更はオンラインショップで

店頭ではムダが多い?

一昔前までは携帯電話の機種変更と言えば、キャリアの販売店か
全ての携帯キャリアを取り扱っている携帯ショップなどの店頭で行うのが当たり前でした。

現在でも、キャリアの販売店や家電量販店のスマホコーナーなど
店頭で機種変更を行うという人も少なくないはずです。

ところが、最近は大手携帯キャリアそれぞれに公式オンラインショップがあり、
店頭に行かずとも家に居ながらにして新規申し込みや機種変更が出来てしまいます。

実は、このオンラインショップを使うことが
ドコモでおトクに機種変更する1つ目の方法なんです。

オンラインショップのメリットとしてまず挙げられるのが、
「頭金が必要ない」ということです。

店頭で機種変更をする場合には、
事務手数料や端末代とは別に「頭金」といわれる初期費用が発生することがあります。

この頭金は販売店の利益になる部分のようで、
大抵2,000~5,000円程度の設定となっています。
(頭金が必要ない販売店もあります)

頭金はドコモに支払う料金ではないので、
オンラインショップで機種変更する場合には必要ないというわけです。

また、販売店では独自のキャンペーンが行われていることがあり、
その特典を受けるためにはいくつかのオプション加入が条件だったりします。

もちろん人によっては便利なものもあるんですが、
ほとんどの場合が「使わないだろ」というようなオプションなんですよね。

初月無料のものも多いので1か月以内に解約すれば問題無いものの、
忘れるとムダなオプション料金が発生することになってしまいます。

オンラインショップのキャンペーンにはこのような条件は無いので、
不要なオプションに加入する必要は一切ありません。

オンラインショップの機種変更は物理的にもおトク

店頭では欲しい物が無いことも・・・

オンラインショップでの機種変更は金銭的におトクなだけじゃありません。

販売店や家電量販店で機種変更する場合には結構時間が掛かり、
手続きだけでも1時間近く掛かることもあります。

手続きにある程度時間が掛かるのは仕方ないとしても、
それ以上に困るのが「待ち時間」ですよね。

予約が出来れば良いんですが出来ないことがほとんどで、数十分なんて当たり前、
1時間待たされることも珍しくありません。

土日など混雑しているときに行って3~4時間待たされた、
なんて経験をしたことがある人も居るのではないでしょうか。

これじゃあ機種変更するだけで休日が1日潰れてしまうことになりかねませんが、
オンラインショップならそんな心配はありません。

当然待ち時間なんてありませんし、24時間手続き可能なので、
営業時間を気にする必要もないんですね。

また、
販売店などでは特定の項目について説明することがスタッフに義務付けられており、
こちらが分かっていることでも説明を最後まで聞かないといけなかったりします。

オンラインショップなら分からない部分や知らないところだけを拾っていけばいいので、
手続き自体の時間も大幅に短くて済みます。(数分で済ませることも可能)

それから「端末の在庫が多い」ということも挙げられます。

販売店などでは、iPhoneなど人気機種は在庫切れで、
場合によっては1か月以上も入荷待ちとなることもあります。

オンラインショップはドコモ直営なので、
人気機種であっても在庫が切れることはそうそうなく、
欲しい機種が手に入れやすくなっています。

キャンペーンでおトクに

キャンペーンは新規ユーザー向けだけじゃありません

ドコモに限らず大手携帯キャリアのキャンペーンと言えば、
新規ユーザーを呼び込むためのものというイメージが強いですよね。

しかし最近はMNPによってキャリア変更が容易となったことで、
新規ユーザー呼び込みだけでなく、
既存ユーザー引き留めのためのキャンペーンも多くなってきています。

ドコモの場合、FOMA契約のガラケーからスマホへ機種変更する場合に限り、
基本料金が最大2年間半額以下になる「はじめてスマホ割」が行われています。
(2017年1月9日まで、各種条件あり)

それ以外にも、指定の機種への変更で割引額が増額される「冬のおとりかえ割」や
機種変更で不要となる端末を下取りに出すことで新しい端末の購入代金が割引となる
「下取りプログラム」などもあります。
(「冬のおとりかえ割」は2017年1月9日まで、「下取りプログラム」は終了時期未定)

このように、機種変更する場合でも月々の料金が安くなったり、
端末代など初期費用が安くなるキャンペーンがあるので、利用しない手はありませんよ。

MNP引き止めポイントでおトクに

サービスセンターでMNP予約番号を発行すると・・・

大手携帯キャリアのスマホや携帯電話を使っていると、
機種変更時などに使えるポイントが貯まりますよね。

最近は通常のポイントカードのようになっていて、
普段の買い物でも貯めることができたりもします。

端末代がタダになるほどポイントが貯まっていれば良いですが、
数万ポイントも貯めるのはそうそう簡単ではありません。

ところが、ドコモユーザーならドコモのインフォメーションセンターに電話するだけで、
最大20,000ポイントも貰えることがあるんです。

具体的にどうするかというと、まずオペレーターにMNP予約番号の発行を依頼します。

そうすると、
 ・他のキャリアに乗り換える理由
 ・どこのキャリアに乗り換えるか
などを聞かれます。

それに「乗り換えた方がおトクみたいなので、auかソフトバンクに乗り換える」と言うと、
「特別クーポンをお付けできますが」という提案が返ってくるんです。

この特別クーポンが機種変更時などに使えるポイントのことで、
ドコモなら最大で20,000ポイント貰うことができます。

これは一般的に「MNP引き止めポイント」と呼ばれるもので、
一部のユーザーには知られていますが、
携帯キャリアが公式に発表しているものではありません。

そのためポイントが貰える条件はハッキリしておらず、実際に電話をしてみないと
自分が貰えるのか、何ポイント貰えるのかは分かりません。

なので、誰でも貰えるわけではありませんし、貰えるとしても
必ず20,000ポイント貰えるわけではないということは覚えておきましょう。

格安SIMという選択

ガラケーよりも安くスマホが使える!?

料金が高くなるからという理由でガラケーからスマホに変えるのを
躊躇しているのであれば、格安SIMを利用するという方法もあります。

格安SIMの説明を簡単にしますと、ドコモなどの大手携帯キャリアはそれぞれに
独自の回線を持っており、それを使って通信サービスを提供しています。

それに対して、独自の回線を持たずに大手携帯キャリアなどの回線を借りて、
同様の通信サービスを行うのがMVNOとなります。

そのMVNOが販売しているのが格安SIMで、
大手携帯キャリアよりも遥かに安い料金でスマホが利用できるものなんです。

先に書いたように、ドコモのスマホだとカケホーダイに2GBのデータSパックを合わせた
一番安いプランでも月額6,500円掛かります。

それがドコモ系の最安値DMMモバイルの格安SIMだと、音声通話に
2GBデータ容量付きで月額1,380円と実にドコモの4分の1以下になっています。

ただ、MVNOは大手携帯キャリアに比べるとサポート面で不十分なところもあり、
ガラケーからいきなり格安SIMのスマホへというのは少しハードルが高いと思います。

機械には自信があるとか既に周りで格安SIMを使っている人が居るとかでないのなら、
料金は高くてもドコモのスマホに機種変更した方が安全です。

また、格安SIMでは通話は基本的に従量課金なので、通話中心の使い方をするので
あればカケホーダイのあるドコモの方が安くなる可能性がありますよ。

使い方を覚えるのが面倒ならガラホという方法も

見た目はガラケー、中身はスマホ

機械に強くなかったり、年配の人だと一から使い方を覚えるのが面倒だからと、
スマホに変えるのを躊躇っている場合も多いのではないでしょうか。

そんな場合には、「ガラホ」というものへの機種変更をオススメします。

ガラホは二つ折りで見た目は従来のガラケーそのものですが、
4GLTEが使えるなど中身は完全にスマホという機種になります。

これなら一から使い方を覚える必要もなく、LINEも使えますし、
高画質な動画を見ることだって可能です。

料金プランはスマホと同じですが、基本料金がスマホより500円安くなっており、
僅かながらスマホよりおトクに使うことが出来ますよ。

ただ、おサイフケータイに対応したガラホは今のところ無いので、
引き続きおサイフケータイを利用するのであれば対応のスマホを使うしかありません。

オススメの初めてのスマホ

総合的に見て「iPhone SE」が一番

ガラケーからスマホに変えるとしても、スマホは数多くの機種が発売されていますし、
どれを選ぶべきか迷いますよね。

あくまで筆者の独断ではありますが、今現在初めてスマホを持つのであれば
「iPhone SE」が一番良いのではないかと思われます。

ドコモでは、先に書いた「はじめてスマホ割」の対象機種として
iPhone SEが含まれており、料金面で大幅な割引が受けられます。

大きさも手ごろで重さもiPhone6や7に比べて軽く、扱いやすくなっています。

また、実際に使っている人も多いので、
万一トラブルがあった場合でも解決策を比較的簡単に見つけられます。

ただし、iPhone SEにはおサイフケータイ機能は搭載されておらず、
スマホでもおサイフケータイを使おうと考えているのであれば適していません。

ドコモで取り扱われているスマホは、
iPhone以外であればほとんどおサイフケータイに対応しています。

中でも2016年12月に発売されたばかりの「MONO MO-01J」は、
大容量バッテリーに使い方もシンプルと
初めてのスマホには持って来いとなっていますよ。

ドコモ・au・ソフトバンク大手携帯キャリアでiPhoneの月額料金を安くする方法は?

世界のiPhone事情

iPhoneをよく使っているのは日本人だけ!?

世界的にはiPhoneの人気は下がってきていると言われており、2012年以降は
韓国のSamsungがシェア1位、最近は中国系のHuaweiが躍進しています。

実際OS別のシェアを見てみると、
 ・Android・・・約8割
 ・iOS・・・約2割
で、世界的には圧倒的にAndroidスマホが主流となっているんですね。

ところが、こと日本に限るとそのシェアは逆転し
 ・Android・・・約3割
 ・iOS・・・約7割
と、日本では圧倒的にiPhoneユーザーの方が多くなっています。

何故日本だけが世界の潮流に逆らっているかについては、つい最近まで
「実質0円」で端末を手に入れられていたのが大きいのではないかと思われます。

オリンピックが行われたブラジルのリオデジャネイロで、
海外からの観光客を狙ったスマホ強盗が多発しているというニュースをよく耳にしました。

このことからも分かる通り、いわゆる開発途上国と言われるような国では
スマホとりわけiPhoneは高級品として扱われています。

加えて海外では、機能を省略して端末価格を抑えた廉価版Androidスマホがあり、
10,000円以下で手に入れることが出来ます。(日本ではほとんど見掛けません)

なので、高性能だけど高価格なiPhoneよりも少し性能は落ちても
格安で手に入れられるAndoroidスマホが海外では主流となっているんですね。

一方日本では、iPhoneもAndroidスマホも価格的には大きな違いがなく、
しかもどちらも「実質0円」で手に入れることが出来ました。

そうすると、より高性能だと思われるiPhoneの方が
日本では人気が高くなっているんですね。
(実際性能でAndroidスマホが劣るということはありません)

それから、日本人が韓国製品や中国製品を毛嫌いする傾向にあるということも
大きく関係しています。

バブル期などに輸入された韓国製品や中国製品に粗悪品が混ざっていたこともあり、
「韓国・中国製品=安かろう悪かろう」というイメージが日本人には強く残っています。

そうした背景もあって、日本ではSamsungやHuaweiのスマホよりもiPhoneに人気が
集まっているのではないでしょうか。

iPhoneの料金

大手キャリアに違いは無し

では、そんなiPhoneを日本国内で利用するには
どのぐらいの月額料金が必要なのでしょうか?

iPhoneの発売当初はソフトバンクでしか取り扱いがありませんでしが、現在では
ドコモ・auを加えた大手携帯キャリア3社どこでもiPhoneを利用することが出来ます。

まずドコモの料金プランでは
         カケホーダイ  カケホーダイライト 
 ・2GB・・・  6,500円
 ・5GB・・・  8,000円    7,000円
 ・20GB・・・ 9,000円    8,000円
 ・30GB・・・11,000円   10,000円
となっています。

次にauでは
          カケホ     スーパーカケホ
 ・1GB・・・             4,900円
 ・2GB・・・  6,500円
 ・3GB・・・  7,200円     6,200円
 ・5GB・・・  8,000円     7,000円
 ・20GB・・・ 9,000円     8,000円
 ・30GB・・・11,000円    10,000円
となります。

最後にソフトバンクは
          スマ放題    スマ放題ライト
 ・1GB・・・  5,900円     4,900円
 ・2GB・・・  6,500円
 ・5GB・・・  8,000円     7,000円
 ・20GB・・・ 9,000円     8,000円
 ・30GB・・・11,000円    10,000円
で、
面白いことに共通するデータ容量のプランでは3社とも全く同じ料金となっているんです。

なので、大手携帯キャリア3社どこでiPhoneを使っても
月額料金に違いは無いということですね。

ちなみに、「カケホーダイ」「カケホ」「スマ放題」は時間無制限で通話無料、
「カケホーダイライト」「スーパーカケホ」「スマ放題ライト」は1回5分までなら
通話無料となります。

iPhoneの料金を安くするには

使い方を把握して見合った節約方法を

auやソフトバンクの一番安いプランでも月額4,900円ですから
決して馬鹿に出来ない金額ですよね。

しかも、これにオプション料金や場合によっては通話料・通信料なども
別途発生するので、少なくとも月に6~7,000円掛かることになってしまいます。

より容量の大きいプランにすれば簡単に10,000円を越えてしまうので、
何とか節約出来ないかというのが大多数の人の意見だと思います。

iPhoneの料金を節約するためには、まず現状自分がどのように
iPhoneを使っているかを把握しておかないといけません。

通話がメインなのかデータ通信がメインなのかで見直すべき点が変わってきます。

それでは、通話とデータ通信に分けて
どのような点を見直せばiPhoneが節約出来るかを見てきましょう。

通話メインなら

5分以上電話をするか否か

仕事の関係や個人的な趣味でiPhoneを通話メインで使っている人も居ると思いますが、
この場合、1回で5分以上通話しているかどうかが重要となります。

もし仕事で電話を掛けるのが主で1回の通話はほとんど5分以内というのであれば、
通常のかけ放題プランは必要ありません。

1回5分以内の通話が無料となる
 ・カケホーダイライト(ドコモ)
 ・スーパーカケホ(au)
 ・スマ放題ライト(ソフトバンク)
なら、通常のかけ放題プランよりも月1,000円も安くて済みます。

しかし、友人や家族と月に何度も1~2時間の長電話をしてしまうという場合は、
通常のかけ放題プランにしておかないと逆に割高になってしまいますよ。

また、本当に通話メインでデータ通信は全くと言って良いほど使わないのであれば、
思い切ってデータ定額を外してしまうという方法もあります。

iPhone料金の大部分を占めるのがデータ定額なので、
これを外すと通常のかけ放題プランで月額3,000円、
1回5分以内かけ放題で月額2,000円となります。

ただしデータ通信が完全従量課金となるので、
多少なりともデータ通信を使うならこの方法では料金が高くなってしまうので
注意が必要です。

データ通信メインなら

ムダにデータ容量の大きいプランにしてませんか?

折角iPhoneを持っているのに、
通話メインでデータ通信はほとんど使わないという人はそれほど多くないはずです。

やはり多少なりともデータ通信は使うわけですから、
iPhoneの料金で大きな部分を占める通信料をいかに節約するかが
全体の料金を抑えるカギになります。

そのためには、まず自分が毎月どの程度の通信量を使っているかを把握し、
それに見合ったプランを選びましょう。

この際、特に注意しないといけないのは
「5GBプランで十分なのに20GBプランを選んでしまう」ということです。

先の大手携帯キャリアの料金プランを見れば分かる通り、
5GBプランと20GBプランの料金はたった1,000円の違いしかありません。

確かに1,000円余分に払うだけで15GBも多く通信出来るわけですから、
1GB当たりで考えると明らかに20GBプランの方がおトクですよね。

しかし、毎月5GBでもお釣りが来るぐらいしか通信量を使っていないのに
20GBプランで契約するのはムダでしかありません。

SNSやニュースサイトを見るぐらいで、YouTubeなどの動画はほとんど見ないという
使い方であれば月の通信量が5GBを越えることはほとんどありません。

もし5GBプランで頻繁に制限を越えてしまうという場合でも、制限を解除するために
支払う追加料金が年間12,000円以内なら、5GBプランの方が安くなりますよ。

通信量節約でiPhone料金を節約

結構通信量をムダに使っている!?

毎月の通信量を確認してみると、
自分が思っているよりも多くの通信量を使っているということがあると思います。

iPhoneに限らずスマホでは、
自分の知らないところでムダに通信量が消費されています。

そんなムダに使われる通信量を減らせば、制限解除の追加料金が必要無くなったり、
安いプランに変更出来たりと利用料金の節約にも繋がりますよ。

iPhone7などではホーム画面左側にウィジェットが追加出来るようになっており、
普段よく使うアプリなどをすぐ使えるようにしておけます。

非常に便利ではあるんですが、
追加するものによってはホーム画面にアクセスする度に通信をしてしまうんです。

例えば
 ・ニュース
 ・株価
 ・天気
など常に最新情報が求められるものがそれに当たります。

なので、ウィジェット画面一番下の編集で、
不要なウィジェットは全て削除しておきましょう。
(一度削除してもあとから追加出来ます)

こうすることで通信量が節約出来るだけでなく、若干ですが動作も軽くなり、
バッテリーの節約にも繋がりますよ。

極力Wi-Fiを活用する

固定回線があるなら使わない手は無い

iPhoneの通信量を節約するのに最も有効な手段だと思われるのが、
「Wi-Fiの活用」です。

自宅に光回線などの固定回線を引いているのであれば、
無線LANルーターを使ってWi-Fi化しましょう。

そうしてiPhoneをWi-Fi接続すれば、固定回線を通じて通信することになるので、
iPhoneの通信量を使わなくて良いんです。

自宅だけでなく、職場や学校などにも無料で利用出来る公衆無線LANが
設置されていることも多くなってきています。

カフェやファストフード、コンビニなどでも設置されていることがあるので、
Wi-Fi環境が整っている場所では出来る限りWi-Fiを活用するようにしましょう。

ただし、
無料で利用出来るWi-Fiはセキュリティ面が十分でない場合が少なくありません。

下手をすると通信内容が流出してしまう危険性があるので、
無料のWi-Fiを利用する時はパスワードの必要なサイトへのアクセスや
個人情報のやりとりはしない方が良いですよ。

モバイルルーターを使うという方法も

別途料金は掛かるが・・・

Wi-Fiの活用を一歩進めて、モバイルルーターを利用するという方法もあります。

ただモバイルルーターを使うには別途利用料が必要となるので、
通信量の節約にはなっても通信料の節約には繋がらないですよね。

モバイルルーターサービスの中でもWiMAXやYモバイルには、
月額4,380円で無制限に通信が出来るプランがあります。

もしiPhoneを5GB以上のプランにしているのであれば、
データ定額を外してWiMAXやYモバイルのモバイルルーターを利用した方が
月額料金が安くなるんです。

通信料が節約出来る上に、制限を気にすることなくデータ通信が
利用出来るようになるわけですから一石二鳥ですね。

ただし、この場合にはiPhoneの設定でモバイルデータ通信をOFFにしておかないと、
Wi-Fi接続出来ない場合にはLTEや3G回線を使って通信してしまいます。

データ定額を外した状態でLTEや3G回線を使うと従量課金となるので、
僅かな通信でも却って料金が高くなることもあります。

設定変更で通信量を減らす

iPhoneを操作していなくても通信はしている!?

iPhoneの料金は安くしたいけど、
別途利用料を払ってモバイルルーターを持つことまでは
出来ればしたくないということもあると思います。

実はiPhoneの設定を変更するだけでも通信量を減らすことができ、
引いてはiPhoneの料金の節約にも繋がるんです。

iPhoneの細かい設定については、
買った時の初期設定のままにしているという人も以外と多いのではないでしょうか。

基本的に初期設定はメーカーが推奨する設定ですから、
快適に使うのであれば特に変更する必要はありません。

しかし、快適に使える設定というのは
必ずしも財布やバッテリーに優しいとは限らないんですよね。

まず、比較的新しいiPhoneの機種には「Wi-Fiアシスト」機能が付いており、
Wi-Fiの電波が弱くなると自動的にLTEなどに切り替わるようになっています。

Wi-Fi接続時に電波が弱くなると通信が不安定になったり、遅くなったりしますから、
快適に通信するためには「Wi-Fiアシスト」は非常にありがたい機能です。

しかし、隙あらばiPhoneの回線を使っての通信に切り替えてしまうわけですから、
Wi-Fiを活用しているにも拘わらずiPhoneの通信量は
一向に減らないということになってしまいます。

なので「Wi-Fiアシスト」をOFFにすることで、Wi-Fiの活用と相まって、
それなりに通信量を減らすことが出来ます。

ただし、Wi-Fiの電波を探す作業が多くなるため、
ONにしている時よりもバッテリーの消費は早くなってしまう恐れもあります。

それから、iPhoneではアプリをいつでも最新の状態で使えるように、
バックグラウンドで更新する機能も付いています。

自分で更新作業をしなくて良いわけですから非常にありがたいんですが、
初期設定では全てのアプリを自動更新するようになっています。

なので、普段あまり使わないアプリの自動更新はOFFにしておき、
Wi-Fi接続時などにまとめて更新するようにしておくと通信量の節約になりますね。

これら以外にも、メールやSNSの画像読み込みをOFFにしておくのも効果的です。

1個1個が通信量は大したことありませんが、
見る数が多いものだけに塵も積もれば何とやらで
1か月のトータルでは結構な通信量を消費しています。

この状態でも所定の位置をタップすれば画像は読み込めますので、
不要なものを読み込まないようにするだけで通信量は節約出来ます。

不要なオプションは外せ

使っていない有料サイトの登録そのままにしていませんか?

大手携帯キャリアではそもそもiPhoneの利用料金が高いということもありますが、
料金を節約する上で意外と足枷になっているのがオプション料金です。

セキュリティソフトなどどうしても外せないものは仕方ありませんが、
不要なオプションや有料サイトの登録は外しておきましょう。

販売店などでiPhoneを購入すると、端末代などの割引条件として
使いもしないオプションや有料サイトに加入させられることがあります。

2~3か月の継続が義務付けられている場合もあるので、
強制加入期間が終われば速やかに外さないと損するだけです。

また機種変更した場合には、
以前の機種で使っていた有料サイトなどをしっかりチェックしておいた方が良いですよ。

特にガラケーから機種変更した場合は、
そのままiPhoneで引き続き利用することが出来ないことも少なくありません。

利用で出来ない機種に変更したからといって自動的に契約が切れるわけではないので、
ちゃんと解約するようにしてください。

iPhone自体を安く手に入れる

アップルローンを活用

iPhoneは利用料金も高いんですが、それ以上に本体価格が非常に高額です。

iPhone7を例に取ると
 ・32GB・・・72,800円
 ・128GB・・・83,800円
 ・256GB・・・94,800円
となっています。(2016年12月現在、アップル公式サイトでの金額)

これだけ高額だと中々一括支払いというわけにはいかず、
分割払いにしている人も少なくないはずです。

しかし分割払いにすると金利や手数料が発生し、
ヘタをすると支払総額が10万円を越えてしまいます。

そこで、「アップルローン」を利用することをオススメします。

アップルローンは、アップルの公式サイトやアップルストアで
30,000円以上の買物をした場合に利用出来るもので、
頻繁に金利・手数料が無料になるキャンペーンが行われているんです。

実際、24回払いまでなら実質金利・手数料がゼロになるキャンペーンが
2017年1月6日まで現在進行形で行われています。

iPhone自体が安くなるわけではありませんが、元が高いだけに金利や手数料も
馬鹿にならない金額となるので、それが無くなるだけでもかなりおトクではないでしょうか。

格安SIMという最終手段

月額料金が3分の1以下に!?

iPhoneに限らず、スマホを究極に安くするのであれば格安SIMを利用するという
選択肢は外せません。

もちろんiPhoneでも格安SIMは使えるんですが、
iPhone7及び7Plusに対応した格安SIMとなると少し限られてしまいます。

中でもオススメなのは
 ・FREETEL
 ・mineo
の2つでしょうか。

FREETELの料金プランは
 ・1GB・・・1,294円
 ・3GB・・・1,728円
 ・5GB・・・2,397円
 ・10GB・・・3,423円
 ・20GB・・・6,015円
で、mineoは
 ・500MB・・・1,512円
 ・1GB・・・1,620円
 ・3GB・・・1,728円
 ・5GB・・・2,462円
 ・10GB・・・3,477円
となっています。(いずれも音声通話付、mineoはDプランの料金)

大手携帯キャリアなら5GBプランで月額7,000~8,000円ですから、
格安SIMを利用すれば3分の1以下の料金になるんですよ。

ただし、SIMフリーでないiPhoneで格安SIMを使う場合には、
SIMロック解除が必要となる場合があるので事前に確認しておいてください。

どうすればソフトバンクスマホやガラケーの料金プランが最安になるか

ソフトバンクスマホの料金プラン

基本料金+データ定額

ドコモ・auと並ぶ国内3大携帯キャリアの1つであるソフトバンクは、
最後発ということもあり、当初は常に先の2社の後塵を拝する「3番手」でした。

ところが他社に先んじてiPhoneの販売権を獲得、
電話番号はそのままにキャリア変更が出来るMNPも相まって、
ソフトバンクに乗り換えるユーザーが爆発的に増えます。

ユーザー数で言えば2016年現在も「3番手」に変わりはないものの、
先のiPhone効果もあって2013年までユーザー純増数では
ドコモ・auを凌いでいたんですね。

現在はドコモでもauでも果ては格安SIMでもiPhoneが使えるようになっていますが、
当時はiPhoneを使いたいがためにソフトバンクに乗り換える人が多くいました。

このように携帯キャリアのユーザー数を増やすためには、
如何に魅力的な機種を取り扱えるかが大きなカギとなります。

とはいえ、いくら魅力的な機種があっても他社より端末代金や利用料金が割高では、
進んで利用しようとは思いませんよね。

やはり携帯キャリアを決める上では料金面も非常に重要ということで、
ここからはソフトバンクの2016年現在の料金プランについて見ていきたいと思います。

まず、ソフトバンクのスマホ料金プランでは
 ・基本料金+ウェブ使用料+データ定額又はパケット定額
という組み合わせが基本となります。

基本料金として
 ・スマ放題
 ・スマ放題ライト
 ・ホワイトプラン
の3つが用意されています。

ウェブ使用料は、インターネットを利用するために必要なプロバイダ料に当たり、
月額300円となります。

データ定額とパケット定額は
 ・データ定額ミニ1GB
 ・データ定額ミニ2GB
 ・データ定額5GB
 ・ギガモンスター データ定額20GB
 ・ギガモンスター データ定額30GB
 ・パケットし放題フラット
 ・パケットし放題
があります。

それでは、基本料金ごとに内容と金額について詳しく見ていきましょう。

スマ放題の月額料金

通話し放題の「標準プラン」

最初のスマ放題は、月額2,700円でキャリア問わず携帯電話や固定電話との通話が
24時間無料となります。

スマホと言えど携帯電話なので通話中心、
時には時間を気にせず長電話をしたいという人にはオススメの「標準プラン」です。

ただし、
 ・国際電話
 ・番号案内(104)
 ・テレドーム(0180)、ナビダイヤル(0570)など他社料金設定の番号
などへの発信については別途通話料が必要となります。

このスマ放題に合わせられるデータ定額とその料金は
 ・データ定額ミニ1GB・・・2,900円
 ・データ定額ミニ2GB・・・3,500円
 ・データ定額5GB・・・5,000円
 ・ギガモンスター データ定額20GB・・・6,000円
 ・ギガモンスター データ定額30GB・・・8,000円
となっています。

見て分かる通り、スマ放題に合わせられるのはデータ定額のみで、
パケットし放題フラットやパケットし放題を合わせることは出来ません。

スマ放題にウェブ使用料、そしてデータ定額を合わせて実際に支払うことになる金額は
 ・スマ放題+データ定額ミニ1GB・・・5,900円
 ・スマ放題+データ定額ミニ2GB・・・6,500円
 ・スマ放題+データ定額5GB・・・8,000円
 ・スマ放題+ギガモンスター データ定額20GB・・・9,000円
 ・スマ放題+ギガモンスター データ定額30GB・・・11,000円
となります。

ちなみに、データ定額では最大262.5Mbpsの高速LTE通信が利用出来ますが、
通信量が上限(データ定額5GBなら5GB)を越えると
通信速度が最大128Kbpsと1000分の1以下に制限されてしまいます。

スマ放題ライトの月額料金

同じく通話し放題、ただし1回5分以内

次のスマ放題ライトは、スマ放題と同様通話し放題で月額1,700円とスマ放題より
1,000円安くなっていますが、1回の通話が5分以内に限定されます。

もちろん5分以上通話出来ないということはありませんが、
5分を超えた分については別途通話料が発生してしまいます。

また、無料通話の対象外となる発信先がスマホ放題と同様にあります。(内容も同じ)

電話はよく掛けるけど5分以上話すことはほとんどない、
という人にはスマ放題よりもこちらのスマ放題ライトの方がオススメです。

このスマ放題ライトに合わせられるデータ定額とその料金は
 ・データ定額ミニ1GB・・・2,900円
 ・データ定額5GB・・・5,000円
 ・ギガモンスター データ定額・・・6,000円
 ・ギガモンスター データ定額・・・8,000円
となります。

スマ放題ライトでは、パケットし放題フラットとパケットし放題に加えて、
データ定額ミニ2GBも選択することが出来ません。

実際に支払う合計金額は
 ・スマ放題ライト+データ定額ミニ1GB・・・4,900円
 ・スマ放題ライト+データ定額5GB・・・7,000円
 ・スマ放題ライト+ギガモンスター データ定額20GB・・・8,000円
 ・スマ放題ライト+ギガモンスター データ定額30GB・・・10,000円
となっています。

ホワイトプランの月額料金

ソフトバンクユーザーにはお馴染みの旧プラン

最後のホワイトプランは、先の2つのように通話し放題というわけにはいきませんが、
その代わり月額料金が934円と格安になっています。

一応無料通話も可能で、1時~21時の間であれば
ソフトバンクのスマホ・携帯電話宛に限り通話料は無料となります。

このホワイトプランはスマ放題とスマ放題ライトが登場するまでの標準プランで、
古くからのソフトバンクユーザーにとってはお馴染みのものです。

ホワイトプランにはデータ定額を合わせることが出来ず、
 ・パケットし放題フラット・・・5,700円
 ・パケットし放題・・・2,000~6,200円
のどちらかしか選べません。

パケットし放題フラットは、月間7GBまでは高速通信が可能で7GB以上になると
大幅に通信速度が制限されるので、「データ定額7GB」と考えると分かりやすいですね。

パケットし放題については通信量が5MBまでは定額2,000円、
5MBから105.5MBまでは1パケットにつき0.05円の従量課金となります。

105.5MBを越えると定額6,200円のパケット使い放題ですが、
7GBを越えるとやはり大幅に通信速度が制限されます。

ホワイトプランにウェブ使用料、パケット定額を合わせた金額は
 ・ホワイトプラン+パケットし放題フラット・・・6,934円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題・・・3,234~7,434円
となっています。

ソフトバンクスマホを最安値で利用するには

「通話だけ」はもう出来ない

ソフトバンクで現在利用出来る料金プランは分かりましたが、
最安値で利用するにはどのように料金プランを組み合わせれば良いのでしょうか?

先に書いた料金プランの組み合わせから、基本料金ごとの最安値を見てみると
 ・スマ放題+データ定額ミニ1GB・・・5,900円
 ・スマ放題ライト+データ定額ミニ1GB・・・4,900円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題・・・3,234~7,434円
となります。

なので、データ通信が5MBまでという条件付であれば
「ホワイトプラン+パケットし放題」の月額3,234円がソフトバンクスマホの最安値です。

ただ、これまた条件付とはなってしまいますが、これより安く利用出来る方法もあります。

ソフトバンクでは以前、ウェブ使用料もパケットし放題も付けない
ホワイトプランのみという契約をすることが出来ました。

ウェブ使用料も付けないためインターネットはおろか携帯メールも使えず、
通話も基本的に従量課金ですが、その代わり月額料金は934円だけとなります。
(SMSは使えます)

ほぼ着信専用となるものの、
2台持ちの2台目としてこのような契約をしていた人も少なからず居たようです。

しかし現在では、ウェブ使用料とパケットし放題もしくはパケットし放題フラットが
強制加入となっており、ホワイトプランだけでの契約は出来なくなっています。

またスマ放題とスマ放題ライトでもウェブ使用料は強制加入となりますが、
スマ放題ではデータ定額は任意加入であり、付けずに契約することは可能です。

これだと、データ通信を一切しないことが前提ですが、「スマ放題+ウェブ使用料」の
月額3,000円となり、これが現状におけるソフトバンクスマホの最安値となります。

さすがに1,000円以下というわけにはいきませんが、通話はし放題なので、
以前のホワイトプランだけの契約よりは使い道があるのではないでしょうか。

ソフトバンクスマホの格安SIM

ソフトバンクのMVNOがほとんど無い・・・

スマホの料金を安くする方法として、「格安SIM」の利用がかなり定着してきています。

まず格安SIMについて簡単に説明すると、
ソフトバンクやドコモ、auと大手携帯キャリアなどは自らの通信回線を持っており、
それを利用したサービスを提供しています。

それに対して自らの回線を持たず、大手携帯キャリアなどから回線を借りて同様の
通信サービスを行うのが「MVNO」で、そのMVNOが提供するのが格安SIMです。

自らの回線を持っていると、基地局など通信施設の維持や管理、増設などが必要で、
そのために莫大な費用が掛かっています。

それは当然スマホなどの利用料金に転嫁されるので、
大手携帯キャリアの利用料金が割高になるというわけです。

一方MVNOは、自ら回線を持っておらず施設の維持・管理費用などは不要で、
代わりに回線のレンタル料を大手携帯キャリアなどに支払うだけとなります。

施設の維持・管理費用などに比べれば回線のレンタル料などは微々たるものなので、
同様のサービスでも格安で提供出来るんですね。

ではソフトバンクスマホで格安SIMを利用すれば、
月額料金はどのぐらい安くなるのでしょうか?

ソフトバンクの格安SIMを取り扱うMVNOとしてまず思い浮かぶのは、
ふてねこのTVCMで話題の「Yモバイル」ですよね。

確かにYモバイルはソフトバンクグループの一員ですし、
一部ソフトバンク回線も利用していますが、
厳密に言うとYモバイルはソフトバンクのMVNOではありません。

Yモバイルは「イーモバイル」と「ウィルコム」を前身としており、
自らの通信回線を有しているため、ソフトバンクのMVNOではないんです。

ドコモやauに比べて回線のレンタル料が高いようで、2016年12月現在
ソフトバンク回線を利用した格安SIMを取り扱うのは「Hitスマホ」1社だけです。

その「Hitスマホ」の料金プランと月額料金は
 ・3GBプラン・・・1,980円
 ・5GBプラン・・・2,380円
 ・10GBプラン・・・3,380円
となっています。

1社だけなので比較のしようがありませんが、
ソフトバンクに比べるとかなり安く利用出来るのは間違いありませんね。

回線のレンタル料が値下げされるようですし、
今後ソフトバンク回線を利用した格安SIMが数多く出てくることを期待しましょう。

ソフトバンク4Gケータイの料金プラン

2016年10月から4Gケータイでもスマ放題ライトが利用可能に

ソフトバンクではスマホだけでなく、4Gケータイ向けの料金プランも用意されています。

ちなみに4Gケータイとは、外見は二つ折で従来のガラケーと同じですが、
中身はスマホと同じ4GLTEが使える高性能な携帯電話のことです。

操作方法は従来のガラケーと全く同じですので、スマホに変えたいけど
操作方法を覚えるのが面倒、という人にはうってつけの機種なんです。

スマホの場合と同様に
 ・基本料金+ウェブ使用料+データ定額又はパケット定額
という組み合わせとなります。

2016年10月からは4Gケータイ向けの料金プランにもスマ放題ライトが追加され、
選べる基本料金は
 ・スマ放題
 ・スマ放題ライト
 ・ホワイトプラン
の3つとなっています。

ウェブ使用料についてはスマホと同じで、月額300円で固定です。

データ定額とパケット定額は
 ・データ定額ミニ1GB
 ・データ定額ミニ2GB
 ・データ定額5GB
 ・ギガモンスター データ定額20GB
 ・ギガモンスター データ定額30GB
 ・データ定額S(2.5GB)
 ・パケットし放題S
となります。

それでは、基本料金ごとに組み合わせられるデータ定額・パケット定額と
その金額について詳しく見ていきましょう。

4Gケータイ向けスマ放題の月額料金

基本料金はスマホよりも500円安い

まず4Gケータイ向けスマ放題ですが、通話し放題の内容はスマホと同じで、
月額料金は2,200円とスマホよりも500円安くなります。

組み合わせられるデータ定額と料金は
 ・データ定額ミニ1GB・・・2,900円
 ・データ定額ミニ2GB・・・3,500円
 ・データ定額5GB・・・5,000円
 ・ギガモンスター データ定額20GB・・・6,000円
 ・ギガモンスター データ定額30GB・・・8,000円
 ・データ定額S・・・0~4,200円
で、スマホには無かった「データ定額S」以外はスマホの時と全く同じです。

データ定額Sについては通信量105.5MBまでは従量課金で、
それ以降はいくら使っても4,200円の定額となるプランです。

ただし、1か月間の通信量が2.5GB(約2500MB)に達すると
通信速度が最大128Kbpsに制限されてしまいます。

実際に支払うことになる合計の月額料金は
 ・スマ放題+データ定額ミニ1GB・・・5,400円
 ・スマ放題+データ定額ミニ2GB・・・6,100円
 ・スマ放題+データ定額5GB・・・7,500円
 ・スマ放題+ギガモンスター データ定額20GB・・・8,500円
 ・スマ放題+ギガモンスター データ定額30GB・・・10,500円
 ・スマ放題+データ定額S・・・2,500~6,700円
となります。

4Gケータイ向けスマ放題ライトの月額料金

新たに加わった新プラン

先にも書いたように、1回5分以内の通話であればかけ放題となるスマ放題ライトが
4Gケータイでも2016年10月から利用出来るようになりました。

ただし、2016年10月から利用出来るのは新規契約や機種変更の場合のみで、
プラン変更だけの場合は12月21日以降でないと出来ません。

基本的なサービス内容はスマホ向けスマ放題ライトと同じで、
月額料金はやはりスマホ向けより500円安い1,200円となっています。

組み合わせられるデータ定額は
 ・データ定額ミニ1GB・・・2,900円
 ・データ定額5GB・・・5,000円
 ・ギガモンスター データ定額20GB・・・6,000円
 ・ギガモンスター データ定額30GB・・・8,000円
 ・データ定額S・・・0~4,200円
で、「データ定額ミニ2GB」やパケット定額は合わせられません。

実際に支払う月額料金の合計は
 ・スマ放題ライト+データ定額ミニ1GB・・・4,400円
 ・スマ放題ライト+データ定額5GB・・・6,500円
 ・スマ放題ライト+ギガモンスター データ定額20GB・・・7,500円
 ・スマ放題ライト+ギガモンスター データ定額30GB・・・9,500円
 ・スマ放題ライト+データ定額S・・・1,500~5,700円
となります。

4Gケータイ向けホワイトプランの月額料金

これはスマホ向けより500円安くなりません

続いて4Gケータイ向けホワイトプランについてですが、スマ放題とスマ放題ライトが
スマホ向けよりも料金が500円安くなっているので、これも期待してしまいますよね。

しかしホワイトプランでは残念ながら500円安くならず、
スマホ向けと同じ月額934円となっています。

少しガッカリするかもしれませんが、そもそも1,000円以下の料金設定なわけですから、
これ以上安くしろという方に無理がありますよね。

ホワイトプランに合わせられるのは
 ・パケットし放題S・・・0~4,200円
のみで、スマ放題などのようにデータ定額を選ぶことは出来ません。

ちなみにパケットし放題Sの仕組みは先のデータ定額Sと同じで、
105.5MBまでは従量課金、それ以降はどれだけ使っても4,200円の定額です。

通信量が2.5GBを越えると大幅に通信速度が制限されるというのも、
データ定額Sと同じですよ。

4Gケータイ向けホワイトプランで実際に支払う月額料金は
 ・ホワイトプラン+パケットし放題S・・・1,234~5,434円
となります。

3Gケータイ向け料金プラン

いわゆる従来のガラケー向けです

ソフトバンクでは、見た目はガラケー中身はスマホの4Gケータイだけでなく、
従来のガラケーに当たる3Gケータイを現在でも取り扱っています。

当然3Gケータイ向けの料金プランも用意されているので、
その内容を詳しく見てみたいと思います。

3Gケータイの料金プランも
 ・基本料金+ウェブ使用料+データ定額又はパケット定額
で、スマホや4Gケータイと同じ組み合わせとなります。

ただし基本料金は
 ・スマ放題
 ・ホワイトプラン
のいずれかで、スマ放題ライトは利用出来ません。

スマ放題に合わせられるデータ定額は、
月額3,500円で通信量上限無しの「データ定額(3Gケータイ)」のみです。

なので、3Gケータイでスマ放題を選んだ場合の月額料金は
 ・スマ放題・・・2,200円
 ・ウェブ使用料・・・300円
 ・データ定額(3Gケータイ)・・・3,500円
で、合計6,000円となります。

ホワイトプランの場合は
 ・パケットし放題フラット・・・4,200円
 ・パケットし放題・・・980~4,200円
 ・パケットし放題S・・・372~4,200円
の3つから選ぶことが出来ます。

ホワイトプランは934円ですから、月額料金の合計は
 ・ホワイトプラン+パケットし放題フラット・・・5,434円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題・・・2,214~5,434円
 ・ホワイトプラン+パケットし放題S・・・1,606~5,434円
となっています。

ソフトバンクガラケーでの最安値

他社からの乗り換えでさらにおトクに

ではソフトバンクガラケーを最安値で利用するには、
どのような料金プランの組み合わせが良いのでしょうか?

先に書いた料金プランで言えば、
ガラケーでも4Gケータイなら通話も通信もしない着信のみという使い方になりますが、
 ・ホワイトプラン+パケットし放題S・・・1,234円
が最安値です。

3Gケータイも「ホワイトプラン+パケットし放題S」の1,606円が最安値で、
こちらも着信専用となってしまいます。

2台持ちの2台目として使うのであればこれでも良いかもしれませんが、
さすがに電話を掛けることすら出来ないのは厳しいですよね。
(電話は掛けられますが、ソフトバンク以外に掛けると通話料が発生します)

そこで4Gケータイでスマ放題ライト・データ定額無しにすれば、
月額1,500円で1回5分以内の通話がかけ放題となります。
(通信は完全従量課金)

これなら2台目としても十分な安さですし、
条件付ながらかけ放題なので先のホワイトプランよりも使い勝手が良いですよね。

実はソフトバンクでは「ガラケーのりかえ割」というキャンペーンが行われています。

他社のガラケー(4G対応型を除く)からソフトバンクの3Gケータイに乗り換えると、
端末代は実質0円、スマ放題が1,480円で利用出来るんです。

データ定額を付けなければ月額1,780円で、スマ放題ライトにデータ定額無しより
若干高くなりますが、1回5分という縛りも無くなるのでより使い道が広がります。

ただし、このキャンペーンは終了時期が明確になっていないだけに、
いつ終わってもおかしくありません。

なので、もしこのキャンペーンを利用しようと考えているのであれば、
事前に行われていることを確認して早めに申し込むようにしてくださいね。

この料金プランでauのスマホ・ガラケーが最安で使える

auのスマホ料金プラン

結構複雑です・・・

2015年に大手携帯キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)が挙って
新しいスマホの料金プランへの移行を発表しました。

それから1年も経たない内にその新料金プランの見直しが行われ、
現状自分が契約している携帯キャリアの料金プランがどうなっているのか
分かっていない人も少なからず居ると思います。

中でもauは、ドコモやソフトバンクとの違いを鮮明にするためか、
利用出来るプランが多岐に渡り一度聞いただけでは理解出来ないほど
非常に複雑となっています。

auのスマホ料金体系は
 通話プラン+LTE NET+パケットパック
という組み合わせが基本です。

まず基本料金となる通話プランは
 ・カケホ
 ・スーパーカケホ
 ・LTEプラン
の3つがあります。

そして毎月利用出来る通信量を決めるパケットパックは
 ・データ定額1(1GB)   ・データ定額2(2GB)
 ・データ定額3(3GB)   ・データ定額5(5GB)
 ・データ定額20(20GB) ・データ定額30(30GB)
 ・LTEフラット(7GB)
の7通りから選ぶことが出来ます。

ただし、これらの通話プランとパケットパックを自由に組み合わせられるわけではなく、
これがauの料金プランを分かりにくくしている大きな要因となっています。

ちなみに真ん中の「LTE NET」はインターネット接続料であり、
月額300円でこれは選択の余地がありません。

それでは、通話プラン毎に組み合わせられるパケットパックと
実際に支払うことになる金額について具体的に見ていきましょう。

通話し放題のカケホ

国内通話24時間かけ放題

まず「カケホ」ですが、固定電話や他社のスマホ・携帯電話などに拘わらず
国内通話が24時間かけ放題となるプランで、月額料金は2,700円です。

ただし
 ・SMS(ショートメッセージサービス)
 ・国際電話
 ・番号案内サービス(104)
 ・行政1XYサービス(188/189)
 ・他社接続サービス通信(宅配便の再配達受付や企業のお問い合わせ窓口など)
などを発信先とする場合は別途通話料が必要となります。

SNSが発達し電話を掛けることが少なくなったと言われますが、
友達などと気兼ねなく長電話を楽しみたいという人にオススメのプランです。

カケホと組み合わせられるパケットパックとその料金は
 ・データ定額2・・・3,500円
 ・データ定額3・・・4,200円
 ・データ定額5・・・5,000円
 ・データ定額20・・・6,000円
 ・データ定額30・・・8,000円
となり、「データ定額1」と「LTEフラット」を組み合わせることが出来ません。

では実際に支払うことになるカケホとパケットパック、LTE NETの合計金額は
 ・カケホ+データ定額2・・・6,500円
 ・カケホ+データ定額3・・・7,200円
 ・カケホ+データ定額5・・・8,000円
 ・カケホ+データ定額20・・・9,000円
 ・カケホ+データ定額30・・・11,000円
となっています。

5分以内の通話ならかけ放題のスーパーカケホ

長電話しない人にオススメ

先のカケホと同様に、固定電話や他社のスマホ・携帯電話に拘わらず
24時間国内通話し放題で月額1,700円なのが「スーパーカケホ」です。

ただしカケホと違って「1回5分以内」という条件付で、
5分を越えた分は別途通話料金が発生します。

なので、電話は頻繁に掛けるけど長電話はほとんどしないという人には、
カケホより月に1,000円も安いスーパーカケホの方がオススメです。

このスーパーカケホと組み合わせられるパケットパックとその料金はそれぞれ
 ・データ定額1・・・2,900円
 ・データ定額3・・・4,200円
 ・データ定額5・・・5,000円
 ・データ定額20・・・6,000円
 ・データ定額30・・・8,000円
で、「データ定額2」と「LTEフラット」は組み合わせられません。

実際に支払う月額料金は
 ・スーパーカケホ+データ定額1・・・4,900円
 ・スーパーカケホ+データ定額3・・・6,200円
 ・スーパーカケホ+データ定額5・・・7,000円
 ・スーパーカケホ+データ定額20・・・8,000円
 ・スーパーカケホ+データ定額30・・・10,000円
となります。

無料通話無しのLTEプラン

以前はみんなこれでした

最後の「LTEプラン」は、月額934円と先の通話プランよりも安い代わりに
au同士を除く通話では別途通話料が発生するようになっています。

ただし、au同士で通話料無料なのは1時~21時の間だけで、
21時~翌1時までの通話はau同士でも別途通話料が必要です。

いわゆる「旧プラン」と言われる従来からあるスマホの通話プランで、
新料金プランに移行するまでauのスマホではこれしかありませんでした。

ドコモでは新プランへの移行と同時に旧プランへの新規申し込みや変更が
出来なくなりましたが、auではそのまま残っているんですね。

組み合わせられるパケットパックは「LTEフラット」のみで、
先の2つの通話プランのようにデータ定額を合わせることは出来ません。

LTEフラットは月額5,700円で、1か月間で通信量7GBまで利用することが出来ます。

よって、LTEプランにLTEフラット、LTE NETを合わせた月額料金の合計は
6,934円となります。

auスマホの最安値

インターネットを使わないのであれば・・・

auの料金プランについて詳しく見てきましたが、
実際auのスマホを最安値で運用するにはどのような組み合わせが良いのでしょうか?

基本料金となる3つの通話プランそれぞれの最安値を見ると
 ・カケホ+データ定額2・・・6,500円
 ・スーパーカケホ+データ定額1・・・4,900円
 ・LTEプラン+LTEフラット・・・6,934円
であり、「スーパーカケホ+データ定額1」の組み合わせが一番安いことが分かります。

ただこの組み合わせだと、
電話はかけ放題だけど1回5分以内という条件付になりますし、
通信量も月にたったの1GBしか使えません。

通信量1GBというのはYouTubeで標準画質動画を約8時間見ることが出来ますが、
1日当たりでは20分も見られない計算になります。

当然SNSやネットサーフィンでも通信量は消費するわけですから、
実際は1日に10分も動画が見られれば良い方じゃないでしょうか。

スマホの使用が通話メインなら、1回5分以内という条件付のスーパーカケホより
時間に関係無くかけ放題となるカケホの方が断然割安です。

また1GB当たりの金額で考えると
 ・データ定額1・・・2,900円
 ・データ定額2・・・1,750円
 ・データ定額3・・・1,400円
 ・データ定額5・・・1,000円
 ・データ定額20・・・ 300円
 ・データ定額30・・・ 267円
と、データ定額1が最も割高となってしまいます。

なので、データ通信をメインとするのであれば20GBや30GBという大容量プランを
選んだ方が、額面は高くなりますが、割安なんですよ。

ただいくら割安と言えども、スマホで月間に20GBも30GBも使い切る人は
ほとんど居ないと思います。

余った通信量は翌月に繰り越せますが、
余らすぐらいなら電話を掛けないことを前提に
旧プランである「LTEプラン+LTEフラット」を選ぶのも悪くはありませんね。

au回線を使った格安SIMの最安値

選択肢は多くない・・・

スマホ代の最安値を語る上では、格安SIMの存在を無視するわけにはいきません。

格安SIMは一般的にもかなり浸透してきていますが、
念のために簡単な説明をしておきます。

auやドコモ、ソフトバンクなどは国から許可を受けて独自の通信回線を持ち、
それを使って通信サービスを提供しています。

それに対して、独自の通信回線は持たずにauやドコモ、ソフトバンクなどの
回線事業者から回線を借りて同様の通信サービスを行っているのがMVNOになります。

このMVNOが提供しているのが格安SIMで、回線は持っていないので
維持・管理費などが必要無く、その分料金を安く設定出来るんですね。

同じ大手携帯キャリアでもドコモには10を越える格安SIMがありますが、
2016年現在au回線が利用出来る格安SIMは
 ・mineo
 ・UQモバイル
 ・IIJmio(みおふぉん)
 ・Fiimo
の4つしかありません。

分かりやすくするため、全社に共通してある3GBプランの月額料金で比較してみると
 ・mineo・・・1,630円
 ・UQモバイル・・・1,814円
 ・IIJmio・・・1,728円
 ・Fiimo・・・1,728円
であり、全てauの3分の1以下の金額となっています。

選択肢こそ多くありませんが、
格安SIMにすることで十分安くau回線を利用することが出来そうですね。

ガラホって何?

見た目はガラケー中身はスマホ、その名は「ガラホ」

続いてauのガラケーの料金プランについて見ていくんですが、
その前に「ガラホ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

文字通り「ガラケー」と「スマホ」を合わせた造語で、
auのみならずドコモやソフトバンクでも2015年から新たに導入された機種です。

形状は折りたたみ式でガラケーそのものですが、
中身はスマホ仕様の高機能となっている携帯電話なんですね。

操作方法はタッチパネルではなくテンキーや十字キーで行うので、
従来のガラケーと全く同じ感覚で使用することが出来ます。

でも中身はスマホですからLTEにも対応しているのでSNSの「LINE」も使え、
Wi-Fiやテザリングといった機能まで備えています。(テザリングは申し込みが必要)

長年使ってきたガラケーの操作に慣れているので今更スマホに変えるのは抵抗がある、
でも家族や友人とLINEで会話がしてみたいという人にはピッタリの端末となっています。

ガラホの料金プラン

こちらもスマホに負けじとややこしい

auのスマホ料金もかなりややこしいものでしたが、
ガラケー料金もそれに負けず劣らずややこしいものとなっています。

ガラケーの料金プランには
 ・LTE対応のガラホ用
 ・従来のガラケーと3G対応スマートフォン用
の2通りがあります。

従来のガラケーでガラホ用の料金プランが選べないのはもちろん、
ガラホで従来のガラケー用のプランを選ぶことも出来ないようになっています。

まずガラホ用の料金プランについてですが、基本料金となる通話プランが
 ・カケホ・・・2,200円
 ・スーパーカケホ・・・1,200円
 ・VKプラン・・・998円
 ・VKプランS・・・998円(無料通話1,100円)
 ・VKプランK・・・1,620円(無料通話2,600円)
の4種類となっています。

それにパケットパックを合わせるわけですが、そのパケットパックは
 ・データ定額1・・・2,900円
 ・データ定額2・・・3,500円
 ・データ定額3・・・4,200円
 ・データ定額5・・・5,000円
 ・ダブル定額・・・500~4,200円
 ・ダブル定額Z・・・0~4,200円
となります。

ちなみに、ダブル定額は基本的に従量課金ですが4,200円に達すると、
それ以上はいくら使っても料金が上がらない仕組みです。(通信量の上限は2GB)

ただし、スマホの時と同様組み合わせ自由ではなく、
通話プランによって組み合わせられるパケットパックが決まっています。

まずカケホに合わせられるパケットパックとその合計金額は
 ・カケホ+データ定額2・・・6,000円
 ・カケホ+データ定額3・・・6,700円
 ・カケホ+データ定額5・・・7,500円
 ・カケホ+ダブル定額Z・・・2,500~6,700円
となります。

次にスーパーカケホだと
 ・スーパーカケホ+データ定額1・・・4,400円
 ・スーパーカケホ+データ定額3・・・5,000円
 ・スーパーカケホ+データ定額5・・・6,500円
 ・スーパーカケホ+ダブル定額Z・・・1,200~5,400円
です。

VKプランとVKプランSは
 ・VKプラン(S)+ダブル定額・・・1,498~5,198円
 ・VKプラン(S)+ダブル定額Z・・・998~5,198円
で、VKプランMだと
 ・VKプランM+ダブル定額・・・2,120~5,820円
 ・VKプランM+ダブル定額Z・・・1,620~5,820円
となっています。

ガラケーの料金プラン

通話プランのみにすることも可能

スマホ・ガラホの料金プランがややこしかったんですが、
ガラケーはそれに比べると少しだけシンプルです。

基本料金となる通話プランですが、
 ・カケホ(データ付)・・・5,700円
 ・カケホ・・・2,200円
 ・プランZ・・・934円
 ・プランE・・・743円
 ・プランSS・・・934円(無料通話1,000円)
 ・プランS・・・1,550円(無料通話2,000円)
の6種類から選びます。

スマホやガラホではパケットパックも複数あり、しかも通話プランと自由に
合わせられないことがややこしくさせる要因となっていました。

ところがガラケーの料金プランでは、
 ・ダブル定額スーパーライト・・・372~4,200円
の1つだけなんです。

ただし「プランE」は少し例外で、ガラホでいうところの「ダブル定額Z」が自動適用となり、
一切データ通信をしなければ通信料は0円です。

また「カケホ(データ付)」には月額3,500円で通信量上限無しのデータ定額が
含まれているので、ダブル定額スーパーライトを合わせる必要はありません。

それからauのガラケーでは、パケットパック無しで通話プランのみの契約も
出来るようになっています。(携帯メールは使えません)

これだけ月額1,000円以下で運用することも可能ですが、
注意しなければいけないのは通話プランのみの契約でも
データ通信が使えるということです。

プランEはダブル定額が自動適用ですし、
プランZ・SS・Sについてもデータ通信したあとからでもダブル定額が追加出来るので、
それほど問題ではありません。

ただカケホの場合だけは上限20,000円の従量課金となってしまい、
安く運用するつもりが却って高額請求に繋がる恐れもあるので気を付けましょう。

ガラケーの最安値

ガラホもガラケーも1,000円以下で使える

ではauのガラホやガラケーを最安値にすると、
月額いくらぐらいで使うことができるのでしょうか?

まずガラホの最安値は、VKプランもしくはVKプランSにダブル定額Zを合わせた
月額が998~5,198円となるプランです。

これだとデータ通信を一切しなければ月額998円ですし、
VKプランSにしておけば1,000円分の無料通話も付くのでおトクですよね。

ただデータ通信を使うとすぐに上限5,198円になってしまうので、
データ通信を使うのであればスーパーカケホにデータ定額1を合わせた
月額4,400円のプランの方が安く使えますよ。

次にガラケーの最安値ですが、
プランEを選択して一切データ通信をしなければ月額734円での運用が可能です。

しかしこれだと無料通話が付いていませんし、当然携帯メールを使うことも出来ません。

通話だけで良いのなら1,000円分の無料通話が付いたプランSS、
携帯メールを使うならプランEにインターネット接続サービスEZ WIN(月額300円)を
付けると良いですよ。

データ通信を一切使わないという条件付ではありますが、
auなら1,000円以下でガラホもガラケーも使うことが出来るんですね。

auのガラケーは風前の灯?

2017年以降製造中止・・・

2016年現在携帯電話契約者の半数以上がスマホユーザーとなっており、
今やモバイル通信の主役はスマホとなりつつあります。

と同時に、約4割の人は愛着や使い勝手など様々な理由から
いまだにガラケーを使い続けているということでもあるんです。

しかし時代の潮流に逆らうことは出来ず、
auで2016年に発売された新機種の中にガラケーの姿はありませんでした。

それだけでなく、2017年以降はガラケーの製造自体を中止することも
明らかとなっており、今後ガラケーのモデルはガラホへと集約されることになります。

現状では在庫が無くなっても端末を自己調達して持ち込めば契約出来ますが、
製造を中止する以上は近い将来ガラケーの料金プランも廃止になるのは
間違いありません。

49か月以上ガラケーを利用している人であれば、
実質0円でガラホに機種変更出来るキャンペーンが2016年12月末まで
行われています。

ガラホならガラケーの操作そのままに使えるので、
この機会にガラホに乗り換えておくのも良いのではないでしょうか。

auガラケーで格安SIM

ガラケーの格安SIM自体がほとんど無い

auのガラケー料金プランはスマホに比べると格段に安いですが、
格安SIMを利用するとさらに安くすることは出来るのでしょうか?

元々格安SIMはスマホの料金抑制を目的に始まったサービスであり、
ガラケーに対応した格安SIM自体がほとんどありません。

唯一「b-mobile」がガラケーに対応した格安SIMを販売していますが、
現状動作確認がされているauのガラケー機種は無いようです。

「b-mobile」はドコモの回線を利用した格安SIMを提供するMVNOなので、
ドコモのガラケーならいくつか使える機種があります。

ただ、ガラケーに格安SIMを合わせても音声通話が使えるのみで、
携帯メールを含めたデータ通信の一切が出来ないようになっています。

そもそもガラケーならauと契約しても月額1,000以下で利用することも
出来るわけですから、わざわざ格安SIMを探す必要がありませんよね。

最安でドコモのスマホ・ガラケーを使うための料金プラン組み合わせ

スマホの料金プラン

次々と変わるので分かりにくい・・・

2016年現在携帯電話の総契約件数は日本の人口を上回っており、
持っていない人を見つける方が難しいほど携帯電話は身近なものとなっています。

中でもスマホを持つ人の割合が50%を越え、
携帯電話の主流はガラケーからスマホへと変わったと言っても過言ではありませんね。

ガラケーからスマホへ携帯電話端末が進化したことは
ユーザーにとってありがたいことですが、同時にありがたくないことでもあります。

それは月額料金の問題であり、
スマホにすることで確実にガラケーよりも毎月の支払い額が多くなってしまいます。

毎月の料金が高いことも問題なんですが、
それ以上にガラケーよりも料金プランが複雑なのも困りものですよね。

加えて、高いながらもスマホの料金がようやく馴染んできた2015年に
大手携帯キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)が揃って新料金プランへ移行します。

さらに2016年には新たな料金プラン追加が行われ、
この2年で大幅に変わったことも複雑さに拍車を掛けています。

そこで、大手携帯キャリアの中でも最もユーザーの多いドコモのスマホ料金プランが
2016年11月現在どうなっているかを見てみましょう。

スマホを家族でまとめて契約することも出来る

毎月のデータ量を分け合える

ドコモの新料金プランでは、
家族でデータ量を分け合えることを大々的にアピールしています。

例えば4人家族で月間データ量が10GBのプランであれば、
単純に1人2.5GBずつでなくとも、
1人が7GBあとの3人が1GBずつなんて使い方も出来ます。

旧プランでは余ったデータ量はムダになっていましたが、
新プランでは他の人が使えるのでムダにならないというわけです。

家族でまとめて契約する場合でも、基本料金である「カケホーダイ」と
インターネット接続サービス料「spモード」は全員分必要となります。

完全通話し放題の「カケホーダイ」は2,700円、1回5分以内の通話ならし放題の
「カケホーダイライト」は1,700円、「spモード」は300円です。

そしてスマホの月額料金の大部分を占めるデータ料金「パケットパック」の
月間データ量と料金は、
                  データ量     料金
 ・シェアパック5          5GB    6,500円
 ・シェアパック10        10GB    9,500円
 ・シェアパック15        15GB   12,500円
 ・ウルトラシェアパック50   50GB   16,000円
 ・ウルトラシェアパック100 100GB   25,000円
とそれぞれなっています。

以前は20GBと30GBのプランもありましたが、
50GBと100GBが追加されたことで2016年9月をもって新規受付が終了しています。

ただし、「パケットパック」の料金が必要なのは家族の代表者だけで、
あとの人は「シェアオプション」の500円だけでOKです。

具体的に、家族3人で「シェアパック10」に加入した場合の月額料金は
 ・カケホーダイ   ・・・2,700円X3人=8,100円
 ・spモード     ・・・  300円X3人=  900円
 ・シェアパック10 ・・・9,500円X1人=9,500円
 ・シェアオプション ・・・  500円X2人=1,000円
で、合計19,500円となります。(各種割引を含まず)

「カケホーダイライト」を選択した場合には3,000円安くなるので、
月額料金の合計は16,500円です。

1人で契約することも可能

20GBと30GBが追加

家族でまとめて契約することも出来ますが、
もちろんこれまで通り1人で契約することも出来ます。

まず「カケホーダイ」もしくは「カケホーダイライト」と「spモード」の料金が必要で、
ここまでは家族でまとめる場合と同様です。

違うのは「パケットパック」の部分で、
1人で契約する場合の「パケットパック」のデータ量と料金は                 
                 データ量    料金
 ・データSパック        2GB    3,500円
 ・データMパック        5GB     5,000円
 ・ウルトラデータLパック  20GB    6,000円
 ・ウルトラデータLLパック 30GB    8,000円
となっています。

以前は8GBの「データLパック」がありましたが、
20GBと30GBが追加されたことで廃止となりました。

それから1つ注意点として、1人での契約の場合は
「カケホーダイライト」と「データSパック」を組み合わせることは出来ません。

それぞれの月額料金合計は
                 カケホーダイ   ライト
 ・データSパック・・・     6,500円
 ・データMパック・・・     8,000円   7,000円
 ・ウルトラデータLパック   9,000円   8,000円
 ・ウルトラデータLLパック 11,000円  10,000円
となります。

ドコモの最安値プラン

額面か1GB当たりか

家族でまとめるにしても1人で契約するにしても、
月額料金を最安値にするのであれば、一番データ量の小さいものを選ぶだけです。

家族でまとめる場合、先の具体例の「ウルトラシェアパック50」を「シェアパック5」に
変えれば9,500円安くなり、月額料金合計は16,500円となります。

1人で契約する場合なら、
「データSパック」を選べば月額6,500円でスマホを使うことが出来ます。

ただこれでは使えるデータ量があまりにも少なく、
1GB当たりで計算すると最も高額なプランとなっています。

1GB当たりで考えると、2016年に新たに追加された
 ・ウルトラシェアパック50
 ・ウルトラシェアパック100
 ・ウルトラデータLパック
 ・ウルトラデータLLパック
が圧倒的に安いんです。

月間の使用データ量が上限に達した場合には大幅に通信速度が制限され、
インターネットが快適に使えなくなります。

その制限を解除するためにはデータ量の追加が必要で、
1GB追加する毎に1,000円掛かります。

自分のデータ使用量に見合った「パケットパック」を選ばないと、
額面だけを気にしていると却って支払い額を多くすることになりかねませんよ。

安さを求めて格安SIMへ

同じドコモ回線が月額1,000円台!?

ドコモのスマホは安く収めようとするとデータ量が足りないし、
データ量が多いものを選ぶと料金が跳ね上がってしまいます。

ドコモに限らず大手携帯キャリアの料金プランでは、
安さと十分なデータ量の両立はまず無理なんですね。

そこでこの1~2年俄に注目を集めているのが「格安SIM」なんですが、
聞いたことはあるけどよく分からない人も居るかと思うので簡単に説明します。

ドコモ・au・ソフトバンクなどは独自の通信回線を持ち、
それを利用した通信サービスを提供しています。

それに対して、大手携帯キャリア3社の通信回線を借りて
同様に通信サービスを行っているのがMVNOで、
このMVNOが提供するのが「格安SIM」なんですね。

要するに、大手携帯キャリアよりも大幅に安い月額料金で、
同じ様に通話もインターネットも出来るものぐらいの認識で大丈夫です。

実際どのぐらい安いかと言うと、ドコモで月額6,500円掛かる2GBのプランが
格安SIMだと月額約1,300円なんです。

ただこれだけ安いといわゆる「安かろう悪かろう」で、通信速度が最初から遅かったり、
対応エリアが恐ろしく狭いなど使い勝手が悪くないか心配になりますよね。

しかし格安SIMでも利用するのはドコモの回線であり、
遅かったり狭かったりという心配は不要です。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)にも対応しているので、
大手携帯キャリアで使っている電話番号そのままに格安SIMに乗り換えることも
可能となっています。

ただし、ドコモでは通話し放題でしたが、格安SIMだと通話は基本的に従量課金なので、
長時間通話をした場合には逆に料金が高くなる恐れもあります。

ドコモ系格安SIMの最安値

数は多いけれど・・・

では、ドコモの料金プランを基準にどの格安SIMが最安値かを見ていきましょう。

まず1人で契約する場合は
 ・2GB・・・DMMモバイル、イオンモバイル(1,380円)
 ・5GB・・・DMMモバイル(1,910円)
 ・20GB・・・楽天モバイル(4,750円)
 ・30GB・・・楽天モバイル(6,150円)
となります。

先のドコモの月額料金と比べると一目瞭然ですが、2GBや5GBなら4分の1以下、
20GBや30GBなら6割程度と金額となっています。

ドコモと同じ様に家族など複数人でデータ量をシェア出来るプランが用意されている
格安SIMもいくつかあります。

ただ、ドコモが新しく追加した50GBや100GBという大容量がシェア出来るプランは無く、
大体10GBか20GBぐらいまでのところが多いようです。

先のドコモの例と同じ様に家族3人で10GBのプランだと
 ・OCNモバイル・・・5,300円
 ・IIJmio・・・4,060円
 ・DMMモバイル・・・4,290円
 ・hi-ho LTE typeD・・・4,238円
 ・Tikimo SIM・・・3,960円
 ・エキサイトモバイル・・・3,940円
となり、僅かながら「エキサイトモバイル」が最安値となっています。

一番高い「OCNモバイル」でもドコモの3分の1以下ですから、
如何に格安SIMが安いかよく分かりますよね。

ドコモでガラケー

機種は少ないけど新規申し込みも可能

時代の主流はスマホに変わりつつあるとは言うものの、
携帯ユーザーの約4割がいまだにガラケーを使っていることも事実です。

一からスマホの使い方を覚えるのが面倒という人も居れば、
職業柄すぐに電話に出られるガラケーの方が良いという人も居ます。

取り扱われている機種の数こそスマホに比べると格段に少ないですが、
2016年現在でも新しい機種が開発されています。

ただ、スマホ以前に使っていたようなガラケーが新たに作られることはなく、
見た目と使い方はガラケーで中身はスマホの「ガラホ」と言われるものが
中心となっているようです。

とはいえ、
公式オンラインショップではガラホだけでなく従来のガラケーも取り扱われており、
新規申し込みも受け付けてもらえます。

ガラケーの料金プラン

基本的にはスマホと同じだが・・・

では、ドコモでガラケーを使う場合にはどのような料金プランがあるのでしょうか?

ドコモのガラケーには、スマホと同じ「Xi契約」と従来のガラケーの料金プランとなる
「FOMA契約」の2種類があります。

「Xi契約」の場合、スマホの場合と同様に、まず基本料金である「カケホーダイ」か
「カケホーダイライト」、そしてインターネット接続料の「spモード」が必要となります。

「カケホーダイ」と「カケホーダイライト」の料金は
 ・カケホーダイ・・・2,200円
 ・カケホーダイライト・・・1,200円
とスマホより500円安くなりますが、「spモード」はスマホと同じ300円です。

月額料金の大部分を占めるパケットパックについては、スマホと同じ様に
 ・2GB
 ・5GB
 ・20GB
 ・30GB
のいずれから選ぶことも出来ますが、
もう1つ「ケータイパック(2GB)」というものも選べます。

これは上限ありの従量課金プランで、
300円からスタートして1KBごとに0.03円加算され
4,200円に達するとそれ以降は2GBまでいくら使っても料金は4,200円のままです。

この場合、通信量が0.11GBで3,500円になるので、
0.11GB以上使うのであればデータSパックの方が安くなりますね。

ドコモのガラケーをFOMA契約

懐かしい響き・・・

若い人だとピンと来ないかもしれませんが、
かつてドコモのガラケーを使っていた人にとっては
「FOMA」という言葉には懐かしさを感じると思います。

現在でも対応のガラケーもしくはガラホを購入するかドコモショップなどに持ち込むことで
FOMA契約を結ぶことが出来るんですね。

FOMA契約の料金構成は
 基本プラン+インターネット接続料+パケットパック
となり、基本的にXi契約の場合と同じです。

ただ中身は大きく違い、まず基本プランはカケホーダイではなく
 ・バリュープラン
 ・ベーシックプラン
のいずれかから選ぶことになります。

バリュープランは
 ・タイプシンプル・・・1,483円(無料通話無し)
 ・タイプSS・・・1,864円(無料通話1,000円)
 ・タイプS・・・3,000円(無料通話2,000円)
 ・タイプM・・・5,000円(無料通話4,000円)
 ・タイプL・・・8,000円(無料通話6,000円)
 ・タイプLL・・・13,000円(無料通話11,000円)
の6通りとなっています。

ベーシックプランの方は
 ・タイプシンプル・・・3,083円(無料通話無し)
 ・タイプSS・・・3,600円(無料通話1,000円)
 ・タイプS・・・4,600円(無料通話2,000円)
 ・タイプM・・・6,600円(無料通話4,000円)
 ・タイプL・・・9,600円(無料通話6,000円)
 ・タイプLL・・・14,600円(無料通話11,000円)
の6通りです。

インターネット接続料は
 ・spモード
 ・iモード
のどちらを選んでも月額は300円掛かります。

最後にパケットパックですが、
 ・パケ・ホーダイフラット・・・5,700円
 ・パケ・ホーダイダブル・・・300~4,200円
 ・パケ・ホーダイシンプル・・・0~4,200円
の3通りとなります。

パケ・ホーダイダブルとシンプルについては、
4,200円を上限として利用したパケット数に応じて料金が課される仕組みです。

Xi契約での最安値

新プランでガラケーが月額1,800円~

まずガラケーをXi契約した場合の最安値について見ていきましょう。

ガラケーと言えばFOMAという認識の人も多いかもしれませんが、
実はガラケーでもスマホと同じXi契約が出来ます。

しかも2016年10月開始の新料金プランでは、
ガラケーのXi契約でもカケホーダイとカケホーダイライトが追加され、
よりおトクにガラケーが利用出来るようになっています。

結論から言うと、Xi契約での最安値となるプランは
 ・カケホーダイライト・・・1,200円
 ・spモード・・・300円
 ・ケータイパック(2GB)・・・300~4,200円
で、通信をケータイパックの無料通信内に収めれば月額1,800円となります。

ただケータイパックの料金が上限に達してしまうと月額が5,700円となり、
最安値ではなくなってしまいます。

先のプランのケータイパックをデータSパック(3,500円)に入れ替えると
合計5,000円になり、こちらの方が安くなります。

スマホでデータSパックにした場合の料金が6,500円ですから、
Xi契約だと思ったほど安くはならないんですね。

FOMA契約での最安値

待受専用なら1,000円以下も可能

次にFOMA契約の場合の最安値ですが、こちらも結論から言うと
 ・バリュープラン タイプシンプル・・・1,483円
 ・spモードまたはiモード・・・300円
 ・パケ・ホーダイシンプル・・・0~4,200円
の組み合わせです。

通話(こちらから電話を掛ける)も通信も一切しないという条件付ですが、
これなら月額1,783円となります。

しかも、FOMA契約のみの割引サービスである
 ・ファミ割MAX50
 ・ひとりでも割50
を使えばバリュープランが半額になるので、月額1,043円で利用出来ることになります。

ただ通信をしないというのであれば、バリュープランタイプSSのみの契約にして
割引サービスを使えば月額934円でこちらが最安値となります。

ちなみに、バリュープランタイプシンプルはパケ・ホーダイとの併用が必須で、
タイプシンプルのみの契約にすることは出来ません。

また、LTE通信が可能なガラホでFOMA契約をする場合にはベーシックプランでの
契約となり、バリュープランを選択することは出来ないので注意してください。

ガラケーで格安SIM

使えることは使えるが・・・

スマホの場合は格安SIMを利用することで、
同じ回線を利用しながらも大幅に料金を節約することが可能でした。

では、ガラケーでも格安SIMを使って料金を節約することは出来るのでしょうか?

もちろんガラケーでも格安SIMを使えば料金が大幅に安くなる・・・
と言いたいところですが、
残念ながら現状ガラケーに対応した格安SIMを提供しているのは1社しかありません。

「b-mobile」というMVNOで、その料金プランは
 ・音声プランS・・・1,290円(無料通話1,300円)
 ・音声プランM・・・2,290円(無料通話2,700円)
 ・音声プランL・・・3,710円(無料通話5,000円)
となっています。

プラン料金以上の無料通話が付くという特徴はありますが、
スマホの時ほど安くはならないようです。

またドコモであればXi契約でもFOMA契約でもインターネットを使うことが出来ますが、
格安SIMだとLTEもiモードもEメールも使えません。(ショートメッセージは使えます)

料金もそれほど安くなく、インターネットも使えないわけですから、
ガラケーで格安SIMを使うメリットはほとんどありませんよね。