故障じゃない?スマホが充電できない原因は使い方にあり

あれっ!?充電できてない!

故障?それとも・・・

夜寝る前にスマホに充電器をセットしておいたのに
朝起きて見てみると全然充電できていなかった、なんて経験1度ぐらいはありますよね。

充電器のセットが不十分、コンセントに挿さってなかったなど当然な場合はともかく、
ちゃんとセットしていたのに充電できなかったことも少なくないと思います。

では、スマホが充電できなくなってしまう原因は何なのでしょうか?

もちろんスマホ本体が故障していて充電ができず、
修理するか買い替えるしか解決の方法がない場合ももちろんあります。

しかしスマホ本体の故障以外にも
 ・バッテリー
 ・スマホの設定や使い方
 ・アプリ
 ・充電器
などが充電できない原因となっていることも考えられます。

一度スマホの電源を入れ直してみて正常に充電できるようになれば、
スマホ本体やバッテリーよりもアプリが疑わしくなります。

再起動で解決しない場合は違う充電器を使ってみて、
正常に充電できるのであれば充電器に問題があります。

それでも解決しない場合は、スマホ本体に故障など何らかの問題があるということです。

それでは、
スマホが充電できなくなる原因とその対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

スマホ本体に問題あり

ケーブルの差込口が原因

充電できなくなる原因がスマホ本体にある場合、
そのほとんどは充電器のケーブルを挿す差込口に問題があります。

差込口の内部は見ても分かる通り金属製で、複雑な形状をしているにも拘わらず、
最近の機種では差込口にカバーが付いていないものも少なくありません。

そのため、普通に使っているだけでも差込口内部にほこりやゴミが入り込みやすく、
それが接触不良を起こし、充電ができなくしているということもあるんです。

電気が通る箇所ですから、ほこりなどが入り込んでいると充電ができなくなるだけでなく
発火の危険性もあるので、日常的に掃除しておく方が良いですよ。

スマホの差込口を掃除する時には、パソコンのキーボードなどを掃除する際に使う
エアダスターや手動式のブロワーを使ってほこりやゴミを吹き飛ばしましょう。

爪楊枝のような先の細いものを使うと、
逆にほこりやゴミを奥に押し込めてしまったり、端子を傷付けてしまう恐れがあります。

またエアダスターなどが無いからといって、自分の息を吹きかけるのもやめてください。

精密機器であるスマホは水分に弱く、息を吹きかけたときの飛沫が腐食の原因となり、
違う故障を引き起こしてしまうかもしれませんよ。

バッテリーに問題あり

ひょっとしたらズレているだけかも

スマホが充電できなくなる原因として、
スマホのバッテリーに問題がある場合も少なくありません。

スマホのバッテリーとして使われているリチウムイオン電池は、
500回の充電で2~4割程度性能が落ちると言われています。

1日1回の充電と仮定すると、約1年半でバッテリー持ちがかなり悪くなり、
それ以上使い続けるとやがて充電できなくなってしまうということもあります。

ただバッテリーの問題だとすると、徐々にバッテリー持ちが悪くなっていき、
最終的に充電できなくなるという段階を踏むはずで、
急に充電できなくなることはまずありえません。

自分でバッテリーが交換できるタイプの機種であれば、
落とした際などの衝撃でバッテリーがズレてしまっている可能性が僅かながらあります。

なのでバッテリーを一度取り外し、接点部分を綿棒や乾いた布などで軽く掃除してから、
装着しなおすと案外簡単に解決するかもしれませんよ。

スマホの設定や使い方に問題あり

画面明るすぎません?

スマホの取り扱いに慣れていないと設定や使い方に問題があり、
結果的に充電できなくなってしまうということもあります。

圏外やWiFi環境の無い場所でWiFi接続をONにしていると、
スマホは常に接続できる電波を探し続けることになります。

また、画面の明るさをMAXに設定していたり、SNSやゲームなど
使い終わったアプリをまた使うからと終了せず開きっぱなしにしていたりなど。

これら1つ1つではそう大したことはありませんが、
いくつか重なることでバッテリーを激しく消耗させてしまいます。

先にも書いたようにバッテリーには寿命があるので、バッテリーを激しく消耗することで
充電回数が増えて結果的に充電できなくなってしまうというわけです。

なので圏外になるような場所では、電源を切っておくか機内モードに切り替えておけば
スマホがムダに電波を探すということが無くなります。

外出時など常にWiFi環境に居るわけではない場合には、
WiFi接続をOFFにしておきましょう。

さらに最近の機種ではディスプレイの性能が上がっており、
輝度を下げても十分な明るさが保たれるようになっています。

アプリを開きっぱなしにするのは、バッテリーの消耗だけでなく
フリーズの原因ともなるので、使い終わったらちゃんと終了してくださいね。

スマホの設定や使い方によって充電できなくなるというケースはごくごく稀です。

しかしこれら細かいことに気を使うことでバッテリーの長持ちに繋がりますし、
急に充電できなくなるというリスクを少しは減らすことになるはずですよ。

アプリに問題あり

バッテリーを異常に消費するアプリもある

スマホにインストールしたアプリに問題があって充電できなくなる、
ということも少なからずあります。

ただ複数のアプリを利用している場合、
どのアプリに問題があるのか見極めるのは簡単じゃありませんよね。

まず疑わしいのは、充電ができなくなるという症状が出る直前にインストールもしくは
アップデートしたアプリです。

数あるアプリの中には、スマホの充電機能に影響を及ぼすような仕様のものや
アップデートによってそのような仕様に変わってしまうものもあります。

なのでもし思い当たるアプリがあるならば、
それをいったんアンインストールして、正常に充電できるか確認してみましょう。

正常に充電できるようになればアンインストールしたアプリに問題があるので、
そのアプリを使わないか同様の機能を持つ他のアプリを代用してください。

思い当たるものが無い場合は、バッテリー消費量の多いアプリがあり、
それによって充電が上手くできなくなっているということも考えられます。

要するに、充電するスピードよりも放電のスピードが速いために
いくら充電しても追い付かないというわけです。

スマホ本体の「設定」から
 ・省電力
 ・電池
 ・バッテリー
などの項目へと進みます。(機種によって表現が違う)

そうすると画面下部にアプリや機能ごとのバッテリー消費リストがあると思います。

通常は、Androidスマホを例に取ると
 ・Androidシステム
 ・AndroidOS
 ・画面
などの消費割合が多くなっています。

もしこれらよりもバッテリー消費が多くかつ割合が異常に大きいアプリがある場合は、
それが充電できない原因となっている恐れがあります。

充電器に問題あり

ケーブルが断線しているかも

現状スマホが急に充電できなくなった場合の原因として一番に考えられるのは、
充電器に問題があるということです。

専用の充電台にスマホをセットする場合もあるでしょうが、
スマホの差込口に充電器のケーブルを直接挿して充電していることが多いと思います。

何度も抜いて挿してを繰り返している内に、見た目には分かりませんが、
ケーブルが断線してしまうこともあるんです。

もしケーブルを挿して根元を手で押さえていると充電でき、手を離すと充電できなくなる
という場合にはほぼ断線していると思って間違いないでしょう。

特にケーブルを抜く時に、
根元ではなくケーブルを持って引っ張ると断線する危険性が高くなります。

断線で充電できず、予備の充電器も無い場合には、
応急処置として断線したケーブルの根元をビニールテープで固定すると
充電できるようになる可能性がありますよ。

最近は、100円ショップなどで格安の充電ケーブルを手に入れることができますが、
中には正規認証を得ていない粗悪品が混ざっていることもあります。

このような格安の充電ケーブルは、
2~3度使うと急に充電ができなくなるということも少なくないそうです。

なので外出時用など予備の充電器として持っておくのは良いですが、
メインで使う場合は出来れば純正のものを使うようにしましょう。

充電アダプタの出力にも注意

1Aじゃ足りないことも

純正ではなく市販の充電器を使う場合には、
アダプタの出力にも注意しておいた方が良いですよ。

アダプタ本体や箱・説明書などに「1A」とか「0.5A(もしくは500mA)」などと
書かれているものが出力です。

数値が大きいほど出力が高く、2Aのものを使えば「充電してください」という表示が
出ている状態から60分ほどでフル充電が可能なんだそうです。

逆に出力が低いアダプタだと、充電に時間が掛かるだけならまだしも、
最悪充電できないということもあります。

2~3年前までの機種であれば1Aもあれば十分でしたが、
最新機種はスマホ自体の容量が増えており1Aでは追い付かないこともあるんですね。

なので市販の充電器を使う場合には、
純正のものと同等以上の出力があるアダプタを選ぶようにしましょう。

パソコンから充電する場合

ノートパソコンはスリープ状態だとUSBへの給電が停止

パソコンのUSBポートに充電ケーブルを挿して、
パソコンからスマホに充電しているという人も居るかと思います。

もちろんパソコンからスマホに充電すること自体は何の問題もありませんが、
注意しておかないと全然充電できないということにもなりかねないんです。

デスクトップパソコンの場合、マウスやキーボードは本体に繋いでいれば、
マウスなどに電池を入れていなくてもコンセントに繋いでいなくても使えますよね。

これはパソコン本体が自らを動かすためだけに電力を使っているわけではなく、
マウスやキーボードにも給電しているからなんですね。

その上にスマホのような大容量機器を充電しようとすると、
かなりの出力を要することになります。

パソコン本体に搭載されているマザーボードやUSBポートの規格によっては、
出力が足りずにスマホが充電できないということもありえます。

ノートパソコンの場合には、同様のことに加えて、スリープ状態に入ると
USBポートへの給電が停止してしまうということを覚えておかないといけません。

現在販売されているノートパソコンの多くでは、
閉じたり長時間一切操作をしないとスリープ状態に入るようになっています。

これにより電力消費を大幅に減らすことと、持ち運ぶ際などの衝撃でデータが
消えてしまうリスクを減らすことが期待できるんだそうです。

なので、ノートパソコンでスマホを充電しようとしても、
ノートパソコンを閉じてスリープ状態に入っていると充電できないということなんですね。

またノートパソコンを内蔵バッテリーのみで起動させている場合は、
スマホの充電でノートパソコンのバッテリーの減りが早くなるということも
注意しておかないといけませんよ。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。