ガラケーからスマホに乗り換えるならdocomoがこんなにおトク

ガラケーが使えなくなる!?

2017年度以降従来型のガラケーは生産されない

携帯電話が一般的に広く普及するようになって20年余りが経ち、
日本国内における契約件数が人口を越え、
老若男女問わず「1人1台」携帯電話を持つようになっています。

さらにスマホユーザーの割合が5割以上となっており、
携帯電話の主流はガラケーからスマホへと変わりつつあります。

そんな中、日本の携帯電話メーカーは
2017年度以降従来型のガラケーの生産を終了することを発表しました。

これに伴い大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では、在庫が無くなり次第、
ガラケーの新規契約や機種変更が出来なくなります。

現状すぐに利用が出来なくなるわけではありませんが、
近い将来サービス自体も終了する可能性が高くなっています。

そうするとガラケーからスマホに乗り換えることを検討しなければいけないわけですが、
長年ガラケーを使っている人にとっては「未知の領域」に踏み込むので、
不安に思うことも多いでしょう。

そこで、一番気になる料金のことからおトクに乗り換える方法、
実際乗り換える前に準備しておくことまで、いろいろと紹介したいと思います。

料金は高くなる?

使い方次第では安くなる

ガラケーからスマホへと乗り換えるとなった場合に、
何よりも気になるのは料金のことですよね。

一般的にスマホの方が料金が高いと言われており、
ガラケーからスマホへの乗り換えを躊躇わせる大きな要因となっています。

それでは、大手携帯キャリアの1つであるドコモを例に、
ガラケーとスマホの料金を比較してみましょう。

まず、ガラケーでは通話プランが
 ・タイプシンプル・・・1,483円(無料通話無し)
 ・タイプSS・・・1,864円(無料通話1,000円)
 ・タイプS・・・3,000円(無料通話2,000円)
 ・タイプM・・・5,000円(無料通話4,000円)
 ・タイプL・・・8,000円(無料通話6,000円)
 ・タイプLL・・・13,000円(無料通話11,000円)
の6種類となります。

それぞれに、iモード(300円)とパケ・ホーダイダブル(300~4,200円)を
合わせたものが基本的なガラケーの料金です。

一方スマホでは通話プランは
 ・カケホーダイ・・・2,700円
 ・カケホーダイライト・・・1,700円
の2種類だけしかなく、代わりに合わせるデータ定額が
 ・データSパック(2GB)・・・3,500円
 ・データMパック(5GB)・・・5,000円
 ・ウルトラデータLパック(20GB)・・・6,000円
 ・ウルトラデータLLパック(30GB)・・・8,000円
の4種類となっています。(カッコ内は月間に使えるデータ通信量)

ちなみに、「カケホーダイ」は固定電話や他社携帯など関係なく24時間通話料無料、
「カケホーダイライト」は1回5分以内であれば通話料無料となります。
(番号案内など一部無料とならない場合もあります)

また、「カケホーダイライト」と「データSパック」を合わせることは出来ません。

ガラケーの「タイプシンプル」でパケット定額を上限まで使うと月額5,983円で、
スマホは最安値でも「カケホーダイ」+「データSパック」の月額6,500円なので、
確かにスマホの方が高くなります。

しかし、電話メインでタイプLやLLを利用しているのであれば、
スマホの方が料金が安くなるんですね。

もし現状ガラケーで月に10,000円前後の料金を支払っているなら、
スマホに変えることで逆に安くなる可能性もあるということです。

まずは店頭で話を聞く

1年以上前の情報は役に立たない

大手携帯キャリアでは2015年にスマホの料金プランが大幅に変更され、
2016年にもマイナーチェンジが加えられています。

なので現状スマホを利用している人でも、自分が使っているキャリアに
どのような料金プランがあるのか把握していない場合もあります。

そこで、最新の情報を入手し、自分に合った料金プランを見つけるためには、
まずキャリアショップへ詳しい話を聞きに行きましょう。

もし近くにキャリアショップが無い場合には、
家電量販店のスマホコーナーなんかでも良いですよ。

分からないことや不安に思っていることについて全て丁寧に答えてくれますし、
キャンペーンなどお得な情報を聞くことも出来ます。

その場でスマホへの機種変更をしてしまっても構いませんが、
いったん持ち帰って他社との比較検討をしましょう。

インターネットを利用すれば、わざわざショップに行かなくても
最新の情報が手に入りますし、他社との比較も容易です。

ただ、先にも書いたように、この1年で大手携帯キャリアの料金プランは
大きく変わっており、1年以上前の情報はほぼ役に立ちません。

また、分からないことや不安に思っていることなど自分が知りたい情報を
ピンポイントで見つけるということも簡単ではないんです。

なので、初めてスマホを持つのであれば、最新の情報が得られて、
なおかつ疑問にもちゃんと答えてくれるキャリアショップへ足を運ぶのが
一番だと思いますよ。

おトクにスマホへ乗り換える方法

とっておきの裏ワザも

キャリアショップや家電量販店のスマホコーナーで機種変更するのも良いんですが、
実はもっとおトクな方法があります。

それは、
 ・オンラインショップ
 ・キャンペーン
 ・とっておきの裏ワザ
の3つを活用することなんです。

この3つを全て活用すれば、スマホ本体が格安で手に入り、
月額料金も安く利用することが出来ます。

大手携帯キャリア3社ともに共通する部分も多いんですが、
ここでは一番利用者の多いドコモを例にしたいと思います。

それでは、それぞれの活用の仕方について詳しく見ていきましょう。

オンラインショップでお金も時間も節約

24時間OKで在庫も多い

ガラケー世代にとって機種変更と言えば、ドコモショップはもちろん、
あまり見掛けなくなりましたが、駅前などに必ずと言っていいほどあった
携帯ショップに出向いて行うのが当たり前でした。

最近はこれらの店頭だけでなく、
インターネット上でも新規申し込みや機種変更の手続きが出来るようになっています。

大手携帯キャリア3社ともに公式のオンラインショップを直営しており、
各種手続きだけでなく端末やアクセサリの購入などが24時間いつでも出来ます。

ガラケーからスマホに限ったことではありませんが、機種変更の際には
ドコモショップなどに出向くよりもこのオンラインショップの方が何かとおトクなんです。

ドコモショップなどで機種変更を行うと、
2,000~5,000円程度の「頭金」と言われる料金が発生します。

一般的に「頭金」と言えば、分割払いなどで品物を購入する場合に、
最初に支払うある程度まとまったお金のことですよね。

ところが、ドコモショップなどで発生する「頭金」は、端末の購入代や事務手数料とは
全く関係なく、各ショップの利益として上乗せされているものなんです。

要するに、「ドコモに支払う料金」ではないので、
ドコモ直営のオンラインショップではこの「頭金」が不要となります。

それから、ドコモショップなどでは基本的に時間予約が出来ないため、
先客が居ると待たないといけません。

店によっては平日の昼間であっても1時間ぐらい待たされるなんて当たり前ですし、
土日に行こうものなら3~4時間待たされることもあるそうです。

その上、手続き自体にも1時間ほど要しますから、
機種変更するだけで休日が潰れてしまいかねません。

オンラインショップなら、土日だろうが待たされることはありませんし、
手続きも早ければ数分で終わってしまいます。

また、ドコモショップなどではiPhoneのような人気機種はすぐに売り切れてしまい、
購入するためには入荷を待って再度お店に足を運ばなければいけません。

オンラインショップはドコモショップなどに比べて在庫が豊富で、
人気機種でも売り切れになることは少なく、待たずに購入可能なんです。

ドコモショップなどで機種変更することが損だとは言いませんが、
オンラインショップを利用した方がお金も時間も節約出来ますよ。

ガラケーからスマホに乗り換える人向けのキャンペーン

月額料金最大1,520円割引

TVCMなどで見掛けたことがあるかもしれませんが、
ドコモではガラケーからスマホへ乗り換える人向けの
「はじめてスマホ割」というキャンペーンを行っています。

これは、ガラケーからスマホへ乗り換えると最大24か月間「カケホーダイ」は1,520円、
「カケホーダイライト」は850円割引になるというものです。

基本料金の部分が半額以下になるので、
一番安いプランなら月額5,000円以下となるんですね。

それだけではなく、通常1,800円の「かんたんスマホ講座」が1回無料となります。

これは、遠隔操作でスマホ画面を共有して、オペレーターとマンツーマンで使い方を
学べるもので、スマホ初心者にとっては非常にありがたいものです。

ただし適用条件があり、
 ・現在FOMA契約
 ・直近購入機種がFOMA対応
 ・直近購入機種を18か月以上利用
 ・機種変更とともに端末も購入(端末の持ち込みは不可)
の全てを満たしていないとこのキャンペーンに申し込むことは出来ません。

とっておきの裏ワザで端末代も安くなる

電話を掛けるだけで20,000ポイントが貰える!?

かつてガラケーでは0円のものなんて当たり前のようにありましたし、
少し前まではスマホも「実質0円」で購入することが出来ました。

しかし、ガラケーやスマホの0円販売や実質0円は、独占禁止法の不当廉売に
抵触する恐れがある、と公正取引委員会から指摘が出されます。

それを受けて総務省が大手携帯キャリア3社に販売方法の是正を再三に渡って要請し、
現在ではガラケーやスマホを0円で購入することは出来なくなりました。

ガラケーよりも高性能なスマホは本体価格もガラケーより高く、
最新のiPhone7など100,000円近くする端末もあります。

それは極端な例ですが、キャンペーンで月額料金が安くなるとは言っても、
端末代が数万円も掛かるのでは機種変更に二の足を踏むのも仕方ないですよね。

そこで役に立つのが、携帯電話を使うことで貯まり、
機種変更時の端末代に充てられる「ポイント」ですよね。

最近はポイントカードのようになっており、
コンビニなど日常の買い物でもポイントが貯められるようになっています。

とはいえ、利用年数に応じて還元率は0.5~2.5%とそれほど高くなく、
10,000ポイント以上となると何年の使わずに貯めておかないといけません。
(当然その分出費も嵩む)

ところが、電話を掛けるだけで1円も使うことなく
最大20,000ポイントも貰える裏ワザがあるんです。

まず、ドコモの携帯電話なら「151」、
固定電話なら「0120-800-000」をダイヤルします。

そして音声ガイダンスに従って
 「4:各種サービス」→「2:携帯電話番号ポータビリティ」
へと進みます。

オペレーターに繋がり「MNP予約番号を発行して欲しい」と伝えると、
「どのキャリアへ転出するのか?」と聞かれるので、auかソフトバンクと答えます。

この際、転出する理由も聞かれることがありますが、料金を理由にするとツッコミが
厳しくなるので、あまり具体的なことは言わずに「とにかく転出したい」旨を伝えましょう。

そして「今なら特別にポイントが付けられるので考え直し欲しい」と言われたら、
それを受け入れればOKです。

ただし、この方法は公式に認められているわけではなく、
問い合わせたところで方法や条件については一切教えてもらえません。

なので、実際に試してみないことには何ポイント貰えるのか、
そもそもポイントが貰えるのかすら分からないんです。

万一ポイントが貰えずに「MNP予約番号」を発行してしまっても、
それを使って他社と契約しなければ解約にはならないので、
気軽に試してみると良いのではないでしょうか。

他社へ乗り換えた方がおトク?

月額料金に大きな違いは無い

MNPによって携帯番号をそのまま持ち運べるようになったので、
スマホに変えるのを機に携帯キャリアも変えようと考えている人も居るかもしれません。

確かに大手携帯キャリアでは、他社からの乗り換えで月額料金が安くなったり、
キャッシュバックが貰えたりするキャンペーンが行われています。

先にも書いたように、ドコモにもガラケーからスマホへ乗り換えた場合に
月額料金が安くなるキャンペーンがあります。

また、かつてドコモは他社よりも利用料金が高いと言われていましたが、
新料金プランに変わってからは大手携帯キャリア3社で同じと言って良いほど
違いがありません。

となると、同じキャリアを持ち続けた方が長期利用割引の割引率が上がっておトク
と言えなくもないんですね。

MNPによって手軽にキャリア変更が出来るようになったのは良いのですが、
安易にキャリア変更してしまうとかえって損してしまう恐れもあるということです。

スマホのように使えるガラケー?

使い方を一から覚えるのが面倒なら

ガラケーからスマホへ変えた場合に一番困るのが、
使い方を一から覚えないといけないということです。

コンピューター世代の若い人は気にしないでしょうが、
年配の方だとようやくガラケーのキー操作に慣れたところなのに、
また一から覚え直すというのも辛いですよね。

それならば、見た目はガラケーそのままで中身はスマホの
「ガラホ」と言われる機種に変えてみると良いのではないでしょうか。

見た目はお馴染みの二つ折りのガラケーで、
もちろんキーの配置や操作方法もガラケーそのままです。

それでいてAndroidという基本ソフト(OS)が搭載されているので、
LINEはもちろん使えますし、高画質なネット動画の視聴など
スマホと全く同じことが出来ます。

ちなみに、先に書いたように従来型のガラケーは2017年度以降は生産されませんが、
ガラホは現状生産が終了する予定はありません。

ただ、スマホじゃないので当然ですが「はじめてスマホ割」の対象とはならず、
月額料金の割引が受けられないのが痛いですが・・・。

格安スマホへの乗り換え

大幅に安くはなるけれど・・・

一度ぐらいは「格安スマホ」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、
 ・mineo
 ・UQモバイル
 ・楽天モバイル
など、最近TVCMでよく見掛けるこれらが「格安スマホ」に当たります。

どのくらい「格安」かというと、楽天モバイルの1回5分以内かけ放題に
2GBのデータ通信が付いたプランで月額2,980円です。
(2年契約で1年目は月額1,880円)
(指定の端末購入が条件)

ドコモで一番安い「カケホーダイ」に「データSパック(2GB)」を合わせたプランが
月額6,500円ですから、半額以下ということになります。

従量課金の通話プランであれば、月額2,000円以下で利用することも可能なので、
看板に偽りなしの「格安」です。

しかも格安スマホでは大手携帯キャリア3社のいずれかの回線を利用するので、
電話やインターネットが繋がらないという心配もありません。

ただ格安スマホの場合、大手携帯キャリアに比べてサポートの面で不安があります。

実際ネット上の口コミなどを見ても、端末の故障などトラブルが起こった場合の対応が
不十分という意見が少なからずあります。

ただでさえ初めてのスマホで分からないことが多いのに、
万一のトラブル時にも不安があるとなるとちょっとハードルが高いかもしれませんね。

MNPの手続き

ドコモならiモードでも出来る

ドコモからauやソフトバンク、格安スマホに乗り換えるのであれば、
携帯番号をそのまま持ち運べるMNPを利用するということになると思います。

MNPという言葉を聞いたことはあるし、どんなものかも分かっているけど、
実際MNPを利用してキャリア変更したことは無いという人も少なくないはずです。

そこで、MNPを利用してキャリア変更するには
どのような手続きをすれば良いのかを簡単に説明しましょう。

まずドコモに「MNP予約番号」というものを発行してもらわないといけないんですが、
20,000ポイント貰える裏ワザのところで書いたように電話でも出来ますし、
ドコモショップでも大丈夫です。

とはいえ、「MNP予約番号」の発行をお願いするということは
「もうドコモを使いません」と言っているのと同じことですから、ドコモのスタッフや
オペレーターに直接伝えるのはあまり気持ちがいいものではありませんよね。

それに、料金プランの見直しやおトクなキャンペーンを勧めてきたり
思い止まらせようとしてくるので、番号を発行してもらうまでに時間が掛かります。

実際筆者も電話でMNPの手続きをしたことがありますが、
10桁の予約番号を貰うのに30分以上掛かりました。

そんな気まずくて時間が掛かるのは嫌だというのであれば、パソコンの公式サイトの
「My docomo」でも予約番号を貰うますし、ガラケーならiモードでも貰えます。

あとは、その「MNP予約番号」を使って他社と利用契約を結べば終了です。

「MNP予約番号」を使って他社と契約した時点で自動的にドコモは解約となるので、
改めて解約の手続きをする必要はありません。

また予約番号を発行してもらうこと自体に料金は掛かりませんが、
それ使って他社へ乗り換えるとドコモでは2,000円の転出手数料が発生します。

ガラケーからスマホに変える前に準備しておくこと

スマホで使えなくなるものもある

ドコモで機種変更するにしろ、他社へ移るにしろ、実際にガラケーからスマホへ
変える前には準備しておかなければいけないことがあります。

まず、以前は機種変更をキャリアショップなどで行うと、
旧機種から新機種へアドレス帳を含めたデータの移し替えをしてくれました。

しかし最近は、個人情報保護の観点からデータの移し替えをしてもらえない場合が多く、
自分でしなければいけません。

Android端末ならmicroSDカードや赤外線通信が使えるので、
それらを利用すれば比較的簡単にデータの移し替えが出来ます。
(赤外線通信は使えない機種もあります)

ところが、iPhoneではmicroSDカードも赤外線通信も使えないので、
パソコンに一度データをバックアップしておかなければいけません。

それから、
ガラケーで有料サイトやおサイフケータイを利用している場合もあると思います。

有料サイトはスマホでも引き続き利用できるかを確認し、
利用できない場合には事前に解約しておきましょう。

そうしないと、使えもしないサイトの利用料金が発生し続けることになってしまいます。

おサイフケータイについては、
iPhone(7を除く)など機能が搭載されていない機種もあり、
使い切っておかないと返金できないのでムダになりますよ。

スマホに変えたことで、大切なデータが消えてしまった、
お金がムダになったなんてことがないようにしっかりと準備をしておきましょう。

スマホを直したい!

とにかく一刻も早くスマホを直したい!

そんなときに私が駆け込んだのがこのお店です。

>>スマホ修理を最短で!安心の修理実績25万台超のショップ

実績が豊富で全国展開しているので安心でした。

価格、納期共に満足です。

ただし、注意してほしいのはWEBから予約していかないと
場合によっては待ち時間が長い場合があるということです。

予約が優先のためです。

明日このお店で修理を予約したい。
日程と時間とお店を選んで予約できます。



あとは修理は諦めて、格安スマホに端末ごと乗り換えるという手もあります。

月額料金が3000円以下、程度で使えてしまいます。



速度はお昼や帰宅ラッシュ時は少し遅くなりますが、あまり気にならない範囲でしたよ。

長い目でみれば格安スマホが一番安くなります。