スマホの買い替え費用をドコモなど大手携帯キャリアで抑えるには

機種変更に掛かる費用

端末代だけじゃ済みません

スマホを1年2年と使っていると、
 ・電池の持ちが悪くなった
 ・フリーズを起こすようになった
 ・電話で相手の声が聞こえない又は相手にこちらの声が聞こえない時がある
など故障とまでは言えないような不具合が出てくることがあります。

そうすると「スマホの買い替え」ということが頭に浮かびますが、
中にはこれまでは親にスマホ代を出してもらっていたので
自分のお金で機種変更したことがないという人も居るかもしれません。

そこで、大手携帯キャリアの1つであるドコモを例に
機種変更時に掛かる費用について見ていきたいと思います。

機種変更の費用でメインとなるのは端末代なんですが、
実は機種変更で掛かるお金って端末代だけではないんです。

ドコモに限らず大手携帯キャリアでは、
新規契約や機種変更には事務手数料というものが必要になります。

簡単に言うと「キャリアの手間賃」のようなもので、ドコモだと
 ・新規契約・・・3,000円
 ・機種変更・・・2,000円(スマホ→スマホ、ガラケー→ガラケー)
          3,000円(ガラケー→スマホ)
となっています。

機種変更する場合、
ドコモショップや家電量販店などに出向いて行うという人も多いかと思います。

ドコモショップや家電量販店などで機種変更をすると、
事務手数料とは別に頭金というものも払わないといけません。

一般的に頭金と言えば、
商品を分割払いで購入する際最初に払うある程度まとまった金額のお金のことです。

しかしドコモショップや家電量販店などで必要となる頭金は端末代の一部ではなく、
簡単に言うと「販売店の手間賃」に当たるものです。

なので端末代を分割ではなく一括で払っても発生し、
その金額は大体3,000~8,000円程度となっています。

要するにドコモショップや家電量販店などで機種変更すると、端末代に加えて
事務手数料と頭金で5,000~10,000円ぐらいは掛かるということです。

MNPでキャリア変更する場合の費用は?

予約番号発行にも手数料・・・

同じキャリアで機種変更するのではなく、スマホの買い替えとともに
キャリア変更もしてしまおうと考えている人も居るかもしれません。

以前はキャリア変更すると電話番号が変わってしまいましたが、
現在はMNPによって電話番号を変えることなくキャリア変更することが
できるようになっています。

MNPでキャリア変更するためには、
まず現在利用しているキャリアに「MNP予約番号」を発行してもらわないといけません。

この「MNP予約番号」を発行してもらうのにも「キャリアの手間賃」が必要で、
「転出手数料」という名目で2,000円払うことになります。

さらに他キャリアと契約する際には「新規契約事務手数料」が3,000円掛かりますから、
MNPでキャリア変更すると端末代とは別に少なくとも5,000円は必要なんですね。

MNPを利用しようとしまいと、
キャリア変更するということは現在利用しているキャリアを解約することになります。

もし更新月以外の解約となれば違約金9,500円が必要ですから、
手数料と合わせて14,500円もの費用が掛かってしまうんですね。

キャリアショップや家電量販店などで契約すると、これに頭金が加わり、
場合によっては端末代以外に20,000円以上必要となることもあります。

キャリア変更も考えている場合は、
手数料はともかく違約金ぐらいは払わなくても良いように、
請求書や「My docomo」で更新月をしっかり確認しておきましょう。

ちなみに同じキャリアで機種変更する場合は、
更新月に関係なく違約金が発生することはありません。

オンラインショップは頭金不要

ドコモのオンラインショップなら事務手数料も

ただでさえスマホの「実質0円販売」が禁止となり、
新規契約や機種変更時の端末代負担が増えているのに、
手数料や頭金で余分に10,000円も払うのはさすがに馬鹿らしいですよね。

そこで大手携帯キャリア各社が直営しているオンラインショップを利用すれば、
手数料負担を軽くすることができるんです。

オンラインショップでは「販売店の手間賃」に当たる頭金は不要で、
ドコモのオンラインショップになると機種変更の事務手数料まで無料となっています。
(新規契約とガラケー→スマホの機種変更では事務手数料が掛かります)

スマホの本体価格は販売店でもオンラインショップでも同じですから、
頭金が不要な分オンラインショップの方が安く買えるも同然ということです。

ドコモユーザーならオンラインショップで機種変更すれば、一切の手数料が不要で、
正真正銘端末代だけで済んでしまいます。

購入前に実機を触ることができないというデメリットはありますが、
受け取りをドコモショップにすることで使い方の説明や初期設定を
店員さんにしてもらうこともできます。

もし購入する機種を決めているのであれば、
販売店に出向くよりもオンラインショップで手続きした方が断然お得ですよ。

キャリア変更で新規契約するなら販売店

販売店独自のキャンペーンもある

確かに機種変更ならオンラインショップが断然お得なんですが、
MNPでキャリア変更するのであれば販売店に出向いた方がお得なこともあります。

ガラケーの頃から指摘されていることではありますが、
大手携帯キャリアは基本的に「既存ユーザーより新規ユーザーを優遇」しています。

オンラインショップを見ても分かるように、
機種変更時よりも新規契約時の方が実質負担額が低く抑えられています。

また販売店でも、新規ユーザーを獲得すればキャリアからより多くの販売奨励金が
貰えるので、独自の新規ユーザー向けキャンペーンを行っていたりします。

キャッシュバックで現金が貰えたり、
端末代を全額販売店が負担してくれるなんてこともあるそうです。

オンラインショップではキャリアのキャンペーン特典のみですが、
販売店だとキャリアと販売店の両方の特典を得ることができるんです。

販売店での手続きは待ち時間があったりなど手間も掛かりますが、
新規契約ならそれを補って余りある特典があるので利用しない手はないですよ。

機種変更のベストなタイミング

間違うとムダな出費が増える

先にも少し触れましたが、キャリア変更を伴わない機種変更では
基本的に違約金は発生しないのでいつしても問題ありません。

しかし機種変更のタイミングを1つ間違えると、
ムダな出費が増えてしまうことになりかねません。

大手携帯キャリアで新しくスマホを購入すると
 ・ドコモ・・・月々サポート
 ・au・・・毎月割
 ・ソフトバンク・・・月月割
といった端末代の割引サービスを受けることができます。

これらの割引サービスは機種変更しなければ最大2年間受け続けることができますが、
2年を待たずに機種変更するとその段階で割引が打ち切りとなります。

例えばドコモで本体価格60,000円のスマホを分割払いで購入して、
月々サポートが月2,000円だとします。

この場合毎月の端末代の実質的な支払額は500円で、
機種変更せず2年間使い続けると端末代の支払合計額は12,000円で済みます。

ところが2年待たず1年半(18か月)で機種変更すると
その時点で月々サポートは無くなり、以降6か月間は端末代として
月2,500円払うことになり、端末代の支払合計額は24,000円となってしまいます。

不要になったスマホの代金を払う上に、
新しく購入したスマホの代金も加わるわけですから経済的な負担が重くなるんですね。
(新しいスマホには月々サポートが適用されます)

なので、故障等で全く使い物にならない限りは、新規契約や前回の機種変更から
2年後月々サポートが無くなってからが機種変更に適したタイミングです。

ドコモでは、月々サポートとは別に、
端末購入サポートという割引サービスが受けられる機種があります。

こちらは毎月割引受ける形ではなく、
購入の段階で大幅な割引が受けられるようになっています。

ただし利用開始月を含む13か月間の最低利用期間が設けられており、
これに達せずに機種変更や解約をすると機種によっては
40,000円以上の違約金が発生します。

端末購入サポートが適用となる機種を購入した場合は、
14か月目以降であればいつ機種変更してもOKです。

修理か買い替えか

補償サービスに加入しているなら修理の方が安く済む

スマホを買い替える際の大きな動機として、
「スマホの調子が悪くなった」ということが挙げられると思います。

中には修理不能で買い替えるより仕方ない場合もありますが、
修理すれば直る場合も決して少なくありません。

ではスマホの調子が悪くなったら、
買い替えるのと修理するのとではどちらが良いのでしょうか?

スマホの修理代は10,000円を下回ることはほとんどなく、
故障の内容次第では数万円も掛かってしまうこともあります。

ただキャリアの補償サービスに加入したり、iPhoneだと「AppleCare+」という
サポートサービスを購入することで修理費を抑えることができます。

ドコモの補償サービスを例に見ると、
月額500円で通常使用における保証対象内の故障であれば無料で、
水濡れなど対象外の故障でも上限5,000円で修理してもらうことができます。

「AppleCare+」は月額が408~666円と機種によって違い、対象内の故障で
上限11,800円、対象外となると20,000円以上の修理費が必要となります。

Androidスマホであれば補償サービスに加入することで、
買い替えるよりも修理する方が費用をかなり安く抑えることができます。

iPhoneに関しては、正直「AppleCare+」を購入して修理するぐらいなら
買い替えた方が断然安上がりですよ。

キャリアの下取りサービスは得?

機種によるが下取り価格は高めに設定されている

機種変更で不要になったスマホをキャリアが下取りしてくれるというサービスが
最近は行われています。

自動車を処分する場合、販売店などに下取りしてもらうよりも
買取専門店などに持って行った方が高く売れたりしますよね。

スマホも同様で、キャリアで下取りに出すよりはリサイクルショップや
ネットオークションで売る方が高い値段が付く場合があります。

しかしキャリアの下取り価格より高値で売れる可能性があるのは、
iPhoneの「6」や「7」といった比較的最近に発売された機種のみです。

そもそもキャリアの下取り価格は結構高めに設定されており、iPhoneでも
人気機種で人気カラーでないと下取り価格以上で売れることはほとんどないんです。

Androidスマホに至っては、下取り価格も期待できませんが
中古市場はもっと期待できず、いずれにしても正直二束三文にしかなりません。

リサイクルショップに持って行ったり、ネットオークションに出品する手間を考えれば、
素直に下取りに出す方が賢明なような気がします。

分割払いか一括払いか

分割払いの方が負担が少ないがリスクも・・・

新しくスマホを購入する場合、
その端末代は分割払いにしているという人がほとんどだと思います。

ガラケーに比べてスマホの本体価格は決して安くなく、
最新のハイスペックスマホだと100,000円以上のものもあり、
これを一括で払うというのは中々ハードルが高いですよね。

しかし分割払いの場合、数万円のお金を用意する必要が無いので
ハードルは低くなりますが、その分いくつかのリスクを抱えることになります。

まず1つは故障のリスクです。

スマホには1年間のメーカー保証が付いており、
通常使用の範囲内での故障であれば無償で修理・交換してもらうことができます。

しかし
 ・落下や負荷による破損、画面割れ
 ・水濡れ
 ・紛失、盗難
などは保証の対象外で、無償で修理・交換してもらうことはできません。

それでも修理で済めば良いですが買い替えとなると、
新しく購入するスマホの代金に加えて故障で使えなくなったスマホの代金も
払い続けなければならず、金銭的負担が増えることになります。

もう1つは信用情報に関するリスクです。

あまり意識はないかもしれませんが、
分割払いというのは「借金を毎月返済している」のと同じ状況です。

なので払えないわけではなく、単に支払いを忘れたり、残高不足で口座引き落としが
できないなどで万一にでも支払いが滞ると信用情報に傷がつくことになります。

場合によっては以降数年間ローンを組めなくなったり、
クレジットカードの審査に通らないなんてことにもなりかねません。
(次回の機種変更で分割払いができなくなることも)

別に端末代の一括払いを勧めているわけではありませんが、
分割払いにもこういったリスクがあるということは頭に入れておいた方が良いですよ。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。