2年縛りの途中でスマホが故障、機種変更したら分割代金はどうなる?

スマホの2年縛り

2年以内の解約で違約金発生

春になって新生活が始まるのを機に、
スマホデビューやキャリア変更を考えている人も居ると思います。

同じキャリアでスマホやガラケーを持ち続けていると気にしませんが、
いざキャリア変更しようとすると「2年縛り」の問題に必ず当たります。

特にスマホが普及するようになって
この「2年縛り」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、
何を意味するかちゃんと分かっていますか?

一般的に「2年縛り」と言えば、
大手携帯キャリアの主な契約形態である2年契約のことを指します。

利用を開始した月を起点として2年間契約が継続され、
途中で解約すると10,000円近い違約金が発生してしまうんですね。

例えば2017年3月に契約した場合は、
2019年3月までに解約すると9,500円の違約金が発生するということです。

2年契約満了の翌月と翌々月、先の例で言えば2019年4月と5月は更新月となり、
この間に解約すれば違約金は必要ありません。

これが一般的に言われる「2年縛り」で、
説明されなくてもよく知っているという人も多いかと思います。

もう1つの2年縛り

毎月の割引が縛りに!?

しかし大手携帯キャリアの2年契約では、もう1つの「2年縛り」があるんです。

それが
 ・ドコモ・・・月々サポート
 ・au・・・毎月割
 ・ソフトバンク・・・月月割
などのスマホを購入すると受けられる2年間の割引サービスです。

なぜこの毎月の割引が「2年縛り」になるかと言うと、
2年間継続して使わないと最大限の割引にならないからなんです。

最近は無くなりましたが、少し前までは新規契約時や機種変更時には
「実質0円」でスマホを購入することができました。

例えば60,000円のスマホを購入したとすると、
毎月2,500円の割引を2年間合計60,000円を利用料金から割引くことで、
スマホ代が実質0円になるという仕組みです。

ところが1年で機種変更したり解約するとそこで割引は打ち切りとなり、
残りのスマホ代30,000円が自己負担となってしまうんです。

違約金こそ発生することはないものの、
2年以内に機種変更すると払わなくても良かったはずのスマホ代を
払わないといけなくなるということです。

解約違約金は9,500円で済みますが、スマホ代の方は数万円になることも
ありえますから毎月の割引の2年縛りの方が厳しいかもしれませんね。

先の違約金が発生するのは契約に対する2年縛りで、
この毎月の割引はスマホに対する2年縛りといったところでしょうか。

2年以内に機種変更すると違約金は?

機種変更では違約金は必要ありません

大手携帯キャリアの2年縛りでよく勘違いされるのが、
解約はもちろん機種変更でも違約金が発生すると思われていることです。

先にも書いたように、違約金が発生するのはあくまで契約に対する2年縛りであり、
解約しない限りは発生しません。

なので機種変更は更新月かどうかに関わらず、
いつしても違約金を請求されることはないんですね。

極端な話、契約したその日に機種変更したって何の問題もないということです。

ただこれは何の意味もありませんし、特別な事情でも無い限りは
半年未満での機種変更はキャリアや販売店に断られることが多いようです。

またキャンペーンなどで2年間使うことを前提に特別安く提供している機種もあり、
この場合は2年未満の機種変更でも違約金が発生することがあります。

分割払いが終わる前に機種変更すると

清算するか払い続けるか

最近のスマホは高性能ですが、中には100,000円近くもする機種もあり、
なかなか一括で購入するのは厳しいですよね。

そうすると分割払いをすることになりますが、
この分割払いが終わっていない状況で機種変更するとどうなるのでしょうか?

まず現在使っているスマホの分割代金が払い終わっていなくても、
機種変更することはできます。

この場合、分割代金残額を清算しても良いんですが、
実は清算せずに払い続けることも可能なんです。

もし機種変更したスマホの代金も分割払いにしていると、
今のスマホと前のスマホ2台分の代金を支払っていくということになります。

しかも前のスマホ代については割引が無くなりますから、
毎月の支払額が大幅に増えてしまいます。

ただし分割払いを同時にできるのは2台までとなっており、
2台分の分割代金が残った状態だとどちらか1台分清算しないと
新たに機種変更することはできません。

2年以内に機種変更するなら

買い替えサポートを活用

機種変更で違約金は発生しないと言っても、
スマホを購入してから2年経たない内に機種変更するのはあまりお得とは言えません。

しかし新機種発売のニュースを見たり、友人や同僚が新しいスマホを買ったりすると
自分も機種変更したくなるのは分からないでもありませんよね。

実際筆者の友人にも、
毎年新しいiPhoneが出るたびに徹夜で並んで購入するヤツが居ます。

そんな機種変更まで2年も待てないという人のために、大手携帯キャリアでは
 ・ドコモ・・・機種変更応援プログラム
 ・au・・・アップグレードプログラム
 ・ソフトバンク・・・機種変更先取りプログラム
というキャンペーンが行われています。

ドコモの機種変更応援プログラムは、月額300円で加入し2年以内に機種変更すると
最大27,000円相当のポイント還元が受けられます。

このポイントはスマホ代に充てられるので、27,000円相当となると
旧機種の残債を清算できる上に新機種も幾分安く購入することができますよね。

ただしiPhoneは加入から13か月目以降、
Androidスマホは19か月目以降でないとポイント還元が受けられません。

また13か月目から18か月目に機種変更する場合は、
別途2,000円の前倒し料が発生してしまいます。

auのアップグレードプログラムとソフトバンクの機種変更先取りプログラムも
ほぼ同じ内容で、こちらはポイント還元ではなく、
旧機種の残債が最大7か月分免除されます。

いずれにしても、購入から2年以内でも旧機種の残債を気にすることなく
機種変更できるサービスとなっています。

購入から2年以内で故障したら

1年以内ならメーカー保証

2年縛りという契約形態から、2年以内にスマホが故障した場合、
無条件で無償修理してくれると思っている人も居るかもしれません。

先にも書いたように、2年縛りというのはあくまで契約期間を縛るものであって、
スマホ本体には何の影響も与えません。

なので、2年縛りの期間内であっても修理代は基本的に自己負担となります。

とはいえ、スマホにはメーカー保証というものがあり、購入から1年以内でかつ
通常使用の範囲内における故障であれば無償修理を受けられます。

ただ、購入したスマホがたまたま不良品だったということでもない限り、
普通に使っていて1年以内に故障することはほとんどありません。

また水濡れや紛失、盗難などは当然通常使用の範囲に入らないため、
メーカー保証対象外となってしまいます。

さらに各キャリアには有料のサポートオプションがあり、
これに加入していると無償または格安でスマホを修理してもらえます。

しかも保証対象がメーカー保証よりも広く、
水濡れや紛失、盗難でも有償にはなりますが修理・交換が受けられます。

メーカー保証は対象範囲が厳格に決められており、
無償で修理をしてもらえることは中々ありません。

なので「キャリアのサポートオプションは不要」という人も多いですが、
お守りだと思って入っておいた方が良いですよ。

サポートオプションでスマホが新品に?

交換電話機お届けサービス

スマホ本体の寿命は4~5年と言われていますが、
使い始めてから2年以上も経てば何らかの不具合が出てくることもあります。

そうすると機種変更という言葉が頭にちらつきますが、
ようやく使い慣れてきたところだし、特に欲しい機種も無いので、
できればそのスマホを使い続けたいという場合もあるかと思います。

もちろん修理に出せば直る可能性もありますが、
すぐに別の不具合・故障が起こらないとも限りません。

先のキャリアのサポートオプションには
交換電話機お届けサービスが含まれているものがあり、
それを利用すれば格安で新品の同じ機種と交換してもらうことができるんです。

故障・不具合が発生したらキャリアの公式サイトか
サポートセンターで交換を申し込みます。

そうすると1~2日で新しいスマホが指定した住所へと届き、
あとは10日~2週間以内で到着するように故障したスマホをキャリアに
送れば良いだけなんです。

故障したスマホを返却するまで多少日数があるので、
新しいスマホへのデータ移行する余裕もあります。

ただし紛失や盗難の場合を除き、指定の日時までに故障したスマホを返却できないと
数万円の違約金が発生してしまうので注意してください。
(紛失・盗難の場合は警察への届け出が必要です)

また送られてくる新しいスマホは「新品」と書きましたが、
厳密には「新品」ではなく「リフレッシュ品」となります。

「リフレッシュ品」とは、交換サービスなどでユーザーから回収したスマホの部品を交換し、
新品同様の状態となったものです。

2年縛りも故障も怖くない

ディスプレイ割り放題のiPhoneレンタル

「あいりぺレンタル」というiPhoneのレンタルサービスがあるのをご存知でしょうか?

1か月単位でレンタルでき、
最低利用期間も無いのでいつ解約しても違約金なんてものは発生しません。

その料金はiPhone本体だけなら
 ・iPhone5s・・・月額1,980円
 ・iPhone6・・・月額3,980円
 ・iPhone6Plus・・・月額4,980円
となっています。

別途SIMカードを用意するのが面倒という人にはSIMカードセットもあり、
音声通話付きで
 ・iPhone5s・・・月額2,960円~
 ・iPhone6・・・月額4,960円~
 ・iPhone6Plus・・・月額5,960円~
となります。

ただしSIMカードセットは1年の最低利用期間が設けられており、
1年未満で解約すると10,000円の違約金が発生します。

さらに驚くべきは、月額料金は保険料込みとなっているので
 ・ディスプレイ割れ
 ・水没
 ・故障
などは全て無料で交換してもらえます。

利用料金だけだと若干割高に思えますが、
万が一の際の修理費も込みと考えると安いですよね。

現状先の3機種のみですが、今後iPhone7を取り扱う予定もあるようです。

ただしこの「あいりぺレンタル」のiPhoneは全てリフレッシュ品で、
新品ではないので注意してください。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。