実質0円もまだ可能!?ドコモでスマホの買い替えがお得になる場所・時期・方法

お得に機種変更するには

オンラインショップを使うべし

現在使っているスマホの分割払いが終わる頃は、
そろそろ新しいスマホに買い替えたくなる時期でもありますよね。

大体2年も使っていると、スマホ本体には問題ないものの、
バッテリーがヘタって1回の充電で1日もたなくなってきます。

最近はバッテリー内蔵型のスマホも多く、
その場合バッテリー交換が修理扱いとなって5,000~7,000円も掛かります。

バッテリーを交換するのにそれだけお金が掛かるなら、もうちょっと足してでも
新しいスマホを購入した方が良いとなるのは当たり前の話ではないでしょうか。

以前であれば最新機種でも「実質0円」で販売されていたので、
スマホの調子が良かろうが悪かろうが、気軽に機種変更することができました。

しかし2年ほど前に総務省が大手携帯キャリアのスマホ「実質0円」販売を
事実上禁止としたことで、機種変更時のユーザーの金銭的負担が増えています。

そうすると少しでも安くお得に機種変更するにはどうすれば良いか
ということになりますよね。

実は機種変更する場所をキャリアショップなどの店舗から
各キャリアの公式オンラインショップに変えるだけで安くお得になるんです。

店舗で機種変更する場合、端末代とは別に
 ・事務手数料
 ・頭金
といった手数料が必要となります。

キャリアの手数料である事務手数料は大体2,000円ぐらいで、
店舗の手数料である頭金は店舗によって3,000~8,000円ほどと違いがあります。

手数料と言われると「払わざるをえないもの」と思考停止してしまいがちですが、
実はオンラインショップで手続きするとこの手数料が掛かりません。

auとソフトバンクでは頭金が、ドコモだと頭金だけでなく事務手数料まで不要で
端末代以外に余分なお金を払う必要がないんです。

店舗で機種変更した場合に掛かる合計5,000~10,000円の手数料が
端末代に回せるので、その分安く購入できるのも同然ってわけです。

店舗は決算期が狙い目

手数料は掛かるけど・・・

オンラインショップで機種変更する方がお得なのは事実なんですが、
キャリアショップや家電量販店でも「ある時期」だけはオンラインショップより
お得になる可能性があります。

その「ある時期」とは企業の決算期である「3月」や「9月」です。

どの企業も考えることは同じで、この時期に1台でも多くスマホを売ることで
決算の数字を良く見せたいんですね。
(ノルマに届いていない場合は特に)

さすがに放っておいても売れる最新の人気機種は難しいですが、
1世代前の機種などあまり人気の無い機種であれば大幅な値引きが期待できます。

なので決算期を狙ってキャリアショップなどでスマホを購入すれば、
事務手数料などが掛かったとしてもオンラインショップより安くあがる可能性大ですよ。

キャリアが推すスマホがお買い得

1,000円以下で買える機種も

大手携帯キャリアでは数多くの機種を取り扱っていますが、
中には特に売りたい機種というものがあります。

キャリアが売りたいスマホほど割引幅が大きく、格安で購入できるんですね。

例えばドコモで言えば
 ・Xperia X Compact SO-02J
 ・iPhoneSE、6、6s
 ・AQUOS EVER SH-02J
 ・arrows SV F-03H
 ・Nexus 5X
などといった辺りが「推してるスマホ」になるでしょうか。

「月々サポート」など割引込みですが、
XperiaやiPhoneといったハイスペックスマホが何と15,000円台で購入できます。

また少しスペックは落ちるものの、国内メーカー製のAQUOSやarrowsで5,000円台、
海外メーカー製のNexusに至っては648円と1,000円以下となっているんです。

人によっては同じメーカーのものを使い続けている場合もあると思いますが、
こだわりをいったん捨てキャリアのオススメに目を向ければ、
高性能なスマホが格安で買えますよ。

特別割引クーポンでお得に

最大で30,000円分が貰えることも

ネットなど一部で話題となっている特別割引クーポンの存在をご存知でしょうか?

各キャリアのインフォメーションセンターに電話を掛けるだけで貰えるクーポンで、
その電話番号から「151クーポン」や「157クーポン」とも呼ばれています。

その方法は簡単で、スマホやガラケーからドコモなら「151」、
auとソフトバンクなら「157」をダイヤルします。

そして音声ガイダンスに従って「MNP予約番号発行窓口」へ進み、
繋がったらオペレーターに「MNP予約番号」を発行してほしいと伝えましょう。

そうするとオペレーターから
 ・転出先
 ・転出理由
 ・転出先で使う機種
などいくつか質問され、最後に「クーポン(もしくはポイント)があるので
考え直してほしい」というようなことを言われたら成功です。

この際「転出先」として、格安スマホではなく別の大手携帯キャリア、
例えばドコモを使っているならauかソフトバンクと答えると効果的です。

また「転出理由」で、「安くなる」など料金関連のことを答えると厳しいツッコミが
矢継ぎ早に飛んできてややこしいので、あまり具体的なことは言わない方が良いですよ。

特別割引クーポンの注意点

貰えなかったり、貰えても使えなかったり・・・

貯めるのに何年も掛かるポイント数を電話一本で貰えるのは良いんですが、
貰う際や使う際にはいくつか注意しなければならないこともあります。

まず貰う際の注意ですが、この特別割引クーポンの存在自体は
各キャリアが公式に認めているものではありません。

そのためクーポンが貰える条件などは一切分からず、
問い合わせたところで具体的なことは教えてもらえないんですね。

実際ネットの口コミなどを見てみると、利用期間など同じような条件でも
貰えたユーザーと貰えなかったユーザーが居るようです。

なので電話を掛けてみないことには、自分がいくら相当のクーポンが貰えるかもしくは
そもそもクーポンが貰えるのかどうかも分かりません。

万一クーポンが貰えずに「MNP予約番号」を発行してしまっても、
それを使ってキャリア変更をしない限り解約にはならないので安心して試してください。

それから実際にクーポンが貰えても、それを使う際にもまた注意が必要です。

口コミを見る限り多少違うこともあるようですが、クーポンが使えるのは
キャリアショップか家電量販店に限定されていることが多いようです。

なので貰ったクーポンの金額がオンラインショップで不要となる手数料の金額より
小さい場合には、クーポンを使った方が損ということになってしまいます。

それから全ての機種に対してクーポンが使えるわけではありません。

クーポンを貰った時点での最新機種で、比較的本体価格の高いものが
対象となっているようで、月ごとに対象機種が変わるんだとか。

機種にこだわりが無ければ問題ありませんが、
お目当ての機種が対象となっていない場合は少し使いづらいかもしれませんね。

割引クーポンがネットオークションで買える?

事前にしっかり確認を

「ヤフオク」や「メルカリ」などといったネットオークションサイトを見てみると、
大手携帯キャリアの割引クーポンが結構出品されています。

額面より当然大幅に安い値段になっており、
特別割引クーポンが貰えなかった場合はこれを利用するのも良いかもしれませんね。

ただオークションでクーポンを手に入れるにはかなりの注意が必要で、
最悪の場合は手に入れたは良いけど使えないということにもなりかねません。

クーポンによってはユーザー名が明記されていて、
そのユーザー以外は使えないというものがあります。

またシリアルナンバーを入力して使うタイプのクーポンだと、
既に使用済みのものが出品されていないとも限りません。

そういった「使えないクーポン」を掴まされることがないように、
 ・ユーザー以外も使えること
 ・未使用であること
などを事前に出品者に確認しておきましょう。

株主になるとクーポンが貰えることも

ただし100株以上でないといけません

NISAやファンドラップなどによって少額・低リスクで株式投資ができるようになり、実際に株式運用を行っているという人も多いのではないでしょうか。

ただ中には株の売買で儲けるというよりも、
株主優待が目的で株を持っている場合も少なくないと思います。

株主優待と言えばその企業の商品や割引券などが貰えたりすることがありますが、
実は大手携帯キャリアでも株主優待として割引クーポンが貰えることがあるんです。

auでは100株以上で機種変更時に使える割引クーポンが貰え、
持ち株数や保有年数に応じて最大20,000円相当のクーポンが貰えます。

ソフトバンクは割引クーポンこそ貰えませんが、
やはり100株以上保有で6か月間スマホの基本料金が1,000円割引になります。

さらにWifiルーターの「SoftBank Air」の基本料金が
6か月間無料になったりもするんです。

ただいずれも100株以上の保有が必須で、それぞれの1株あたりの株価が
 ・au・・・3,000円前後
 ・ソフトバンク・・・8,000円前後
ということを考えると、株主優待を貰うこと自体結構ハードルが高くなっています。

ちなみにドコモは、以前はauと同じように割引クーポンが貰えたんですが、
現在では株主優待として割引クーポンが貰えたり利用料金が割引されたりということは
ないようです。

機種変更より新規契約の方がお得?

同じ機種が半額以下で買える

各大手携帯キャリアでは、
機種変更時よりも新規契約時の方が端末代の割引幅が大きくなっています。

要するに機種変更するよりもキャリア変更して新規契約した方が、
同じスマホでも安く買えるということなんです。

例えばドコモでiPhone7(16GB)に機種変更すると、
「月々サポート」込みでも26,000円以上端末代を払わないといけません。

ところがMNPでソフトバンクにキャリア変更すれば同じiPhone7(16GB)が、
「月月割」込みで10,000円ちょっととドコモより15,000円以上も安く買えます。

もし長期利用割引で合計15,000円以上の割引を受けるためには、
10年以上同じキャリアを使い続けている必要があります。

現在は携帯電話創成期のようにキャリアによって料金や通信環境が
大きく変わることはありません。

なのでキャリアの利用歴が浅いのであれば、
機種変更のついでにキャリア変更もすることでお目当ての機種が格安で手に入りますよ。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。