スマホ買い替え時のデータ移行ができるドコモのアプリ

ドコモのデータ移行アプリ「ドコモデータコピー」

意外に使えない?

スマホを機種変更すると、
旧機種のデータを新機種へ移し替えるという作業をしなければいけません。

かつてガラケー全盛時代であれば、ドコモショップなどで機種変更すると
データの移し替えは店員さんが当たり前のようにやってくれました。

しかし最近では、スマホになり取り扱うデータ量が大幅に増えたことに加え
個人情報保護の意味合いもあって、店員さんにデータ移行をしてもらうことが
できなくなっています。

その代わりというわけでもないんでしょうが、
旧機種から新機種へのデータ移行が自分でも簡単にできるように、
ドコモでは「ドコモデータコピー」というデータ移行アプリを提供しています。

使い方は、まず旧機種・新機種ともに「ドコモデータコピー」をインストールします。

この際、iPhoneなら「App Store」からダウンロードできるんですが、
Androidスマホだと「Google Play」からはできず、
「My docomo」からダウンロードすることになります。

あとは両方のアプリを起動し、画面の指示に従って操作するだけです。

このアプリで移行できるデータは
 ・電話帳
 ・スケジュール、メモ
 ・画像、動画
 ・音楽(Androidスマホのみ)
となっています。

アプリは当然移行できませんし、
画像や動画などの量によっては移行するのに結構な時間が掛かることもあります。

また旧機種と新機種のデータ容量の違いによって、
全てのデータを移行できないということも起こりえます。

実際にこのアプリを使ったユーザーの評価も芳しくありませんし、
正直他の方法でデータ移行した方がスムーズにできますよ。

AndroidスマホはGoogleサービスを活用

iPhoneならiCloud

iPhoneからiPhoneへの機種変更であれば、
「iCloud」を使って同期させることで簡単にデータ移行ができますよね。

でもAndroidスマホ同士の機種変更だと、iCloudに相当するものが無いので
PCやSDカードを使わないと移行できないので面倒、と思っていませんか?

しかしAndroidの開発元であるGoogleのサービスを活用すれば、iCloudと同様に、
簡単にデータの同期やバックアップができるんです。

まず電話帳ですが、Androidスマホで連絡先を保存する場合に
「本体」か「Google」のどちらかを選択することができます。

この時に「本体」を選ぶとスマホ本体にしかその連絡先情報は保存されないので、
機種変更した際は先の「ドコモデータコピー」などを使って移行させないといけません。

ところが「Google」を選ぶとGoogleアカウントと同期され、機種変更時には新機種で
Googleアカウントにログインするだけで移行ができてしまうんです。

「本体」に登録している連絡先でも内容変更で「Google」に変えることができますし、
電話帳データのバックアップとしても重宝しますよ。

画像や動画は「Googleフォト」

無料でいくらでも保存できる

最近はSNSなどに投稿するために、
スマホでよく写真を撮るという人も多いのではないでしょうか。

スマホに保存できる容量には限りがありますし、
数が多くなるほど機種変更時のデータ移行に時間が掛かってしまいます。

そこで「Googleフォト」というアプリを使うのがオススメです。

見てわかる通りGoogleが提供するアプリで、多少画質が落ちてしまうことがあるものの、
画像や動画を好きなだけ無料で保存することができます。

機種変更時も新しいスマホに「Googleフォト」をインストールしてGoogleアカウントで
ログインすれば、旧機種で保存した画像・動画が全て見られるようになります。

ちなみに、iCloudがあるので必要ないとは思いますが、
iPhoneでもGoogleアカウントを取得して「Googleフォト」を使うことができます。

アプリも自動ダウンロード

アプリ内の設定も引き継げる

旧機種で使っていたアプリは機種変更しても当然引き続き使いたいと思います。

「Google Play」には利用履歴が残っているので、
そこから1つずつダウンロードしても良いんですが結構面倒ですよね。

そこでAndroidスマホの標準機能を使えば、
以前に使っていたアプリを自動で全てダウンロードし直してくれるんです。

スマホ本体の「設定」から「バックアップとリセット」へと進み、その中にある
 ・データのバックアップ
 ・自動復元
という2つの項目をオンにしておくだけ。

これで後はGoogleアカウントにログインすれば、
旧機種で使っていたアプリを自動で全てダウンロードしてくれます。

しかもアプリをダウンロードしてくれるだけでなく、
データも復元されるのでアプリ内の設定もそのまま引き継ぐことができます。

ただしゲームアプリなどデータが復元されないアプリもあるので、
それらは個別に旧機種からデータの引き継ぎを行ってください。

AndroidスマホからiPhoneへのデータ移行

「Move to iOS」アプリを使えば簡単

iPhone同士の機種変更であればiCloudを、Androidスマホ同士なら
Googleのサービスを活用して同期することで簡単にデータの移行ができます。

ではAndroidスマホからiPhoneへ機種変更した場合のデータ移行は
どうなのでしょうか?

AndroidスマホからiPhoneへのデータ移行は、
従来はパソコンを介して行うのが一般的でした。

パソコンを使ってデータを移すこと自体はそれほど難しくないんですが、
苦手な人にとってはハードルが高いですし、
そもそもパソコンを持っていないことにはどうしようもありません。

そんな時はAppleが公式に提供している
Android向けアプリ「Move to iOS」を使えば
 ・電話帳
 ・メッセージ履歴
 ・カメラで撮った写真と動画
 ・ブックマーク
 ・メールのアカウント
 ・カレンダー
を簡単に移行させることができます。

使い方は、まず旧機種であるAndroidスマホに「Move to iOS」をインストールしておき、
起動させて手順を進めていくと10桁のコード入力が求められます。

ここで今度は新機種であるiPhoneの出番で、初期設定で「Appとデータ」という
項目まで来たら「Androidからデータを移行」を選択します。

すると10桁のコードが表示されるので、
Androidスマホの「Move to iOS」にこのコードを入力すれば、
あとは自動で移行が開始されるので終了するまで待つだけです。

ただ注意しないといけないのは、
 ・iPhone・・・iPhone5以降の機種でiOS9以降
 ・Androidスマホ・・・Android4.0以降
でないとこのアプリは使えません。

またこのアプリを使用する際には、
Wifiを有効にしておくことと電源が落ちることがないように充電しておくことも重要です。

さらにiPhoneの初期設定を終えてしまっているとこのアプリは使えないので、
店頭で購入する場合は店員さんに初期設定されないようにしないといけませんよ。

iPhoneからAndroidスマホへのデータ移行

「Googleドライブ」を活用

では逆にiPhoneからAndroidスマホへ機種変更した場合のデータ移行は
どうすれば良いのでしょうか。

こちらも少し前まではパソコンが必要でしたが、現在では「Googleドライブ」という
アプリが進化したことでパソコンが無くても簡単に行えるようになりました。

旧機種であるiPhoneに「Googleドライブ」をインストールし、
Googleアカウント(無ければ作成)でログインします。

そして「設定」から「バックアップ」を選択すれば
「Googleドライブ」とiPhone内のデータが同期されます。

後は新機種であるAndroidスマホで「Googleドライブ」を起動し、
同じGoogleアカウントでログインするだけで、
手順こそ違えどiCloudを使うのと同じような感覚でしょうか。

このアプリで移行できるデータは
 ・電話帳
 ・写真、動画
 ・カレンダー
となります。

移行させるデータ量によってはかなり時間が掛かることもあるので、
先の「Move to iOS」の時と同じように充電しながらの方が安全かもしれませんね。

アプリを引き継ぐ際の注意点

登録したメールアドレスの確認を忘れずに

機種変更で旧機種から新機種へアプリのデータを移行させる際は、
注意しておかないといけないことが2つあります。

1つは、アプリに登録しているメールアドレスを確認しておくということです。

SNSなどのアプリではログインする際にメールアドレスの入力が求められますが、
2度目以降は簡単にログインできるよう自動で入力されるようになっていたりします。

なので複数メールアドレスを持っている場合、
どのメールアドレスを使っていたか忘れてしまうこともないとは言えません。

登録したメールアドレスさえ覚えていればパスワードは忘れても救済されますが、
メールアドレスを忘れると救済してもらえないこともあります。

またアプリによっては登録したアドレス宛のメールを使って引継作業を行う場合も
あります。

もしキャリアメールアドレスを使っていてなおかつ機種変更とともに
キャリア変更もするのであれば、今使っているアドレスは使えなくなるので、
事前に登録アドレスを変更しておきましょう。

2つ目は、アプリ内で使える通貨は使い切っておくということです。

LINEやゲームなどのアプリでは、
課金などするとアプリ内で使える通貨やコインが購入できることがあります。

特にAndroidスマホとiPhoneの違うOS間でのアプリデータの引き継ぎでは、
この通貨やコインが消えてしまうということが往々にしてあるようです。

なので、機種変更前に使い切ってしまうか必要な分だけ購入するなど
貯めすぎないようにしておきましょう。

おサイフケータイの引き継ぎ

サービスによって方法はまちまち

「7」からiPhoneにも搭載されるようになったこともあって、
スマホのおサイフケータイ機能を利用しているという人も多いと思います。

チャージしている電子マネーはお金そのものですから、
機種変更による引き継ぎでデータが消えたなんてことは万一にもあってはなりません。

引き継ぎの方法はサービスによって
 ・旧機種でサーバーに預けて、新機種で受け取る
 ・旧機種のデータを削除し、新機種で再設定
 ・事前手続き不要
と様々です。

1つ目の旧機種で預けて新機種で受け取るのは
 ・楽天Edy
 ・モバイルSuica
 ・iD
 ・モバイルWAON
 ・nanacoモバイル
 ・QUICPay
などが代表的なところです。

次の旧機種でデータ削除、新機種で再設定するサービスは
 ・モバイルdポイントカード
 ・ANAスマートフォンSKIPサービス
 ・JALタッチ&ゴーサービス
 ・ローソンモバイルPonta
などとなっています。

最後の事前手続きが不要なのには
 ・モバイルスターバックスカード
 ・ticket board
 ・VISA payWave
などが該当します。

1つ目と2つ目は旧機種での操作が必要で、事前に手続きせずに
旧機種を下取りなどに出してしまうとデータの引き継ぎができなくなってしまいます。

こうなるとチャージしている電子マネーや貯まったポイントはパーになってしまうので、
機種変更する前にしっかりと引き継ぎ方法を確認しておきましょう。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。