2年縛りだけじゃない!ドコモでスマホ買い替え時に注意すべきこと

機種変更に2年しばり無し

更新月を待たなくても良い

同じスマホを1年以上使っていると、
最新機種を持つ友人や同僚を見て自分も機種変更したいと思うこともありますよね。

でも「更新月はまだまだ先だし我慢、我慢」なんて考えている人も居るかもしれません。

一般的にスマホなどの2年契約のことを「2年縛り」と呼ぶことがあります。

これは契約期間中に解約すると高額な違約金が発生するということで、
キャリアや契約に縛り付けられるといった意味合いが含まれていると思われます。

ただ「2年縛り」はあくまで契約期間についての縛りであり、
解約しない限りは違約金が発生することはありません。

要するに同じキャリアでの機種変更は当然解約にはならないので、
契約期間満了を待たずに機種変更したとしても違約金を取られることはないんです。

2年以内に機種変更するのは損?

しても問題は無いが・・・

機種変更であれば、
更新月以外であっても違約金や高額な手数料などが発生することはありません。

とはいえ、新規契約なり機種変更でスマホを購入してから2年以内に買い替えるのは
あまりお得とは言えないんです。

大手携帯キャリアでスマホを購入すると、
 ・ドコモ・・・月々サポート
 ・au・・・毎月割
 ・ソフトバンク・・・月月割
といった機種代金に応じた割引サービスを最大2年に渡って毎月受けることができます。

これによって、少し前までは「実質0円」で、最近では10,000~20,000円程度の
負担で最新機種を購入することができるようになっているわけです。

ところが2年を待たずに機種変更すると、新機種分の月々サポートが受けられるものの、
旧機種分の月々サポートなどは打ち切りとなってしまいます。

例えば、36,000円のスマホAを1,500円×24か月で購入し、
月々の割引が1,000円だとすると、毎月の機種代の自己負担は500円ですよね。

しかしこれを1年で機種変更し、
新たに36,000円のスマホBを同じように24回分割払いで購入したとします。

そうすると、
スマホBは月々の割引が受けられるので毎月の自己負担は500円で済みます。

一方スマホAの分は月々の割引が終了するので1,500円丸々自己負担となり、
機種代の支払いは合計で月2,000円となってしまうんです。

スマホAを2年間使い続けていれば、合計24,000円の割引が受けられるので、
スマホAの機種代は実質12,000円で済みます。

しかし1年で機種変更してしまうと、合計12,000円の割引しか受けられず
実質24,000円の機種代を払うことになります。

なので、故障などやむを得ない事情でもない限りは、
月々の割引を最大限受けてから機種変更しないと損なんですね。

機種変更に向いている時期、向いていない時期

スマホにも旬がある!?

機種変更時の機種代を少しでも抑えるためには、
機種変更する時期も重要となってきます。

実はスマホは、1年の内でいつ機種変更しても同じというわけではないんです。

野菜や果物のようにスマホに旬があるわけではないですが、
機種変更に向いている時期というものはあります。

一般的にスマホが売れるのは、
年度末である3月そして12月と1月の年末年始と言われています。

3月は新生活の準備をする時期であり、12月はボーナスが出ますし、
1月は新年を迎えて心機一転といった感じでスマホを買い替える人が増えるそうです。

なので各キャリアは当然、
この時期を狙って新規契約や機種変更がお得になるキャンペーンを打ってきますよね。

これを狙い撃ちすれば、新生活やボーナスとは無縁でも、
機種変更の費用を抑えられる可能性があります。

逆に機種変更に向いている時期もあれば、当然向いていない時期というものもあります。

それは、
先の各キャリアがスマホが売れる時期に打ってくるキャンペーンが終ったときです。

具体的に言うと、新生活キャンペーンが終わる6月と
年末年始のキャンペーンが終わる1月下旬から2月上旬に掛けてです。

特に1月下旬から2月上旬という時期は大規模キャンペーンの狭間ですから、
他の時期よりも「損した感」が大きくなってしまいます。

iPhoneとAndroidスマホではお得な時期が違う?

7・8月はiPhoneが損で、Androidスマホが得

冬のボーナスが出る12月にスマホが売れるということは、
夏のボーナスが出る7月はどうなのでしょうか?

一般的にこの時期は夏のボーナス商戦ということでセールやキャンペーンが
行われることが多いんですが、ことスマホに関しては微妙な時期と言えます。

何故かと言うと、Androidスマホを購入する場合はお得になる可能性がありますが、
iPhoneだと損する恐れがあるからです。

Androidスマホの各メーカーは6月頃に夏モデルの発売を開始するので、
夏のボーナス商戦では一世代前の機種の価格が大幅に下がる可能性があります。

ところがiPhoneの新モデルは9月発売であり、7・8月は新モデル発売を見据えて
ユーザーが買い控えることもあって値下げがあまり期待できません。

なので7・8月はAndroidユーザーにとっては狙い目、
iPhoneユーザーは避けるべき時期となります。

このように購入するスマホによって損得がはっきり分かれる時期であり、
一概にオススメできる時期ではないので微妙ということなんですね。

機種ではなく価格にこだわる

キャリアには売りたい機種がある

スマホには機種変更に適している時期があると同時に、
機種変更に適している機種というものもあります。

ただ具体的にどの機種ということではなく、
各キャリアが売りたいと思っている機種がそれに当たります。

ではそのキャリアが売りたい機種はどれかというと、
公式サイトで大々的に紹介されていたり、
キャリアショップなどで「オススメ」なんてポップが貼られているものです。

このような機種は、販売価格が高くても、
月々の割引額が他機種に比べて高く設定されており、
結果的に支払いが少なくて済むんです。

かつてiPhoneの取り扱いができなかったドコモが、
対抗策として「Xperia」と「Galaxy」の販促に全力を注ぎました。

いわゆる「ツートップ戦略」と言われるもので、
他の機種を買うのが馬鹿らしくなるほどこの2機種の割引幅が大きかったことからも、
ドコモがいかにこれらを売りたかったか分かりますよね。

最近はここまで極端なことは少ないですが、
それでも割引幅を大きくしてキャリアが販売に力を入れている機種は今でも存在します。

逆に販売に力を入れていないもしくは力を入れていなくても売れるような機種は、
割引幅が小さくなっているんですね。

機種変更をする時には誰しもお目当ての機種があると思います。

しかしそのお目当ての機種が、
キャリアが販売に力を入れていない機種だと金銭的な負担が増えてしまいます。

元々スマホは、アプリを取り込むことで自分オリジナルにカスタマイズすることができ、
機種ごとの機能差はあまりありません。

さらにスマホの技術はある程度成熟しており、
機種によって使いやすさやバッテリーの持ちなど性能差に大きな違いもありません。

なので機種にこだわるのではなく価格にこだわることで、
機種変更時に掛かる費用を大きく抑えることができますよ。

オンラインショップを利用してよりお得に

ドコモなら事務手数料も無料に

機種変更はキャリアショップや家電量販店のスマホコーナーなどに
出向いて行うという人も少なくないと思います。

ガラケー全盛の頃はそれしか方法がありませんでしたが、最近は各キャリア直営の
オンラインショップでも機種変更をすることが可能となっています。

実はこのオンラインショップを利用すれば、
キャリアショップなどに出向くよりも機種変更の費用が安く上がるんです。

ただ、機種の価格が店舗より安いわけではありませんし、
オンラインショップだけの特別割引などもありません。

では何故機種変更の費用が安くなるかというと、
オンラインショップでは「頭金」というものが不要だからです。

一般的に頭金というと、商品を分割払いで購入する際
最初に払うある程度まとまった金額のお金のことで、商品代金に含まれます。

ところがキャリアショップなどで機種変更した際に発生する「頭金」は
それとはまったく別物です。

お店によって金額は違いますが、大体3,000~8,000円程度で、
純粋にキャリアショップなどの利益となる部分であり、当然機種代金には含まれません。

キャリア直営のオンラインショップであれば、
キャリアショップの利益となる「頭金」は必要ありません。

さらにドコモのオンラインショップであれば事務手数料まで無料となるので、
キャリアショップなどで機種変更するよりも5,000~10,000円も
費用が少なくて済むんです。
(スマホからスマホ、ガラケーからガラケーへの機種変更の場合のみ)

先客が居て長時間待たされることもありませんし、お目当ての機種が在庫切れで
取り寄せるなんて心配もほとんどないので、時間的にもお得ですよ。

スマホの寿命ってどれぐらい?

普通に使えば4~5年は持つ

中には毎年新しいスマホが発売されるたびに機種変更するという人も居るでしょうが、
大体分割払いが終わる2年で買い替えるという場合が多いと思います。

スマホを買い替える理由として挙げられるのは、
スマホ本体の調子が悪くなったということよりも
バッテリーの持ちが悪くなったという方が多いのではないでしょうか。

実際スマホのバッテリーとして使われているリチウムイオン電池は、
500回の充電で2~4割程度性能が落ちると言われています。

1日1回充電すると約1年半で大幅にバッテリーの性能が落ち、
2年も経てば1回の充電で1日持たないということにもなってしまうんですね。

こうなるとスマホの買い替えが頭をよぎりますが、
実はこれバッテリーがヘタっているだけでスマホ本体には何の問題もありません。

スマホ本体の寿命は4~5年と言われており、
バッテリーだけ交換すれば機種変更しなくてもまだまだ使えます。

ただ最近のスマホは、
自分でバッテリー交換ができないバッテリー内蔵型のものが多くなっています。

費用は、
自分でバッテリー交換ができるタイプであれば2,000~3,000円で済みますが、
内蔵型だと修理扱いとなり7,000~10,000円も掛かってしまいます。

これぐらいの費用を掛けるぐらいなら、もうちょっとお金を出してでも機種変更して
新しいスマホを持つ方が良いと思っても仕方ありませんよね・・・。

更新月を確認するには

契約時の書類は取っておくべし

先にも書いたように、機種変更は更新月とは関係なくできます。

なので何度か機種変更していると、機種代の分割払いが終わる時期は覚えていても、
キャリアとの2年契約がいつ満了するか覚えていないこともあると思います。

他キャリアや格安スマホへ乗り換えるためにいざ解約しようとしたら
更新月が先月だった、なんてことになったら損した気分になりますし、
実際金銭的にも損です。

そこで自分の更新月を確認しておくことが重要になりますが、実は公式サイトの
サポートページから契約内容を確認すれば簡単に更新月を調べることができます。

ただし、サポートページにログインするためにはIDやパスワードの入力が求められます。

特にパスワードを忘れてしまった場合は、キャリアショップでパスワード変更の
手続きなどをしないといけないので手間と時間が掛かってしまいます。

契約時にスマホと共に貰った書類を取っていれば、IDやパスワード場合によっては更新月などの情報が書かれおり、それで確認することもできます。

このように、契約時の書類が役に立つ時が来るので、
一緒に貰うチラシなどと一緒に捨ててしまわずに、
いつでも取り出せる場所に保管しておきましょう。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。