いつでも良いわけじゃない!?ドコモでスマホ買い替えのグッドタイミングとは

分割払いが終わったらスマホを買い替えるべき?

端末代が必要無いので支払いは少なくなる

新規契約や機種変更でスマホを購入する際、
その端末代は2年間の分割払いにしているという人が多いと思います。

現状大手携帯キャリアは、月額料金の割引を2年間続けることで、
実質的にユーザーの端末代負担を減らすという販売方法をとっています。

例えば70,000円のスマホを買った場合に、
2年間で合計60,000円割引(月2,500円の割引)が付き、
実質的なユーザーの負担は10,000円で済むといった具合です。

一括払いだと最初に70,000円払っておいて後から割引を受けるので、
実質10,000円負担で済むのは一緒なんですが、
最初に70,000円まとめて払うというのはハードルが高いですよね。

さらに分割払いにしても金利や手数料が掛かるわけではないですし、
まとまったお金を払わない分金銭的な負担が軽く感じられるというわけです。

この分割払いが終わるタイミングで機種変更しているという場合も多いと思いますが、
実際このタイミングで機種変更するのはお得なのでしょうか?

単純に分割払いが終わったということは、
当たり前ですが、以降端末代は支払わなくても良いということです。

すなわち、月々の割引も無くなりますが、端末代を払わなくて良い分、
毎月の料金支払いも少なくなるわけです。

スマホの調子が悪いとか、どうしても欲しい機種があるなど強い動機が無いのであれば、
分割払い終了後も機種変更しない方がスマホ代の節約に繋がりお得だと思いますよ。

分割払いが終わったら機種変更した方がお得な場合もある?

ポイントは「ポイント」

分割払いが終わっても機種変更しなければ、毎月の支払いが少なくなるのは事実です。

しかし、場合によっては分割払いが終わり次第機種変更した方が
お得になることもあるんです。

ダジャレではありませんが、ポイントは「ポイント」で、
大手携帯キャリアでは毎月のスマホ代に応じてポイントが貰えますよね。

そのポイントを使うことで端末代を実質0円以下にすることができるのであれば、
分割払いが終わると同時に機種変更した方が断然お得です。

本来
 ・ドコモ・・・月々サポート
 ・au・・・毎月割
 ・ソフトバンク・・・月月割
は、端末代のユーザーを負担を減らしてくれるものです。

ところがポイントで端末代を実質0円以下にすることで、
本来端末代の割引であるこれらが毎月の利用料金の割引となります。

これによって、
機種変更した方がしないよりも毎月の料金支払い少なくて済むというわけなんですね。

ポイントを簡単に貯めるには

とっておきのウラワザ

いわゆる「型落ち」や少しスペックが良くないスマホであれば、実質価格が
数千円となっているものも多く、ポイントで実質0円以下にすることも難しくありません。

しかし最新のハイスペックスマホとなると、実質価格でも20,000~30,000円となり、
これを0円にできるほどポイントを貯めるというのは簡単ではありません。

大手携帯キャリアのポイントは通常1%還元なので、
スマホ代が月10,000円でも100ポイントしか貰えず、
20,000ポイントも貯めようと思えば4年以上掛かってしまいます。

ところが、短期間で数万ポイントを簡単に貯められる方法があるんです。

1つはドコモユーザー限定ですが、「dカードGOLD」に加入することです。

通常の買い物では1%還元なんですが、
ドコモの利用料金だけは10倍の10%還元となります。

そのためスマホ代が月10,000円で1,000ポイント貰えることになり、
これなら2年で20,000ポイント以上が簡単に貯められます。

ただし年会費が10,000円掛かるので、
年間の還元が10,000ポイント未満だとかえって損することになってしまいます。

「dカードGOLD」で機種変更に使えるポイントが貯められるのは
ドコモユーザーだけですが、実はドコモユーザー以外でも簡単にポイントを
手に入れられる方法があります。

それは各キャリアの「総合案内」に電話を掛けて、
「MNP予約番号」を発行するという方法です。

これだけだと何故ポイントが手に入るのか分かりませんが、
実はMNP予約番号の発行を依頼すると、
いわゆる「引き留めポイント」と言われるものが貰える場合があります。

総合案内のMNP予約番号発行窓口でオペレーターに番号の発行をお願いすると、
 ・転出先
 ・転出理由
 ・転出後に利用する機種
など色々と質問されます。

そして最終的に「今なら特別にポイントを差し上げられるので考え直してほしい」
というようなことを言われ、
それを受け入れると最大20,000~30,000ポイント貰えるんです。

ただこのいわゆる「引き留めポイント」は、
各キャリアが公式に認めているものではないので、詳しい条件などが一切分かりません。

実際に試してみないことにはポイントが貰えるかどうかすら分からないんです。

またポイントが貰えたとしても、
 ・利用期間
 ・利用場所
 ・対象機種
などが限られます。

利用期間は受け取ってから1か月以内で、キャリアショップや家電量販店などの
店舗でしか利用できず、オンラインショップでは使えません。

機種変更がお得な時期ってある?

年末年始、年度末がオススメ

スマホには野菜や果物のように旬があるわけではありませんが、
1年の内で機種変更に向いている時期とそうでない時期があります。

キャリアやキャリアショップなどの販売店にとって、
スマホの売り時は年末年始と年度末の3月なんです。

年末年始は、12月上旬のボーナス支給に始まり、クリスマス、大晦日、
そして年が明けて正月と消費意欲が高まる時期とも言われています。

また年度末である3月は決算期に当たり、
多くの企業にとって少しでも業績を伸ばすための最後の書き入れ時となります。

そのため、キャリアや販売店はこの年末年始や3月に合わせてお得なキャンペーンを
行うことが多く、普段より安くスマホが買える可能性が高いというわけです。

逆に、お正月感が薄れて消費者の財布の紐も固くなる1月下旬から2月や
新生活応援キャンペーンが終わる6月辺りは大幅な割引は期待できないんですね。

月初めと月末ではどちらが良い?

機種変更ならいつでも構わないが・・・

1年の内で機種変更に向いている時期と向いていない時期があるのであれば、
1か月の内ではどうでしょうか?

基本的に機種変更の場合は、月初めであろうが月末であろうが、
1か月の中で損得が分かれるということはほとんどありません。

ただ機種変更に料金プランの変更が伴う場合、特にガラケーからスマホなど
変更後に料金が高くなるのであれば月初めに行うのがベターです。

大手携帯キャリアでは、料金プランを変更すると
その月の料金請求は変更したプランを基に行われることになります。

なので月末に変更してしまうと、実質2~3日しか使っていないにも関わらず、
高い料金を支払わなくてはならないということになってしまうんですね。

そのため、料金プランの変更を伴わないのであれば気にする必要はありませんが、
伴うのであれば月初めに機種変更した方がムダが少ないということです。

ちなみに新規契約やMNPによるキャリア変更の場合は逆で、
月末に行った方がお得と言えます。

利用料金については初月は日割計算されるのでいつでも同じなんですが、
各種割引サービスの多くが翌月からの適用となります。

事務手数料の支払いも必要となるので、利用初月の料金を抑えるという点で、
新規契約やキャリア変更は月末が良いということなんですね。

不要になったスマホを下取りしてもらうのは損?

買い取りやネットオークションを活用すれば高く売れることも

機種変更して新しいスマホを手に入れると、
それまで使っていたスマホは不要になりますよね。

大手携帯キャリアでは、
機種変更で不要になったスマホを下取りしてくれるサービスがあります。

下取りしてくれるとは言っても中古機種なので2足3文かと思いきや、
iPhoneであれば機種によっては30,000円以上の値段が付くこともあるんです。

これほど高額なら、実質0円以下で新しいスマホを購入することができますよね。

確かにiPhone6以降だと下取りした方がお得なんですが、
「5s」や「5c」などになると下取りに出すよりもリサイクルショップの買い取りや
ネットオークションに出した方がお得な場合もあります。

実際iPhone5cをドコモで下取りに出すと、
状態が良くても6,000円での下取りとなります。

ところがリサイクルショップやネットオークションなら
10,000円以上で売れることもあるんです。

ただキャリアの下取り価格はスマホの色や容量に関係なく一律なのに対して、
買い取りやオークションになると色や容量によって値段が大きく変動することがあります。

リサイクルショップのサイトを見れば買い取り参考価格の一覧があるので、
事前にキャリアの下取り価格と比較してよりお得な方で処分しましょう。

ちなみに、Androidスマホは残念ながらいずれの方法でも
良くて3,000円程度の値段しか付きません。

なので処分せずに、あらかじめアプリをインストールしておいて、
音楽プレーヤーやドライブレコーダー代わりなどとして使うのもアリですよ。

機種変更はキャリアショップではなくオンラインショップ

特にドコモユーザーなら断然お得

いざ機種変更するとなると、「次の休みの日にキャリアショップか家電量販店に行って」
と考えると人が多いと思います。

確かにガラケーの頃であれば、キャリアショップや家電量販店などに行かないと
新規契約も機種変更もできませんでした。

しかし最近では、各キャリア直営のオンラインショップがあり、
自宅に居ながらしてインターネットでスマホの購入手続きができてしまうんです。

しかもキャリアショップや家電量販店などで手続きするよりも、
オンラインショップの方がお得でもあります。

通常キャリアショップなどで機種変更の手続きをすると、端末代とは別に
 ・事務手数料
 ・頭金
というものが必要です。

事務手数料は言わば「キャリアの手間賃」、頭金は分割払いの最初に払う一般的な
頭金ではなく、ここでは「販売店の手間賃」に当たります。

事務手数料は2,000~3,000円で、
頭金は販売店によって3,000~8,000円ほどと差があります。

要するにキャリアショップなどで機種変更すると、端末代とは別に
5,000~10,000円ほどのお金が掛かってしまうということになるんですね。

ところがオンラインショップで手続きをすれば、
「販売店の手間賃」に当たる頭金は不要になります。

加えてドコモのオンラインショップだと
「キャリアの手間賃」である事務手数料まで無料です。

頭金や事務手数料が不要ということは、その分を端末代に回せるので、
結果的に新しいスマホを安く買えるのも同然ってわけなんですね。

キャリア変更も視野に入れて

機種変更より新規契約の方が安い

スマホの買い替えと言うと機種変更がまず思い付きますが、
実は機種変更するよりもキャリア変更して新規契約する方が安く済むんです。

実際ドコモでiPhone7(32GB)に機種変更する場合、
月々サポート込みの端末代の実質負担額は26,568円となります。

ところがMNPでソフトバンクにキャリア変更し、
新規契約でiPhone7(32GB)を購入すると月月割込みで何と10,800円なんです。

これはソフトバンクが特別なわけではなく、大手キャリア3社とも機種変更よりも
新規契約時の方が端末代のユーザー負担が軽くなっています。

同じキャリアを10年以上利用していて長期利用割引が大きくなっているならともかく、キャリア利用歴が浅いのであればスマホの買い替えは
機種変更よりキャリア変更の方が断然お得ですよ。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。